<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ちょっと怒りを発散
ラーメンズのDVDを人に貸すために引っ張り出してきたら、観たくなってしまった。
で、観てしまっている。現在進行形で『ALICE』を。
久し振りだから、ちょっと新鮮。

**********

ちょっと予定が狂って、また違ったものを読み始めてしまった。
若木未生『グラスハート』、ちょっと気まぐれに『AGE/楽園の涯』の短い一編を読み直して本棚に戻しに行ったら、どうしてか手が伸びてしまって。1巻『グラスハート』に。
すごーぉぉおく、久し振りに読んでしまった。

というのも、ずっと先延ばしになっていた最終巻が遂に発売されるのがそろそろだったよな、と思い出したので。
それを買って読む前に復習が必要だよな、と考えてはいたので、このところ。

しかし、それがですよ、最終巻発売が、前巻から7年も! 7年も経ってからだってんで驚きですよコレ。
しかもだな、集英社コバルト文庫でずっと出ていたのが、最終巻に限っては幻冬舎の、なんかノベルス版で出るとかいう話で。
既刊も、その幻冬舎のノベルス版で今後、揃ってはいくらしいけど。
にしたって、今アタシの手元にあるのはコバルト文庫で、そこに大きさも背の装丁も違うものを並べなきゃならんていうのは、これ、結構 辛い話ではあるまいか。

という訳で、ちょっと今日は悶々と、集英社とコバルトへの怒りを募らせておりました。

ていうか大体まず、遅筆すぎる作者がいけないんだけど、既存のシリーズ完結もさせずに新しいシリーズどんどん始めて、何とっちらかった仕事の仕方してんの? てファンとしての怒りが、まず最初にあって。
でもそれは作家個人のクリエイティビティの問題だから、あんまり口には出したくない、正直なところ。
それって読者の狭い了見のひけらかしになるし。
でもそういう思いは、確かにある。

だって、作者がもっと簡潔にざくっとスピーディに、完結させてくれてれば、こんなことにはならなかった訳で。
時代があまりにも変わって、雑誌コバルトの体質も当然 変わって、読者層もきっと変わっていて、そんな中で無理が生じた結果が、最終巻だけ違う会社で、て話な訳でしょう、おそらく。
うちのカラーじゃなくなっちゃいましたから、ていう。
あるいは編集者との齟齬とか、そういうことがあったのかもしれない。
具体的な話は全然わからないけど、要は一緒にお仕事できません、て状態になっちゃったんだろうよ。

それって、すごく読者を馬鹿にしてるよね。読者への愛がないよね、全然。
それは版元も作家も、何よりも優先して持っているべきものなんじゃないのか。
読者ありきの、てめぇらの仕事じゃないのか。違うのか。
何で読者を混乱させるような、傷つけるような仕打ちをするの。

音楽屋さんたちが、事務所変わるとかレーベル変わるとか、それと同じではないでしょう。
まず版型が変わるのが許せないし。イラストの描き手だって変わるし。
ものすごく、ファンに不親切で愛情がないよね。
誰がそれを持って本づくりしたの、今回の話は!? て、怒鳴っていいと思うんだよね読者は。
だってお金出して買うのは読者じゃんか。
そういうとこ、不誠実でいいはずがない。

何でこんなに怒るかって、そりゃやっぱり自分がこのシリーズのファンだったからで。
小学生の時から。
アタシにとっての、ひとつの原体験でもあって。
つまり、小説を愛し始めたキッカケになったような。
それぐらい、大袈裟な作品だから。
今の自分に繋がってるものだと思ってるから。

だから、怒れるんだよ。ウジウジ、文句言いたくなるんだよ。
馬鹿みたいだけど、ちょっと裏切られた、みたいな。
ガキっぽい愚痴だよ。見苦しいし、そんな体裁とかどうでもいいじゃん、要は中身だろ、て、そりゃ そうなんだけど。

あまりに、何処にも愛が、見当たんないなって思ったから。
あとは、差し出されるもんが、最後に相応しいものだったら、て、それを祈るしかない。

面白い小説を、読ませてください。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-02-27 02:27 | 活字/漫画
珍しくビジネス書
会社の人に借りっぱなしのままになっていた『スティーブ・ジョブズの流儀』を読んでいます。
久し振りに小説以外。そして珍しくビジネス書。
なんでも、編集した方が大変 優秀な方だとのことで、そりゃ参考にせねばね。と思いまして。
と言っても、翻訳本なので、「翻訳ビジネス本としての優秀さ」なんでしょうが。

他のジャンルや100%日本で作ってるものと、何が共通していて何が共通してはいないのか、残念ながら今の自分には判断がつきません。
悔しいことだけども。
焦るぜ。

純粋に本として、まぁまぁ楽しんで読んでます。興味深い点は多々ある。
でもジョブズに関して知りたければコレだけ読んでればヨシ、というものではない。
若干の偏りがあるのは否めません。
いや、本人を知らないからそれが公平かどうか、も、ホントは判断できないんだけどね。

これ読み終わったら、今度こそ『聖家族』。
今月中に読んでしまうはずだったのになぁ…。
計画が狂ったのは桜井京介のせい。
結局、第一部を全部 買いなおして読みなおしてしまった。

b0026230_23411927.jpg
[PR]
by ling-mu.m | 2009-02-26 01:56 | 活字/漫画
岡っ引き風邪っぴき
風邪をひきました。
結構な寒暖の差がありました先週末~今週アタマにかけて、最初は喉にきて煙草も吸えんような痛みが。
それが引いたら咳と倦怠感←今ここ。

はぁ~。予防せんと当然のようにひくもんなんだな、風邪。と思いました。
何したって元気でいた時代は本当にもう終わりなんだなぁ。
そう思うと、免疫力がピークの時期って人生で本当に短いんだね。
(あとどんくらい生きるか分からんが)
はぁ~。
あったかくして寝ます。

**********

BUMP OF CHIKENのアルバム『orbital period』をヘビロテで聴いてるんだけども、

  ……君がいいよ 離れたくないな

ていう歌詞が聴こえてきたときに、「あ、この人を草食系男子っていうの?」て突然 思ったんでした。
あとで調べたら「飴玉の唄」っていう曲で、周辺の歌詞はこんな。


  ねぇ 怖いよ 止まらないよ 上手に話せやしないよ
  君は僕を 信じてるの 離れたくないな

  見えなければ 死ななければ だけどそんなの君じゃないよ
  僕は嫌だよ 君がいいよ 離れたくないな


盛り上がりの最高潮、シャウトしてる感じで。
そんでね、特に最近、草食系男子について考察を重ねているということもなく、どころか言葉を知ってるだけで正しい定義を知っている訳でもなし。
でもいきなり出てきたってことは、「興味あるボックス」のどっか隅の方に転がってたってことかな。
ではWikipediaから引用してみましょうか。

草食系男子の定義は、論者によって異なる。深澤(真紀、コラムニスト。「草食男子」の名付け親)は「恋愛やセックスに「縁がない」わけではないのに「積極的」ではない、「肉」欲に淡々とした「草食男子」」とする。森岡(正博、『草食系男子の恋愛学』著者)は、「新世代の優しい男性のことで、異性をがつがつと求める肉食系ではない。異性と肩を並べて優しく草を食べることを願う、草食系の男性のこと」とする。

…だ、そうで、あれー? なんかイメージと違うっていうか求めていたものじゃないっていうか。
別に藤原基央が肉欲の薄い人間だって思ったんじゃなくて、うーんと……あ、女の子っぽいな。って思ったんだ。
だったらむしろ、彼をカテゴリー分けするとしたら「オトメン」の方か。乙女な男子。

まぁいいや、で、藤原基央がそういうニオイをさせている元は何なのかな? ということをしばらく考えていて、語り口かな、という答えが出てきた。
~だね、~だよ、だって~、~なぁ……という言葉遣い。
それから、歌にする題材が、たまにすごく可愛いこと。かさぶた(「かさぶたぶたぶ」)とかタンポポとライオン(「ダンデライオン」)とか。
あと「K」を代表とする、物語になってる歌を作るあたりも、かな。
「アルエ」の由来にも可愛いものを感じるよね。

航海とか宇宙とか、すごく少年っぽいモチーフを使うところも、「可愛い」につながるんだと思う。
…少年っぽさを「可愛い」と言ってしまうことに、年とったなぁと感じてしまうことは、まぁ 置いといて……。
少年と乙女って同居するものかな。って、ちょっと思うけど、逆に「少女」の中に「少年」はいるよな、て考えると、矛盾はしないんじゃないかなぁ。
いや、それよりかは、乙女っぽいを前言撤回して、少年っぽいに統一してしまう方がしっくりくる?

うーん。難しいところですな、そこは。
どちらもイノセントな存在で、幼くてピュアーで、て考えると、同じものにも思えてくるし。
男の子(たち)なんだから、ここは素直に「少年っぽい」に軍配をあげておくのがいいかしら。

ま、どちらにせよ「草食系男子」ではないってことで。
b0026230_23422962.jpg
[PR]
by ling-mu.m | 2009-02-19 01:15 | 音楽
ふとした拍子に思い出す
何かを考えていた流れの中で、春のことを、しかも大学に入学したばかりの春のことを、何故かぽんっと思い出してしまい。
空気というか、気持ちというか。
出来事っていうんでなく、雰囲気みたいなもの、かな。

東京に(ただしくは横浜に)越してきたのは3月の終わりも終わり、入学式の直前で、入学した当初はそれこそ、上京してきて何日目、て数えられるぐらいのもので。
色んなことに不慣れで、色んなことが新鮮で、その頃に何を考えていたかってことは、残念ながらもうほとんど記憶にないけど、ふっと思い出す雰囲気みたいなもの、は、まだカラダのどっかに残ってたんだな。

さっき、雑誌を読みながら、ちょっと意識が飛んで考えたコト。

**********

古川日出男を読み続けてます、と言いたいところが、予想外の脱線をしております、最近の読書。
ブックオフで文庫版と再会、もうひと通り読んでるはずなのに懐かしさのあまり買ってしまった『建築探偵桜井京介の事件簿』シリーズ、とりあえず最初の3巻目まで。

確か中学生時代に夢中になっていたミステリです。篠田真由美 著、講談社 刊。
図書館で借りて読んでたはずだけど、高校生の時に2、3冊はノベルスで揃えたんだったか…覚えてないけど、複数回 読んだ記憶があるから、たぶんそうなんじゃないかなぁ~。

今は2冊目の『玄い女神』を。1冊目もだけど、見事に犯人もトリックも覚えてないでやんの。我ながらアッパレ、と言いたいほどに、覚えていない(読んでくうちに思い出すこともあるけど微々たるもんだ)。
何を考えながら読んでいたのかしら? と当時の自分に問いたいですなぁ。
森博嗣も京極夏彦も、初めて読んだのは同じような時期だったはずだけど、覚えてないもんなぁ。情けないことに。

いやしかし面白いわー桜井京介。自分でも何がそんなに面白いん? て思っちゃうし、人に薦めようにも何をもって薦めていいのやら。
キャラクターが好きなんだろうなぁ、きっと。桜井京介の魅力はデカい。あと助手の子・蒼との関係性が好きなパターン。ドツボ。
しばらくは飽きずに読めそう。ていうか寝る間が惜しい! 寝ないで本を読んでたい…とか、思考まで中学生のようになっているわ…。

b0026230_6125694.jpg
[PR]
by ling-mu.m | 2009-02-12 02:04 | 日々
最近の白泉社はどうなのかしら。
似通ったもんばっか。
平凡女子とイケメン男子(複数)の格差恋愛漫画。
もう飽きたわ!
なんか斬新な…斬新な漫画はないかのう。
新しい作家さん発掘とかとんとしてない。する気になれん。

白泉社の過去の栄光『ぼくの地球を守って』(日渡早紀)は世代を超えて後世に読み継がれるべき素晴らしい大作ですが、その次世代編をブックオフで立ち読みしてきた。
雑誌掲載時にちらと見た記憶はあるが、きちんと読んだのは初めてだ。

『ぼくタマ』(この略し方は斬新だよなぁ)主人公であるところの輪くんとありすの子ども・蓮が主人公なのだが、もう正直なところ蓮とかチカコとか子どもの成長はどぉっでもよくて、ただただ輪くんの幸せを願ってしまう、そんな読者は多いはず。
ヤンチャする紫苑の姿が嬉し涙で見えないよ……みたいな。
それぐらいの感情移入は簡単にとーんとしてしまうなぁ、この漫画に関しては。
いや、ホント。

子どもたちよりも他のみんなの「その後」を望む声は多いだろうに、それは敢えて避けられているのかな?
まぁ、もともとの読者しか対象にしていないことになるし…それと、高校生時代の彼らの密度は高すぎて、あまりに濃すぎて、今の彼らの生活を語ってもそれほど面白いものにならない、ていう危険性は充分にあるのかもしれないね。
まぁ、単に作者が描きたいもの描いてるだけ、なのかもしんないけど。

デッサン崩れに崩れて哀れだけど、消えずに漫画家つづけられてんだから、凄いわ。
b0026230_2356345.jpgb0026230_235658100.jpg
[PR]
by ling-mu.m | 2009-02-08 00:02 | 活字/漫画