<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
おひっこし
(C)沙村広明

**********

ブログのお引っ越しをしまーす。
最近 画像をばかばかデカいサイズで載せてたせいか、ついに画像容量がいっぱいになりました。
アドバンスにグレードアップする、新しいブログを始める、ブログ自体を辞めるetc選択肢はありましたが、折角デジイチで遊ぶのが楽しくなってきてるし、思う存分 画像が載せられるところで続けたいなーと思っていたので、アコガレのpetit homepage serviceで新しいものを作ることにしました。

これはいわゆるホームページというものになると思うのだけど、ブログに比べたらカズタマイズしがいのある、逆に言えば幅があるだけに手を加えるのが面倒な、しかしそれが楽しい! みたいな最近。
タグをダカダンダカダン打ち込んでー! …みたいなことが、出来たらいいのだけど、まぁ無理なのでコピペコピペで何とか組み立て、今の時点で まぁまぁ満足のいく形になったので、ここでお知らせするに至りました。

やっぱり何かしらを書いて過ごした方が自分のためになる、と思っているので、このような行為は辞めることはなく続けていけたらなぁ、と。
あくまで自己のために。しかし、それなりにスタンスとルールは決めて。

ブログの方がよほど更新が楽なのは確かだが、まぁこれも経験。
試行錯誤しながら、好きなようにやっていきたいなぁと思います。

という訳で、ニューサイトのアドレスはコチラ→http://kirinto.petit.cc/
よろしくお願いお頼もうします~。


広告の入らないシンプルなページが好きだったよexcite。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-07-25 02:50 | 日々
うなぎ食べたいなぁ。
土用の丑の日が近いせいかしら。

**********

小田急ロマンスカーの夏CMがズルイと思う。
ちょっと前までは、ネクスコ中日本のCMがズルイなーと思ってました。卒業旅行編。
(何でどっちもYouTubeに映像がないんだー。ネクスコに至っては企業HPにも載ってないって何事ー)
そんで、そのうちJR東海のCMも始まって、今年もどうせズルいんだろ?
ズルいなー、もうホント。
旅に出たくなるじゃないですかー。

ええじゃないか乗りたいなー(って思うのは今「ぷっすま」を見ているからです)。
山とか川とかにも行きたいなー。わいわいと。
夏だねー! 梅雨明けも宣言されたし。蝉もいつの間にやら鳴き始めてるし。

**********

電線を撮るのが好きです。
b0026230_23571197.jpg
b0026230_23575114.jpg
b0026230_23581968.jpg
b0026230_23583860.jpg


真っすぐな線の人工物が好きなのかもしんない。と、ふと思う。
b0026230_2359264.jpg


水面を撮るのも好きです。
b0026230_00197.jpg


いつか見た夕焼け(たぶん、こないだの土日どっちか)。
b0026230_004771.jpg


*

b0026230_0132244.jpg
b0026230_0134371.jpg


一週間ほど前から妹さんが不在で、ひとり暮らしのような状態です。
あともうしばらく そんな感じなんだけど、彼女がいないことは流石に気づいてるだろうが、そこに疑問を持っていたりするのだろうか。このふたりは。
寂しそうな素振りをしないでもないが(吠えが酷くなったり…でも元々 結構なもんだしなぁ)、果たしてソレはそうなの? 微妙ですよ?

犬がいるとは言え、普段は朝夜のちょっとの時間しか顔を合わさないとは言え、やはり居たものが居なくなると心細いものですね。若干だけども。
部屋が汚れないのと、洗濯物が少ないのはイイ。
でも犬たちに何かあったら困るなー。
頼むから元気でいてね、君たち。
b0026230_0135872.jpg

[PR]
by ling-mu.m | 2009-07-15 00:24 | 日々
クーラー解禁!
と言っても、昼間は留守番してる犬たちのために付けているので、実はとっくに解禁済みなのだが。気持ち的にね。
今日は流石に蒸しすぎです。風もないし。

**********

今日のショック!
数日前に買ってきてたファブリーズが、ファブリーズではないことに気付いた瞬間。
b0026230_22513353.jpg
やっちまってるねコレ。
全日本うっかりさん選手権があったら、区代表ぐらいにはなれるんじゃないかしら。

原因を追究してみると、ファブリーズの並びの一番左にこれが置いてあったことだろな、と。
香りがあるものは必ず無香を選ぶんだけども、そうすると大体、並びの端に置いてあるのが常なので、更に色が無香っぽいな、というのでコレを手にしてしまったんでしょう、きっと。
……ちっくしょー。紛らわしい! 紛らわすために作ってるんだろうけども! いやに安いと思ったわ!

**********

今日の空。
b0026230_22563565.jpg
b0026230_22565083.jpg


今日の鴨の親子。
b0026230_22572999.jpg
暗いけど、まぁまぁ合格点、じゃね?
小さいのがピヨピヨ言ってるところをやっと撮れた感慨。
みんな揃って元気に育てー。
しかし、この集団の10mぐらい後ろから、必死に追いかけてる小鴨が一匹。大丈夫かしら…。

b0026230_22592049.jpg
4秒

b0026230_22594749.jpg
2秒

b0026230_230446.jpg
1秒
シャッタースピードを変えて撮ったもの比べ。
実際には、1秒のより更にもうちょい暗いぐらい。
こうして見ると、空はいつだって青いんだなーということが、よく分かる。

*

チワワとパピヨンのミックス、という犬に遭遇した。
遠目から見るとチワワ、近づくとチワワにしてはちょっとデカくね? パピヨンだろうけど顔はチワワじゃね? というシロモノ。
チワヨン、という認識で、いいのだろうか。

夫婦で、楽しそうにお散歩してらっしゃった。よいのう。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-07-10 23:07 | 日々
梅雨が明けたら夏だから
明けて欲しいような欲しくないような。

この時期は洗濯物が気持ちよく乾かないねぇ! まったく。
畳んでてスッキリしないのよね~。
洗濯物がよく乾くという、ただ一点のみに置いて夏の存在を許してやってもいいかな、と思う。

(洗濯洗濯うっるせぇな、しかし。我ながら)

*

珍しく妹さんが早上がりで帰ってきたので、連れだって犬の散歩に出た。

b0026230_2039814.jpg
b0026230_20392571.jpg
b0026230_20393834.jpg
b0026230_20395966.jpg
b0026230_20401534.jpg
b0026230_20403619.jpg
b0026230_2040534.jpg
b0026230_2041721.jpg
b0026230_20412268.jpg



**********

そう言えばこないだ、エヴァンゲリオンの新劇場版の初めのヤツ(序?)がテレビでやってたんで、観ました。
ら、面白いでやんの!
こんなことなら、ちゃんとDVD借りて観ておくんだった。
テレビ用に結構バッシバッシ切ってんじゃないかなー? という気がしたけど、どうなんだろう。

しかし まぁ、自分が意外なほど台詞だとかシチュエーションとかを覚えていて、びっくりした。
こんなにも覚えているものかねコレ。
テレビ版を見ていたのは小学生の時だったはずで、しかもそんな何回も見直した覚えも…ないんだけども、実際 繰り返し見てたのかなぁ?
じゃなきゃ、こんなに覚えているはずないもの。パチンコやってる訳でもないし。漫画版だって新装する前のヤツを3巻ぐらいまでしか読んでないし、それだって中学生の時? ぐらいだろうし。
いやー、不思議。不思議ですよー。

そして、この後の展開はろくすっぽ覚えていない気がするんだが、観たら記憶が喚起されるのかしら。
でも、この後はアレですよね、新キャラ登場したりして観たことない展開になっていく、の、かな?
カヲル君との絡みとか、今時点では何にも思い出せないですけど。

テレビ版も見直そうかな~。

しかしアレだね、改めて見るとシンジ君がおそろしく可哀想だわ。こんな14歳の思い出はないと思うわ。
ゲンドウのドS~とか、思わなかったわなぁ、昔は。
逆に何を考えながら見ていたのだろうね…大した理解も出来ていなかっただろうに。何が面白かったのかなぁ。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-07-05 20:55 | 日々
テロリストのパラソル
自分にしては割と珍しいチョイスの小説を読みました。
読む前の段階では、もちろん そんなことは思いませんでしたが。
結構あちこちでタイトルを目にするけど読んだことなかったな、という理由で手にしましたのは、藤原伊織・著『テロリストのパラソル』。

講談社っぽいなー角川っぽくないなーて思いながら読み進めていましたら、初めは講談社から刊行されていたようで。やっぱりなー。
でも何で角川文庫になってるんだろう。絶版になるようなものじゃなかろうし(江戸川乱歩賞と直木賞をダブル受賞しているし)、譲渡されたんでしょうかね。


ハードボイルドっていうのはこういうのをいうのかしら? 新宿鮫かしら?
読まないわなーこういうテイスト。新鮮でした。

こういう静かな文章は嫌いじゃない。ガチャガチャしているものより、むしろ好きかもしれない。うん。
主人公が、アル中で四十代のおっさんなんだけども、ダンディズムでも渋いーでもなく、完璧にくたびれている、全然ヒーローじゃない人で、きゃーカッコウイイ! とは決してならないんだけども、なのに魅力を感じるのは何でなんだろうね。
そしてそんな しょーもない男に、人々が惹かれていくのが不自然じゃなくて、だからやっぱりこの人には何か捨て置けないものがあるのだなぁ、しかしパッと見はやっぱり分からねぇな、それが何なのか。という不思議。

あー、でも、ハードボイルド(と呼ばれるもの)において、こういう主人公は珍しくないのかしら? と、真保裕一の『ボーダーライン』を思い出した。あれも、結構くたびれたおっさんが不思議にカッコイイ話じゃなかったかしら。

主人公の相棒みたいになる奇妙なやくざも、ウィットに富んでて素敵です。こっちの方が正統派! て感じだな、どちらかと言うと。

物語は割に淡々と進みながら、クライマックスに近づくにつれ息を呑んだり奇声をあげたりする個所も増えてくるという、昔ながらの(?)ミステリー。終わり方は目新しくはないものの、真相は、キッチィなぁ…と思ってしまってまんまとやられる。てー、感じです。

はーもう先が気になって眠られんわぁっていうことはないけれども、読んで損はないクオリティだす。
何でも読んでみるものだな、やはり。


……画像を引っ張ってこようと検索したら、講談社文庫でも普通にまだ手に入るみたいね、コレ?
したら何で違うレーベルから出てんだ? 謎ー。

*

久し振りに伊坂幸太郎作品が文庫発刊されたのが嬉しいが、その割にまだ手に入れていない。
そして古川日出男からちょっと離れてる最近。飽きた訳ではないけれどー。

b0026230_0382066.jpg
[PR]
by ling-mu.m | 2009-07-02 00:38 | 活字/漫画