<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
いしいしんじトーク&サイン会
いしいしんじ が久し振りに新刊を出しました。
それを記念して、青山ブックセンター本店にてトーク&サイン会。

行ってきました、晴れた青山。
仕事じゃなく行くのはいつ振りだろうか。
浮かれてて本をじっくり見るような真似は出来なかったけど、好きな本屋さんのひとつです。

今月アタマにも、オープンしたてのブックファースト新宿店で古川日出男との対談イベントがあって、ひと月に二度もいしいさんに会えるなんて、幸せすぎる。


髪が伸びてて、本人いわくブルックリンで使ってたシャンプーのせいでクリクリパーマに。
黒のジャケット(くまちゃんピンバッチ付き)に茶色いネルシャツ、サーモンピンクのパンツ(新宿の時も確か同じの)、見えにくかったけど多分ゴールドのスニーカー。
可愛い…。相変わらず可愛い…。

最近いしいさんが行っている「その場で小説を作って書きながら朗読」を中心に、新刊『四とそれ以上の国』の話がやっぱり大多数。
あとは、いしいさん自身の小説の書き方とか読み方について、もうすぐ京都に越しますって話、今書いてるもの、これから書くものの話。

よしもとばなな の『彼女について』を絶賛していて(いわく、今年No.1の小説)、読まなきゃ。と思う。あと谷崎潤一郎も。


メモ帳もペンも忘れて何も書き留められなかったけど、ただひたすら話に聞き入るっていうのも、気持ちよくて楽しかった。
結局は残ったものが大事なんだろな、とも思う。

トークの終了後にサイン会。
前々から思ってたけど、アタシは(例えそれがいしいさんとか、大好きな人のものであっても)サインをありがたがらない性分みたいだ。
例えば、本人にサインして貰えて握手やら写真やらが撮れて、ていう場と、何百人って人が聴講できる講演でしかも自分の席は後ろの方で、て場と、どっちかにしか出れません、て言われたら、おそらく後者を選ぶなぁ、と。

いや、そのサイン会でじっくり本人と話せます、てことだったら話が違ってくるけど、それが一瞬だったら、それよりもその人のことをもっと知ることが出来る方を選ぶんだなーきっと。
いしいさんは、サイン会だけってやらない人だけど(サイン本はいっぱい作る)、それだけだったら行くかどうか分かんないな。と思った。まぁ、たぶん行くけど(なんだよ)。

サインて、要は他人に対して「自分はこの人に会いました」て証拠だから、そんなもん、持ってても・・・ねぇ。いしいしんじ なんて若干マイナー(でもないんだけど)な作家なら、尚更。
でも、いしいさんはサインに絶対 絵を入れてくれるので、それを集めるのは結構 楽しかったりもします、実は。へへ。
所詮ミーハーですな。


新刊はこれから読みます。来週末かな。ワクワクする。
[PR]
by ling-mu.m | 2008-11-30 23:45 | いしいしんじ
子どもたちは夜と遊ぶ
カラダが本調子じゃないなー。と感じます。
ちっちゃいガタがいっぱい。
ちゃんとした食事をして、ちゃんとした睡眠をとって、それなりの運動をすればいいんだ。
分かっちゃいるんだ。
分かっちゃいるんだが…なぁ。

------------------------

長らく続いていた京極夏彦を読むぞ月間が何となく、フェードアウト気味に終了。
読んでる途中に人に貸してしまい、ずっと返ってこなくて催促して催促して催促して(そういうことが平気で出来る相手だった。そして全然 気に病まず借りっぱなしにする奴なのだよ)やっと返ってきた辻村深月『子どもたちは夜と遊ぶ』を読了。

この人のデビュー作『冷たい校舎の時は止まる』を読んでいた時と同じく、寝る前に読むと部屋の電気を消して寝らんなくなる現象ふたたび。
別に今回はそこまで怖くなかったんだけど・・・パブロフ?

救いようのない話だわ。
結末に至るまでの全部が、何かもう救いようがない。切なすぎる。
とことん救われない話なのに、でも最後は何だかキレイに終わらせてくれちゃって。
絶望させたまんまでは終わらせない。
そこが、この人の個性ではあるんだろうが。あるんだろうが、なぁ…。
(Wikipediaにも、アンハッピーエンドはほとんどないって書かれてるし)

ある意味、ハチクロミステリー版。人が死ぬハチクロ。みんな片思い。
あと、ちょっと色々、ずるい。
それ隠しとくのはナシだろ! ってのが、ちょいちょい。
もうちょい上手く隠してくれたら、あービックリ! 目からウロコ! お手上げ!
て、気持ちよく思えるのになー。
その辺、上手になって欲しいです。是非。期待してる。

乙一とかぶるな。て、ふと思った。
最近めっきり読んでないけど。

あと、すごくドーデモイイんだけど、高河ゆんの漫画に『子どもたちは夜の帝王』ってのがあったよなー。てこのタイトル(『子供たちは夜と遊ぶ』)思う度に思い出してて、でも検索に引っ掛かってこないからオカシイなーと思ってたら、『子供たちは夜の住人』でした。ニアミス。帝王は言い過ぎ。
『アーシアン』の続きって出てんのかしら。

b0026230_1533053.jpgb0026230_1535428.jpg
[PR]
by ling-mu.m | 2008-11-29 22:09 | 活字/漫画
お久し振りでやんす
めっきり舞台を観なくなってしまった最近。
ちょーちょー久し振りに、パルコ劇場にて本谷有希子。
『遍路』に続いて二度目。

嫌いじゃない。
でも、これを観るのだったら、ケラとか倉本裕とか、その辺の毒を浴びてる方がしっくり来るし気持ちもいい。
要は、相性の問題なんだと思う。

ていうか、この人は小説だとすごくイタい思いをさせてくれるのに、それが舞台だと削がれちゃう気がするのは何でなんだろう?
もっとイタい思いをさせて! て、Mのココロが叫ぶのです。
もっとえぐって、泣かせてほしい。

むせび泣きたい、今日この頃です。
あ、秋を感じてるな、自分のカラダ(ていうか、ココロ?)


-------------


いま、膝の上でチワワが丸まって寝ています。
何ていう癒し。
そう言えば、先住犬(ボーダーコリー)がいたことすら、ここでは報告していないんだったか。
妹と、犬2匹と、東京の端っこで暮らしています。

ボーダーの方は、先ほど血便のような真っ赤な液体を、まるで水道の蛇口からほとばしる水のようにケツから出しやがりまして、いま救急病院に連れて行かれてます。
何ともないといいのだけれど。

生き物飼うって、こういうリスクがあるから怖いよね。
[PR]
by ling-mu.m | 2008-11-04 01:33 | 日々