<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
サウンドトラック
古川日出男『サウンドトラック』、読み終わりました。さっき。

ふー……。
心中穏やかでなし、という訳でも、超興奮状態、という訳でもなく、しかし、確かにドキドキと、微かにしていて、うーん。あまり覚えのない読了感。

とにもかくにも、読み終わりました。
いやぁ、凄かった。壮絶。凄絶。
掌サイズのこの小さなモノから、何でこれほどの熱量を与えるものが湧き出てくるのかと。
考えると、不思議でならない。

疾駆する小説だ、と思いながら読んでた。文章が走ってて、言葉が駆け抜けていく。
圧倒的なスピード感。
そしたら、あとがきで著者自身が、これは「疾走小説」だ、と言っていて、嬉しくなった。共有できている、この人の思いを受け止められている、と思って、嬉しくなった。
しかし、何がそう思わせるんだろう? 文章のリズムか? 選らばれる言葉か?
場面自体が、スピード感あふれてる、というのは確かにそうなんだけども、それだけじゃない緩急の妙があると思う。そう、走りっぱなしではなく。でも、気づくと走ってる。走らされてる、文字を追う目が。言葉を読む気持ちが。


現代の日本の、東京の物語。
今ここにある本当の現実とは別の、違う道を辿った姿を描く。
発売当初にとっては近未来の、アタシが読んだ今現在より少し先の、でも地続きなすぐそこの未来。
ヒートアイランド現象によって熱帯と化し、スコールが降りそそぐ。外国人が急増し、彼らに対する排斥も激化していた。
(文庫版・上巻の裏表紙より抜粋)
そういう東京の、進む何年間のなかで、とてもとてもとてもピュアーに生きる人たちの物語。

偶然にも同じ嵐の夜に、同じ無人島に流れ着いたトウタ(男の子、そのとき6歳)とヒツジコ(女の子、そのとき4歳半)。
二人の、無人島での生活と、彼らが「外界」に再び出会うまで、というような話かと思っていたら、そんな、甘っちょろいものじゃなかった。全然なかった。

彼らは割とすぐに外界と再会する(私は実は、まだ文字も読むことのできない彼らが、どうやってそれ以上の言語を獲得するのか、それが書いてあるかと期待してた。残念ながら見当違いだった。そこに関しては触れられない)。
そして新しい生活の中で、自我を芽生えさせて、その後の生き方を固めていく。とても若者らしく、とても過激なそれを。
彼らは世界と闘争する。彼らにとっての敵である、復讐すべき世界と。

ヒツジコはダンスを踊ることになるのだけど、その描写が見たこともないもので、触れたことのない表現でなされていて、でも確かに、明確に映像は浮かばないまでも読書を補うだけの想像力は喚起させて、させられて、舌を巻いた。
なんだこれ。すげぇ。
この人、自分で「見えて」て書いてるのかな? その見えてるものに、書いてる言葉は追いついてるのかな? もしくは追い越しちゃってたりしないのかな? ちゃんと、ぴったり寄り添ってんのかな。
本人に聞いてみたい。

トウタとヒツジコと、それからレニという子どもが主要人物で物語の柱としているのだけど、彼らのピュアさが、ピュアだ、と直接の表現では書かれていないけど、滲み出ていて、明らかに「そういう」子たちで、それに打たれた。
カツーンと打たれました。ピュアーすぎる、その闘いぶりに。
私は君たちが大好きだ、と思う。
その中に抱える昏い黒いものを、押し込めて、いや違うな、存分に解放させながら、撒き散らしながら、まっすぐに突き進めばいい。
闘い続けろ。そうして君たちが不幸せにはならないのだったら。
アタシはそれに追随するよ。


文庫本で読んだのだけど、上下巻に分けたのは、そこまでの売れが見込めなかったからなのかしら(単行本は一冊)。実際、売れてないのかなぁ、そんなに。発売当初の話題性とか、どんな感じだったのか。『ベルカ、…』は結構いろんなところで評価されてるのを見た気がするけど。

これは売れて然るべきだ。然るべきですよ。絶対。だって凄く、飛び抜けてるもの。
……でも、amazonのレビューでは2つ星ついてるのもあって、うーん そうかぁ…。面白くない人も、いるんだねぇ。
アタシが東野やハルキを嫌いなのと同じことか。それを好きな人もいて、嫌いな人もいて。
不思議で、面白いことだねぇ。
b0026230_23591282.jpgb0026230_23594141.jpg
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-29 00:22 | 活字/漫画
でじゃびゅー
風景や会話ではなくて、自分の気持ち、心持ちに既視感を覚えます。
成長してないってことだ。
ああ・・・。
てなりながらの、今日の帰途。

**********

日曜日に、自由が丘で、友人というか先輩というか、形容のしにくい知人の、ソロライブに行ってきたんでした。
ブログ記事にしようと考えていたけど、批判ばっか、駄目だしばっかになりそうで、ていうか する気満々で、これはナイ。と思って書くのをやめました。

どうしても批評するにあたってマイナスの視点から入ってしまうんだなー。何であれ。
よろしくない癖です。
気をつけて矯正していくしかないんだろうなぁ。

**********

『サウンドトラック』が面白くて面白くて(その割にまだ読み終わってないけど)、今まで古川日出男スキジャナイとか言ってたヤツ誰だ出てこいっって思う(自分です)。
『文藝』かなんかに載ってた短編が、耐え難い読みにくさだったんだよなぁ。あまりに実験的すぎるというか、好きに書きすぎたものを初めに読んでしまったのだろうね。
いい再会が出来て、良かった。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-28 00:01 | 日々
ベルカ、吠えないのか?
妹さんの彼氏が帰ってくれない…。
どうぶつの森やりたいし、『キイナ』も見たかったのに…。
(今、変換して気づいたけど、「キイナ」は「奇異な」なのかな)
アタシはレッドカーペット嫌いなんだよ!
うちは居間しかあったかくないんだよ!
外で遊べバカ!

**********

『銭ゲバ』原作本をちょっとだけ立ち読みしたのだけど、舞台は静岡じゃなくて長野だった!
Wikipediaに静岡って書いてあったの丸呑みしちゃった! 危険!
で、だいぶ変えて肉付けしてんだな、ていうことが分かりました。

**********

本題。
古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』を読了。
これは時間をつくって一気に読んでしまうのがいいなぁ、と思いました。
結構、忘れると混乱する。

イヌの、軍用犬の話です。
二十世紀は戦争の時代、そして軍用犬の時代だと語られます。

アメリカとソ連(ロシア)と中国と。そして日本と。
その中で翻弄される、ある血を受け継ぐイヌたちの物語。
イヌ紀元ゼロ年は、スプートニク2号にイヌが、ライカが乗ったその時だと語る。
そして物語はそこから、いや、実はそれ以前から、始まる。始まっている。

現在と、現在に連なるイヌの系図の過去と。
ふたつが順番に明かされながら、やがて現在と過去が邂逅する。
その場面には戦慄が走る。

日本が軍用犬を育て使う力に長けていた、なんて知りませんでした。
というか、軍用犬という存在に注目したこともなかった。
小説が、どこまで本当か分からないけれど、二十世紀の戦争においては、非常に重要な戦闘集団だったようです。


いやぁ、静かに興奮しながら読みました。
ページめくる手が止まらん止まらん。
この人の持ち味であろうスピード感が、体感できる。
そして不思議と読みやすいんだなぁ。

しかし、その持ち味を生かすためなのか、ここはもうちょっと丁寧に語られたい、と思うところまでもズンズンと進んでしまって、それが、残念。
「持ち味」として納得できる域をわずかに超えて、小さくても確かな不満が募る。
ここ、ここをもっと語って欲しいんじゃないですか! ていうところが、いくつか。
残念だなぁ…。
これは、ミスじゃないかな、と思うんだ。
もっと量が多くても、分厚くても、読むもんなぁ。読ませる力があるのに。
もったいないなぁ、と思いました。

でも、面白かった! すごく!


で、さぁ次は『聖家族』っと思ってたのに、最寄りの本屋に置いてませんで…。
帰りの電車で読むものがなかったので、同じく古川日出男『サウンドトラック』上下巻を買いました。
これも楽しみになるオープニングで…。むふ。

b0026230_615419.jpg
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-21 23:04 | 活字/漫画
モダンタイムス
伊坂幸太郎、好きです。
文庫になってから読むのでリアルタイムでは追えてなくて、でも、先日『魔王』を読んでしまったら読むものがなくなってしまった。
『ゴールデンスランバー』文庫化はまだ先だろうし…。
買おうかどうしようかな、と思っていたところ、新刊『モダンタイムス』が『魔王』の続編だということを知り、そっちを買いました。

『魔王』は、読み終えた後も結構 尾を引く作品で、えーえー、何でかな。何でそういう終わり方なのかなっ? て、思わされ続けました。割と苦しい読後感だった。
思えば、それは続編を読ませるのにとても適した終わり方だとも言え、計算だとしたら、凄いというか打算的というか…みたいな、ちょっと歪んだ感想を抱いてしまいますが。


結論から言うと、『モダンタイムス』を読むことによって、『魔王』読後の苦しさ、気持ち悪さが拭えることはありませんでした。

ざくざく読める、という代物ではなく、少しずつ少しずつ読み進めました。
もともと『週刊モーニング』かなんか、漫画雑誌に掲載せれていたものなので、そういう読み方がちょうどいいんじゃないかな、とも思った。

「検索から、監視が始まる」というコピーが、とてもよく作品を表しているな、と思います。
ある言葉(の組み合わせ)を検索したばっかりに、酷い目に遭うことになる主人公とその周辺、真実を知るために危険を冒して動き続ける彼らの、数日間の戦いの物語。
……とでも、言いましょうか。
『魔王』から50年後の世界、今より少しだけ未来の話。

何とも、スッキリとしない、スッキリさせてやるもんか! とでも言いたそうな、終わり方で。
結局、何にも解決しないし、何にも変わらない。
そういう風に見える風景が横たわるだけの結末は、納得しがたい。

何でこんなもの、こんなこと、書いちゃうんだ。
こんな、全部 諦めちゃえ、みたいなこと、書いちゃうんだ。
悔しいなぁ。

大きなものに立ち向かって、作者自身が、結局 勝てなかった、駄目だった、て言ってるみたいに聞こえて、悔しいです。

次回作がどうなるのか、気になる。
この作家の行く末が、気になります。

**********

新ドラマ『銭ゲバ』の第一回を、何とはなしに見てみた。電話しながら、とかだから全部ちゃんと見た訳ではないが。
原作の漫画はだいぶ古いようで、もう30年前とか、そんな。
ドラマ化にあたってどれくらい改訂がなされているのか、原作を読んでいないので分からないけど、未曾有の大不況で派遣切り、社員削減が横行、格差は拡大するばかり…ていう今、共感を得やすい話かもしんない。
企画した人は、時機を見ていたのですかね。だとしたらうまいな、と思います。

しかし、これ舞台は静岡県だそうで、「ずら」て方言つかってるのだけど(山梨の方かと思っていたら静岡でも使う地域があるのですね)、他の微妙なイントネーションも、どうせなら拘ってくれりゃ嬉しいのにな、て、静岡出身者としては思いました。
まぁごく個人的な意見。ていうか気持ち。

**********

『モダンタイムス』読後、今は古川日出男の『ベルカ、吠えないのか?』を読んでます。
『聖家族』を読もうと決めたのだけど、それが古川作品で初めて、ていうのもちょっと危険なんじゃない? と思いまして、単行本が出た当初から気になっていた(何年前だよ)上記の本を、文庫で買いまして。
いやいや、面白い。読みやすいし、通勤電車に乗るのが楽しみな読書。

思えば、古川日出男の対談イベントには二度も参加しているのに、いまだ読んだことがないってどうなんだ。
サイン本も持っているって言うのに…(ていうか、それをまず読めばよかった)。
いしいしんじ氏との対談イベントで、両著者の本を買わなければいけなかったのでした。
そして、そのサイン会の時、いしい氏より古川氏の方がよっぽど気さくで「いい人」だったなぁ…。

b0026230_6162492.jpgb0026230_6171825.jpg
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-17 22:43 | 活字/漫画
まだ12月のカレンダーが掛かってます。
妹さんのアタシへの借金額が書かれてるから外せませんです。
いや、書き換えればいいんだけどさ…常に見られるようにしといた方が、いいかなぁ、と。
そんなんお構いなしで返してくれませんですけど…。

今、彼女はポテチ片手にチワワを膝に乗せ、『NHKスペシャル 地球大進化』のDVDに見いっています。
TSUTAYAにそういうんの置いてない! て騒ぐので、アマゾンさんで検索して頼んでやったヤツが、今日 届いたので。

なんか、好きらしくて。生物の発生、みたいな話が。
カンブリア紀がね! 脊椎動物がね! てウルサイ。
いや、アタシも嫌いじゃないけど、魅力は感じるけど、DVD‐BOX買っちゃうほどとは、知らんかった。

どっちかというとオベンキョウは出来なかった類の人なので、そういう知的好奇心を発揮している姿には、安心みたいなものを感じます。うん。

**********

ケータイが、勝手に再起動をしてしまうという不具合を持ったまんま、アップデートしてもなおるもんでもないらしく、困ってます。
いや、mixiのコミュでさんざん報告されてる不具合で、みんなauショップ持ってって無償で修理して貰ってるって言ってるんで、自分もそうすればいい話なんですが。
家の近所にauショップないし…仕事行くとウッカリ忘れるし…。

しかし、SONYさんどうなのよこの不具合は(使ってるのは、ソニエリのreです)。
プレステ撤退とか何とか、大変そうだけど、製品はちゃんと作ってくれ。

ていうか、素人にしてみれば、出してからそんな不具合でるとか…いいんですか? 日本のモノづくり、それでいいんですか? と、思ってしまうよね。
ちゃんと「完成品」を発売してくださいよ。て、ねぇ。

部品とか作ってんのは中国とか東南アジアで、とかなんだろうけど。
システム作ってんのは日本の人なんだろうし。

不具合でて回収とか…何でそういうことになっちゃうんだろう。
機会があれば、そういう研究職に就いた友人にでも聞いてみたいと思いますなぁ…。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-13 00:16 | 日々
この3連休2月に欲しかった。
夜、外に出たら、書き割りみたいにのっぺりしたオレンジ色の満月が、空の低いところに浮かんでました。
でっかかった。

**********

『天地人』第2回はさくっと捨てて、『完成ドリームハウス』をウットリしながら見てました。
いいなぁ、家造りいいなぁ。施主うらやましいなぁ。
職人さんってどうしてあんなに格好よく見えるんだろうねぇ。
ああ素敵すてき。好き。


クリスマスにサンタさんからWiiを貰いまして、何でかって言うと『街へいこうよ どうぶつの森』がやりたくて、Wii欲しい欲しい言ってたからなんだけど。
だからもちろんソフトも一緒にくれました。

DSからハマって、通信もせずにひとり黙々とアイテムコンプリートを目指して頑張っているのだけど、何でこんなにハマるかな? て考えた時に、インテリアコーディネートが出来るからかなー、と。

とにかく膨大なアイテムを集めて、そのアイテムもカテゴリ分けされててシリーズコンプリートすると褒められる、とか、喜ばせてやり甲斐を与える仕掛けが満載でして、そこに自分の趣味をはさみつつ如何に満足のいく部屋(家)にするか。てことが楽しいゲームなのね。

ああ、こんなところにもアタシの家建てたい願望が顕在化している…と、思った次第であります。ハイ。

楽しいよ。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-12 00:54 | 日々
ミチコとハッチン
最近、眠れないときは、布団に入ってケータイでテレビ視聴、ということをたまにします。
そういうときは大抵 深夜なので、どこのチャンネルもテレビショッピングばかり、という状態で、見るものもあまりなく、その少ない選択肢の中で、こないだアニメを選びましてね。
それが面白かったの。


ちょうどオープニングから見たのだけど、それが『COWBOY BEBOP』を彷彿とさせる格好よさスタイリッシュさで、映像も音楽もいいなぁっていう第一印象の良さで、見てみよ。てなりまして。
それが『ミチコとハッチン』でした。

実はそのアニメの存在自体は知ってて、新宿アルタのビジョンでやってたCMを見たことがあったのです。そのCM自体も格好よくて、坂井真紀が声優やってるていうので、覚えてたんです。

「あー、あん時やってたアレね!」て、思い出したんだけども。
そんで、30分見て、おーこれは。と思って、最初っから全部見てみようかなってなって、YouTubeで見始めてます。


テレビアニメは普段 見ないので(深夜にたまたま『のだめカンタービレ』がやってたら見るぐらい)、最近のアニメ事情は分からないのだけども、絵がキレイね! 動きも滑らかだし、デジタルのチカラ? なのかしら。なんだろうねぇ。凄いなぁ。


以下、Wikipediaから引用。
2人の主人公達が繰り広げる逃走劇が展開し、ガンアクションなど西部劇をモチーフにしたアクションアニメ。

舞台は、太陽と原色に溢れる国。そこは貧困によって街は荒廃している上に、国を出た先は荒野が広がる危険な無法地帯。そんな中で、人々の心は総ラテン化していた。その国で暮らす少女・ハナ・モレーノス(通称:ハッチン)は、養育家庭の家族から酷い仕打ちを受けており、密かに家を出て自由に暮らす事を望むが、自ら行動を起こせず、ただ、いつか誰かが迎えに来てくれる事を祈るばかりであった。

しかしある日、ハッチンの前に脱獄不可能と言われた監獄要塞を突破した美女・ミチコ・マランドロが、突如現れる。彼女はハッチンの母親を名乗り、ハッチンを誘拐して逃亡。訳も分からず、ミチコに着いていくハッチンは、彼女に翻弄されつつ、旅に同行する事になる。
ていうストーリーなんだけども、この主人公2人のキャラがよくてねぇ、ハマっちゃうんですわ。
ミチコのぶっ飛びっぷりが好きだし、グジグジしてるくせにいきなりキレるハッチンも可愛い。
ミチコの惚れた男でハッチンの父であるところのヒロシ(を探して、2人は旅をしている)が、ナヨナヨしてるのもイイ味付けだな~と思うのです。
その他のサブキャラも立ってるし。


リアルタイムでは無理だろうが、YouTubeで最後まで追っかけられたらな~と思います。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-08 23:52 | 日々
『幻夜』と『天地人』
友人に借りてた東野圭吾『幻夜』を、年をまたいで読了。
最っっ悪の読後感でした…。
もう、東野圭吾なんて、読まない…。

もともと東野は好きではないのだが、『白夜行』は、それでもまだ読めたし楽しめた。
でも同じパターンで2冊目となると、しかも結末があんなん、てなると、あー読まなきゃよかった! ていう怒りににも似た気持ち悪さばかりが残ります。

アタシは勧善懲悪が好きなんだなぁ。と、改めて思いました。
悪者がのさばってるのは、納得いかないんだ。アタシは。


***************************************


大河ドラマ『天地人』第一回を、途中からですが観ました。
『篤姫』は、あんだけ話題になってたにも関わらず一度も見ないで終わった訳ですが。
ザッピングしてたらやってたので、話のタネに、と思いましてね。

で、第一回はまだ幼少時代ってことで妻夫木その他の登場はナシだったんですが(阿部ちゃんはカッコヨカッタ。でもあの目はコドモ泣くわー)、最後にやった次回(今後)予告で主要キャストがパパパパッと見れて、うわー豪華じゃん、頑張るじゃん。と思いました。
小栗旬とか、長澤まさみ(嫌いだけど、まぁ「豪華キャスト」の中には含まれるのでしょうな)とか、小泉孝太郎に阿部寛もそうだし…あ、あと常盤貴子がヒロインなのですね! 素敵!

全然 知らなかった話の概要もその次回予告で理解ができたのだけど、それを知って、次のターゲットは腐女子ですかな? と、考えてしまった、そんなアタシが駄目ですか? へへへ。
いやー、でもマーケットとして確実に力を持ってることが判明した今、ピンポイントでそこを狙っていくことは充分 考えられる訳で…。
考え方にごってるかしら。

で、そういう印象を受けた後になってからなんだけども、上杉と直江の主従関係っつったら、それこそBLなんて言葉がまだない時代にその走りになった小説があるじゃないですか! と、思い当たりまして。
懐かしい思いに駆られました。結局 途中で飽きて読まなくなっちゃったけど。長いこと続いたシリーズでしたし…。

人物こそ違えど、その関係性ももちろん違うのだろうし、でも、上杉と直江と言えばあなた、あいつらしかおるまい…。と、考える、ちょっと年端のいった腐の人が、きっと今いっぱいいるんだ。
すごいなー。
ていうか景虎は実際にいた人だから、ちゃんとドラマにも出てくんだな。うーん、見る目が曲がる。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-06 01:00 | 活字/漫画
あけましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします。

**********************

浜松行って、奈良行って、帰ってきて、カレンダー通りに月曜からまた日常です。
あはー。休みが終わるよーん。涙。
やだーん。

いやいや、頑張るけどね。
がんばるんば。

とりあえず、ご挨拶まで!
みんなみんなにとって素敵で平和な一年でありますように!
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-04 01:38 | 日々