電車男
に、キュンキュンさせられた一日でしたよっvv
て、報告。

夕方、ザッピングしてたら電車男ドラマ版の最終回がやってるのを見つけ、再放送のたびにトビトビで見てはいたものの、最終回は見たことなかった。
ので、洗濯物をたたみながら視聴。
なかなか良い出来じゃないか。と、満足し、まんまと夜に放送の映画版を見ることも心に決める。

で、見たですよ。部屋の片づけをしながら見たですよ。
真ん中過ぎる頃には、もう片付けなんか放っぽりだして、かぶりつきですよ。

い、やぁぁ。
久々にキュンキュンさせていただきましたありがとうございました!

2chのまとめスレ見せてもらった時から電車男に対しては好意的なワタクシですが、ドラマも映画もちゃんとイイトコ捉えて作られてますねコレ。
素晴らしい。
何が良かったって(映画の方ね)、あそこ、電車男が雨の中エルメスたんの会社の前で待ってて、ずぶ濡れの状態でエルメスたんに「自分らが釣り合ってないかも」て、涙ながらに告白するところね。
泣ける。
あそこの台詞は、生きた言葉だーっ。て感じた。生々しいってこういうことだと思う。
言葉選び、すごい。それを生かしてる山田孝之にも拍手。
ザ・名場面。

脚本も上手いなぁと言ってしまっていいと思う。
ドラマは、しっちゃかめっちゃか やりたい放題だったけど(面白かったから何ら問題はないのだけど)、映画は、途中までは原作(?)に とても忠実で、情報量も多すぎず少なすぎず、いいテンポで事が運んでた。もの足りなさもなく、かつ消化不良にもならず。
昨今の、別メディア映像化作品に見られる傾向がまるでなくて、お見事。
まぁ、元々が大して込み入った話でもないから、出来て当然、なのかもしれないけど。
いや、でも、ちょうどいい。てところが分かってて、自分的には二重丸をあげたい。

エルメスたん(て言ってしまうと流石に己に気持ち悪さを覚えずにはいられないあたりが悲しいかな)の小悪魔キャラもまた、いい味付けしましたね旦那! てな感じで。
イメージ的には年上の女でしょ。
その塩梅が、いいのよねぇ。
駄目な年下男をさり気なくコントロールする、でも純情さを忘れていない女性。
絶妙なキャラ設定かと思いますけど、どうでしょうか。

そして何より、電車男の不器用っぷりにキュンキュンするのだよ。
よっぽどキュン死に出来るのだよ、どこぞの少女漫画よりも。
あああの、片思い中の、いちいちのことに一喜一憂アタフタする甘酸っぱさ。
皆の賛同を得たのは、何よりもそこなんでしょうな。
恋愛下手…というか、愛情を示すことが下手な国民性も、ヒットの一役を買っているのではなかろうかと。
思うのだけれども、どうだろう。

ヒトの恋バナを聞くとき、付き合ってからの話を聞くよりも、片思い中のときの方が断然、楽しいですもんね。
いや、実際 自分が恋愛してるときも、そういうもんかもしれん。振り返ってみると。

ラスト、電車男が決死の愛の告白をするシィンで、こういうのこそを、運命というのではなかろうかね。
と思いました。
人ひとりの人生をも変えてしまう出会い。

この際、フィクションかノンフィクションかなんてことは関係ないのだ。
むしろ、これを見つけてきてここまでの映画に仕上げたことに敬意を表したいぐらいの。
ものづくり、物語づくりの素晴らしさに、久し振りに感動してみた夜でした。

ああ、満足。余は満足じゃ。
[PR]
# by ling-mu.m | 2008-01-19 23:58 | 映画
キル
朝6時に卒論を書き上げ、仮眠をとってから渋谷にて観劇。
年末年始恒例(にしたい)野田地図をうっかり逃すところでしたが、お友達からお誘いを受け今年も行くことが出来ました。アリガトウ暁ちゃん。遅刻してゴメン。

NODA・MAP第13回公演「キル」を、シアターコクーンで。
久し振りに行くコクーンは何かちっちゃく見えた。アタシがデカい人間になったということか(違)。
再々演ですが観るのは初、戯曲自体は確か2年前ぐらいに読んだ。

主演が妻夫木聡/広末涼子ということは直前まで知らず。
面白いところでブッキー起用したな野田さん、て思う。
ここに来て舞台デビューだったんだ妻夫木。意外。
舞台を一度でもやってるところを見ないと、映像に向いてる人なのか舞台向きの人なのかって分かんないんですけど、アタシは。
彼は映像の世界の人かなって思った。
決して嫌いじゃあ なかったけれども。

逆に広末さんは、舞台やってても違和感ないけど今回はこの人じゃなくてもよかったんじゃないかな、て、ごくごく個人的な意見。
やっぱり定期的に見てないと見る目って痩せる。
随分 長いこと芝居を観てなかったので、すごくそう感じました。
そんで、あああやっぱりこの、暗転してシンてなって物語が始まるの待ってるのが好きなんだなベタだけどな! て思ったすごく。

栄養補給したな、て、芝居を観たってことに満足。

去年の「ロープ」が、アタシの頭の中での最後の野田さんなのでやっぱり覚えているのがそれで、比べると「キル」は言葉遊びふんだんで、それが紛れもなく野田秀樹の色なんだけど、やり過ぎじゃね? と思ってしまった。
先に戯曲を読んでたってことが大きいのかもしれないけど、目で読んだ方がぐっと来るなぁ、と。
ひとつの音にどんどん意味が付加されていく、今回だったら「着る」「切る」「KILL」が代表の、それが迫ってくる圧倒的な力を感じるのは、断然 耳で聞いた方がいいんだけども、合点がいくのは目で読んだ方がそれはそうだよね。
嫌いじゃないんだけどね、その応酬に飲み込まれていく感じは。

今回は嫌いじゃないんだけどね、どまりなことが多かった気がする。
音楽も、これでもか! ていう わざとらしさ、派手派手しさで、分かりやすくていいんだけど、ちょっと映画みたいだった。
ここぞというところに感動的なBGM流す、みたいな。

割と明確な答えをくれる終わり方をしていないから、そういうところでバランスを取っているんだろうか。
でも、幸せな風景で終わってくれたのは良かった。
死ぬ時は幸せな風景を見ながら死にたいよね、それが夢とか幻であったとしてもね。

ブッキーの腕、筋肉もりもりだったなっていうのと、ワキ毛濃かったなっていうのが印象深いって言ったら好きみたいだよねブッキーのこと。いやまぁ嫌いじゃないけど。
印象的な顔を幾度かしたので、今度 違う舞台をやるようなことがあったら ちょっと興味を持ってしまうなと思いました。

そんで中山祐一朗、相変わらず可愛いな大好きだなっていうのも、ちゃんと思いました。
ちゃんとチェックしなきゃな好きな人たちのことはな。

今月はお芝居いっぱい観に行くから幸せです。
[PR]
# by ling-mu.m | 2007-12-13 02:20 | 芝居/舞台
夢がもりもり
って何だっけテレビだっけ。
もりもり食べるって表現は、いかにもな感じがして好きです。

おなかすいた。

-------

月曜日、学校帰りに本屋行ったらバカボンド×リアルのポスター見てちょっと胸が震えました。
同時発売ってことでコラボポスターなんだけど、出版社は講談社と集英社って違う所なのにこういうことするのって素敵。
同時発売しようってとこから始まってんだね きっとね。
そんで、じゃーコラボ販促しようぜって。

勿論、そういうことさせるだけの力がある井上雅彦が凄いってのが前提なんだけど、作家が世に出るためには出版社が必要なのだよね。
作品を世に出すのは出版社な訳だよ。
一生懸命、その作品を売るのは出版社な訳だよ。

広めるために売るために、会社の枠こえて何かやるって姿を見て、改めまして出版社って場所で働きたいんだなアタシはな。
て思った。

そんだけ。
自分買ってるのリアルだけですけどね。
あのポスターは欲しいよな。
「事件。」てコピーはどうかと思うけどなアレコレ考えるとな。
だから考えないでおく。

クリエイターのそばで働きたかったんだっけアタシ。
別に派手な業界にいたいとかそういうことじゃなくて。
生み出す力を持つ人と、働きたいんだよなー。

-------

自分の考えてる物語が、確かに面白くなる瞬間があってぐわぁーって盛り上がるんだけど、
書いてるうちに積み上げてく塔が実はぐちゃぐちゃな形になってて空中分解。
そんな感じでリミット3日にして何かもう愛せない自分の書いてるものが。
ちくしょう。
天才になりたかったなぁ。
[PR]
# by ling-mu.m | 2007-12-12 02:08 | 日々
そつろーん
あと一週間ですか・・・。
期限を考えると動悸がしますなあ。
あー。
やらなきゃ終わんないってことは、そうそう無いのね。
やんなくても良いなり悪いなりの結果が出ることの方が、多いんだわ。
いや、そんなことを学習してる場合ではなく。

何が嫌ってセンセイとコンタクト取るのが一番。
自分一人でおさまんないことが嫌っていうのが、
学校嫌いの根本なのかしらん。

とは言え、これさえ終わらせれば長かった学校とのお付き合いもサヨウナラだ!
それを思うと、なんとしても終わらせねばっ。てなりますのね。ええ。

は や く あ そ び た い よ う
む し ん に ね む り た い よ う

最近、夢見が悪いです。
小島よしおと付き合ってたり。

でもアタシ、夢の中でも全然 好きじゃねぇの、小島よしおのこと。
二股かけてんの。
触られて嫌がってんの。
何で付き合ってるんだ夢の中のアタシ。
あぶく銭狙いか?

寒くなってまいりましたね。
インフルエンザ注射は打ちましたか。
アタシは打っていません。
打たなきゃ。
大人は一度でいいんだよ。

ライフログ(買った物にしてます)が漫画ばっかですな。
活字は電車の中でちょこちょこと。
今は井伏鱒二。の、薄い文庫。
これ読み終わったら「黒い雨」気合入れて読むのだ。
今はそのための予行演習(言葉遣いに慣れておきたい)。

さてー。
てつやはしたくないからあと五千字書いたら寝るよ。
[PR]
# by ling-mu.m | 2007-12-05 23:27 | 日々
東京夜話
b0026230_22505074.jpgお久し振りに、いしいしんじ。
昔、他の出版社から出ていたものを、新潮社が文庫化しました。
新潮文庫におけるいしい作品の装丁は、どれも素敵でとても好き。
いしいしんじ を愛してる人が担当編集者なのかな? と考えると、幸せな気分になる。

新潮社のような文芸の大御所出版社は、雑誌・単行本・文庫本で担当が別れてるんだって話を、就活中に何処かで耳にして、んー。やっぱデカイところはすごいわね。と思った記憶があります。余談。


東京の各地、例えば新宿、例えば浅草、例えば田町、いろいろな場所に「ちなんだ」短編がまとめられたもの。
氏のエッセイに近い(のであろうと思わせる)ものもあれば、小説といえる創作もあって、多種多彩。
最近の短編集とは、やはり一線を画した、
「今とは(作家としての)時代が違うものだな!」
と、ハッキリ分かる代物。

今では滅多に見られない辛口な表現とか悪態とか厳しい風刺とか、が、散りばめられていて、非常に興味深い。
若いなーいしいさん! って、何だかムショーに嬉しくなる。
でも、今につながる、静かだけど激しくて切ない物語もちゃんと含まれていて、ここを通過して今現在のいしいしんじ があるのだなぁ。
そういうことが知れて、やっぱりまた、愛しくなってしまうのです。な。ふふ。

いちばん好きなのは「クロマグロとシロザケ 築地」。
ううう。
もうその辺にゴロゴロしてる恋愛小説なんか目じゃないぜ! てね。
なりますよーもう。
自分以外の誰かに夢中になって切実になって、て、出来ないんだろうなー自分はきっと。
と、振り返ってみたりもするのです。

好きだー好きだー大好きだー。
次の新作、心待ちにしてますよー。
[PR]
# by ling-mu.m | 2007-11-11 23:07 | いしいしんじ
TAKE OFF~ライト3兄弟~
先週の木曜日の話ですが、天王洲 銀河劇場まで行って来まして。
久し振りの観劇。
ものは、KKP♯5「TAKE OFF~ライト3兄弟~」。

去年も観に行きました。
いつまでもDVDにならんなーと思っていたら、再演をするという話だったのかい。
な、折角だから観ときましょ。と思い、チケット取り。


何で銀河劇場なんかでやるかっ!
というのが、3階席すみっこで観た者の感想。
本多でいいじゃんかよー。と、いうことを うじうじ言ってたら、しょーがねーじゃねーか! と、連れに軽くキレられました。はぁ、すいません…。

舞台が遠い。上から見下ろしたくない。
そこを除けば、まぁ概ね満足。

内容は昨年とほぼ変わらず。細かいギャグも割と一緒だったから、脚本をいじることはしなかったのかな?
再演ていうのも、小林さんにしてみれば多分 珍しいんだろうし。
大幅に手を加えてくることはないだろうなーとは予想してたけど、ここまでとは。

でも二度目でも面白かった。
流石に去年ほどひっきりなしに笑うようなことはなかったけど、アンコールでのテンション最高潮、は変わんなかったし。

うーん。やっぱ好きやねー。
ガチャガチャが無かったのが残念。100円玉いっぱい用意して行ったのにー。
[PR]
# by ling-mu.m | 2007-11-04 18:42 | ラーメンズ
BIGBOXて黒川紀章が設計したんだって。
へー。

--------------

肩凝りが久し振りに、酷いっ!
ピップエレキバン(高いから最終兵器)を貼ってみる。
パソコン事務ってやっぱりそうなるもんなのね~。
今ならマッサージに行く正当な理由があるなぁ。
癒されたい。

--------------

理不尽な怒られ方をして、納得がいかぬ。
謝罪の言葉がないところを見ると、先方は正論を言っているつもり、らしい。
が、当方としては、八つ当たりされている感が拭えない。
この思いはきちんとぶつけておくべきか、否か。

うやむやにしても、いずれは無視できぬ事態になることは明白。
しかし、そんな時に限ってこの先の予定が目白押し。
さて…どうすっぺか。

あー。めんどくさ。

--------------

最近の読書。

磯部潮『人格障害かも知れない』。
光文社新書。
人格障害って病気の定義は、素人には難しい。
精神障害とかアスペルガーなんかの脳障害とか、その辺の区別がつかない。
興味があるから、ちょいちょい知識はつけたがってるんだけど、結局は一緒くたになっちゃう。
この人は病気かもしんないな、て思いを持って、人に優しくなれたらいいな、てことです。


坂木司『青空の卵』。
人の死なないミステリー。若干ボーイズラブ風味。
つまんねかった。
さくさく読めるから、電車で読むにはヨシ。
続刊はきっと読まない。


あと、『ダ・ヴィンチ・コード』。
今更ー。どんだけー。
面白いっす。重いから(ハードカバーね)、寝る前に少しずつ。
そのうち寝る間を惜しんで ぐいぐい読みたくなるのかしら。


明日からは真保裕一『ボーダーライン』を電車で。
『ホワイトアウト』以来、久し振りに。
ドキドキしそうな予感。

--------------

Wiiを初体験しました、こないだ。
やべ。楽しい。
みんなでワイワイできるコンテンツとして、優秀だと思う。
任天堂、やっぱ凄いなぁ。
[PR]
# by ling-mu.m | 2007-10-18 00:29 | 日々
さんじだ・・・
寝られん・・・。
さっき地震がありました。

----------

ふと思い立ち、一年前二年前はここで何を書いていただろか、と読んでみた。
ら、二年前の四国旅行日記の、何て楽しそうなこと!
自分で行って自分で書いたくせに、何かミョーに、嫉妬というか憧れというか・・・変な気持ちになりました。

いやだって、楽しかったよなこの旅行はホントに、て常々 思ってはいたんだけど、久し振りに読み返してみたらすーげぇ 楽しくて気持ち良さそうなんだもん。
そんで、その時のリアルタイムの気持ちは、我が身の体験とは言え、もうこの手には還って来ないのです決して。
それが分かって、フクザツな感情を覚えたのでした。

小さく、くそー…みたいな。

ああでも、楽しいことあって良かったじゃんアタシ。
ちゃんと満喫してんじゃん。大丈夫じゃん。

目先の狭苦しさに捕らわれがちになるけど、こうやって振り返って思い出せることのいくつかがあるっていうのは、幸せなことだ。
有難いことだ。

ちゃんと書いといて良かったな。
ブログ書き続けてて良かった、て、初めて思ったかもだな。
ここ一年ぐらいはすっかり、只の感情吐露墓場あるいはレスキュー求めてますアピール場みたいな腐ったブログに落ち着いてたけど。

またちゃんと書こう。
イベント事の記録。
写真も撮って。
その時の気持ちを新鮮なうちに綴って。
残すことに意義があるんだなーきっと。
[PR]
# by ling-mu.m | 2007-10-01 03:25 | 日々
寒くなりましたねぇ
何だか突然に。
天気が崩れたせいかしら。

夕方、渋谷にふらふら(と、言っても目的ありきですが)出掛けたら、当然だけど街ゆく人々の装いが秋。
ちょっと幸せな光景ね。
夏服か冬服かと問われれば、後者の方が好き。
寒いのん苦手ですけどね。
これくらいの寒さで充分だわー。

----------------

出版社でアルバイトを始めて、ひと月が経ちました。
ひいこらへいこら、疲弊しながらも楽しく新鮮に、働かせていただいております。
うむ。

今日はそのバイトの話を振ってくれた(辞めてからふた月近く経ってるのに、だよー。有難い!)元上司に挨拶をしに。
名刺をたずさえ。

最近コレを人にあげるのがマイブームのちっさい植物を、可愛がってくださいv ゆって渡したのですが(だってお菓子だけだと寂しいし・・・)、考えてみるとそれってちょっと悪趣味ね。
そこにいさせてー置かせてー。みたいな主張に思える。
捨てれないし。辞めたくせに。

考えすぎじゃろか。
自分の名前つけてv て言った訳じゃないから、ま、いっか。
他意はないしの。うむ。

-----------------

明日は一部の皆さん、内定式ですね。
行ってらっしゃいまし。
アタシは、ちょっと のんびり、やらせていただくことにしました。
親サマとは、夏に兄貴のことがあったもんで、その辺ちょいウヤムヤムニャムニャ…してるんですけど。
よろしくないわよね…。仕送り貰わんでも何とかなるようには、せんといかんよなー。
うむー。

-----------------

季節の変わり目、体調にはお気をつけくだされ。

あ、「めがね」、良かったよ。
心地の良い空気感でございました。
肩のちから抜いて、お酒でも飲みながら観たい映画ですね。
[PR]
# by ling-mu.m | 2007-09-30 23:54 | 日々
がらがらーんどーん
心が折れる音がするよー!!
ぬー。
ぬーい。
ぬーん。

くそー。
駄目だー。
わーい。
ばっきばき。 

-------------

今更ながら「かもめ食堂」鑑賞。
深夜テレビにて。

うん。好き。
雰囲気つくり過ぎてないとこがヨイ。
片桐はいりが若干コワいが…好きなんだけど、キャラのせいかな。
小林聡美よいねー。好きだねー。三谷幸喜が旦那ってゆうのが気に入らない。
もたいまさこ は、あんな上品な空気かもせる人なのね。さすが女優。

まんまと「めがね」観たくなっちった。
誰か一緒に行こ。
ひとり映画イヤ。今は無理。
心が折れそうだからね!(胸を張るでない)


あー。……はやく馴染も。
[PR]
# by ling-mu.m | 2007-09-20 20:32 | 日々