<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
東京夜話
b0026230_22505074.jpgお久し振りに、いしいしんじ。
昔、他の出版社から出ていたものを、新潮社が文庫化しました。
新潮文庫におけるいしい作品の装丁は、どれも素敵でとても好き。
いしいしんじ を愛してる人が担当編集者なのかな? と考えると、幸せな気分になる。

新潮社のような文芸の大御所出版社は、雑誌・単行本・文庫本で担当が別れてるんだって話を、就活中に何処かで耳にして、んー。やっぱデカイところはすごいわね。と思った記憶があります。余談。


東京の各地、例えば新宿、例えば浅草、例えば田町、いろいろな場所に「ちなんだ」短編がまとめられたもの。
氏のエッセイに近い(のであろうと思わせる)ものもあれば、小説といえる創作もあって、多種多彩。
最近の短編集とは、やはり一線を画した、
「今とは(作家としての)時代が違うものだな!」
と、ハッキリ分かる代物。

今では滅多に見られない辛口な表現とか悪態とか厳しい風刺とか、が、散りばめられていて、非常に興味深い。
若いなーいしいさん! って、何だかムショーに嬉しくなる。
でも、今につながる、静かだけど激しくて切ない物語もちゃんと含まれていて、ここを通過して今現在のいしいしんじ があるのだなぁ。
そういうことが知れて、やっぱりまた、愛しくなってしまうのです。な。ふふ。

いちばん好きなのは「クロマグロとシロザケ 築地」。
ううう。
もうその辺にゴロゴロしてる恋愛小説なんか目じゃないぜ! てね。
なりますよーもう。
自分以外の誰かに夢中になって切実になって、て、出来ないんだろうなー自分はきっと。
と、振り返ってみたりもするのです。

好きだー好きだー大好きだー。
次の新作、心待ちにしてますよー。
[PR]
by ling-mu.m | 2007-11-11 23:07 | いしいしんじ
TAKE OFF~ライト3兄弟~
先週の木曜日の話ですが、天王洲 銀河劇場まで行って来まして。
久し振りの観劇。
ものは、KKP♯5「TAKE OFF~ライト3兄弟~」。

去年も観に行きました。
いつまでもDVDにならんなーと思っていたら、再演をするという話だったのかい。
な、折角だから観ときましょ。と思い、チケット取り。


何で銀河劇場なんかでやるかっ!
というのが、3階席すみっこで観た者の感想。
本多でいいじゃんかよー。と、いうことを うじうじ言ってたら、しょーがねーじゃねーか! と、連れに軽くキレられました。はぁ、すいません…。

舞台が遠い。上から見下ろしたくない。
そこを除けば、まぁ概ね満足。

内容は昨年とほぼ変わらず。細かいギャグも割と一緒だったから、脚本をいじることはしなかったのかな?
再演ていうのも、小林さんにしてみれば多分 珍しいんだろうし。
大幅に手を加えてくることはないだろうなーとは予想してたけど、ここまでとは。

でも二度目でも面白かった。
流石に去年ほどひっきりなしに笑うようなことはなかったけど、アンコールでのテンション最高潮、は変わんなかったし。

うーん。やっぱ好きやねー。
ガチャガチャが無かったのが残念。100円玉いっぱい用意して行ったのにー。
[PR]
by ling-mu.m | 2007-11-04 18:42 | ラーメンズ