<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
クワイエットルームにようこそ
b0026230_23151666.jpg松尾スズキ・著。

今更かよ、的な読書をしているのは毎度のことです。読まないよりゃよかろうも。

松尾スズキの小説を読むのは初めてです。エッセイとか日記とかコラムとか、そういうのは ちょこちょこ読んでいるのだけど。
読書強化月間をはじめるキッカケとなったのが彼の「ギリギリデイズ」で、そこに描かれるウツ具合に少しばかり共感する表現が多かったので、それ以来 松尾さんの書く文章には敏感になっていたりする。
意外と小市民なところが可愛い人だと思う(恐れ多い・・・)。


オーバードーズ(薬の飲みすぎ)で精神病院の閉鎖病棟にぶち込まれた女の一人称。
短くて、さらっと読めるが自分の気分次第で結構ヘビィなものにもなると思われる。
語り口は軽妙。
それでいて もの悲しい。

同棲相手と喧嘩して泣きくれながら精神安定剤を致死量を越して飲み過ぎて、救急病院に運ばれて そのまま入院、そこで出会った色んな風に心の壊れちゃってる駄目な人たちとの交流。
もともと自殺願望のある人間ではない、つまり「精神病患者ではない」人間の視点で描かれる精神病院。
その視線はいたって「普通の人間」(=健常者?)に近くて、冷めてて上から見下ろしている。
世界観は非常にクリア。ドロドロしてても訳が分かる。余剰がない、感じ。
だから苦痛はそんなに伴わない(人によるかな)。

でもホントはこっちの人かあっちの人か、そんなんは紙一重で、それこそ輪っかになっててなんかの拍子に簡単に向こう側に行っちゃうんだろうな人間なんて、と思う。
境界線は限りなく曖昧で不透明で万人共通のレベルなんてものもなくて片足 突っ込んでるような人もきっといっぱいいる。
ある意味では、自分も彼もあの子もみんな、そんな状態かもしれないって言ったらそうだし。

みんながみんな、そういう認識を持って生きてたら、もう少し、世の中ってヤツは優しくなるのかもしれない、と思う。
相手の弱さを受け止める広さ。
でも、弱さを容認したら、きっと民族として国として、弱ってしまうんだろうなとも思う。

理想の世界、てのは難しい。
ユートピアを思い浮かべる時、今はかつてよりよっぽど、みんなで一緒のビジョンを持つことが困難になっているのだろうと思うよ。
だから、作家や芸術家や文化人でなくてもタダの人でも、心が壊れちゃったりするんだろうよ簡単に。
ひどく、生きにくい現世の断片を描いてる、そういう作品。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-07-31 23:31 | 活字/漫画
開放弦
渋谷はパルコ劇場にて、パルコ+リコモーション プレゼンツ「開放弦」を観に行く。
パルコ劇場は大好きな劇場なので行けるだけで嬉しい。
それに加えて作・倉持裕なのが、また嬉しい。演出はG2。後藤ひろひと と組んだ舞台しか観たことがなかったので、笑いが抑えめの世界観は少し新鮮でした。

キャストは、大倉孝二・水野美紀・京野ことみ・丸山智巳・伊藤正之・犬山イヌコ・河原雅彦。
なかなか豪華です。

上手に木造の古い一軒家、下手に積み上げられた土嚢と雲が浮かぶ青空のスクリーン。
舞台は農家。米作りを生業としている、東京には程近いだろう田舎。
仕事の傍ら、バンド活動をする遠山(丸山)・門田(大倉)・依代(京野)。遠山と門田は農家、依代は町役場の受付。かつて依代と遠山は付き合っていたが、遠山が、害虫のみならず稲まで食べつくす種類の鴨を繁殖させ、近隣の農家を壊滅的な状態に追いやり しかも莫大な借金を抱えた過去から、別れてしまっている。
依代はヨリを戻したがっており、しかし遠山は前触れもなく恵子(水野)と結婚してしまう。
不自然な二人の関係に依代は疑惑を持ち、事情を知る門田はイライラと二人を見守り続ける。
ところで彼らが結成するバンドの曲がインターネット配信でバカ売れし、CM曲にも起用される。
しかし、そんな折に遠山が車に轢かれ、右手が動かなくなるという事故が起こる。
事故を起こしたのはどちらも漫画家の進藤夫妻(河原・犬山)で、妻の素江は売れっ子だが夫の進藤は最後の連載が打ち切られたばかり。
二人は遠山の家に通いで訪ね仕事や家事を手伝うことで、罪を償おうとする。
そこへ、素江に仕事をさせようと担当編集者の木戸(木村)がやって来て彼女を連れ出そうとし、事態はそこはかとなく面倒くさくなっていく・・・。

と、いうような話。
遠山と恵子は偽装結婚で、恵子は農協の会長・安西(お金持ち)の愛人だったのだけど、おそらく妊娠を理由に別れを告げられ、遠山は恵子との結婚を条件に借金を肩代わりでもしてもらったのだろう、二人の関係はあまりにもギクシャクとしていて、おかしい。
しかし、そんな二人が、特に遠山が、気を遣いながら、どうにか相手に寄り添おうとする、でも事情が事情なだけにうまくいかない、そんな姿が絶妙。
せつねー。て、なる。
切ないのは彼らだけじゃなくて、若くて可愛くて今でも遠山のことが好きな依代のワガママで奔放なところとか、遠山と依代を心配してキレてばっかいる門田とか、魔が差して恵子に言い寄りたい進藤とか、進藤より売れちゃってることに何か罪悪感を感じてる素江とか、自分で空回っちゃって何でか知らんが素江が好きだとか言い出す木田とか。
いい大人たち、みんながみんな、不器用で馬鹿で切ない。

第一部85分、第二部55分。ちょっと長い。休憩のとき、すごく倉持さんっぽい話の進み方だけど、これは少し長すぎじゃないか? と、正直 思った。
が、二部を見終わってみると不思議とそんな感覚はなく。
あ、まぁ ちょうど良かったかも? なんて、騙された気分。

人間を真っ正面から描いているところが、倉持裕だなぁと思いました。

京野ことみ細い。びっくりする あの足。何。
最初はひっかかる「演技」がいくらか鼻に付いたけど、観ていくうちに薄れました。しょーもないお嬢さんというキャラが、よく似合っていたよ。
大倉孝二はいつもに増してキレっぱなしのキャラで、いやぁ似合う似合う。キレさしたら日本一だろ この人。しかもいい奴。曲がったことの嫌いな、小さい奴とも言えるが。いやしかし、友達思いの、実直な人です。
水野美紀は途中まで彼女だって気付かなくて、気付かなかった自分にビックリした。何かの台詞で彼女の声だ、て認識したんでした。恵子さんはずるい人だな。中途半端にオトナの女です。

多少 冗長さを感じなくもないが、ストン、と素直に入ってくる物語だったように思います。
ギターと鴨っていう小道具も満遍なく生かされていたように思う。
場転前の、それぞれの心象風景を表すような寂しい感じの演出も、効いてたし。
実はG2があんまり癖のある演出をする人ではないのか、と考えを改めました。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-07-30 22:59 | 芝居/舞台
読書強化月間再起動
ずどーん となってたのでコレはイカン!! と思い、いしいしんじ氏の「トリツカレ男」を再読。
ベッドで寝転んで読んでたのだが、読み終わり本を閉じた後、思わず正座して一礼してしまいました・・・。
わしづかみですよ、ホントに。
きゅう、てなるよね。
この本を子どもに読み聞かせることを強く勧めたい。
昨今はママさんボランティアが学校などでやってるらしいじゃないですか、読み聞かせ。
それに是非。小学校3年生ぐらいから、楽しめると思うのだけどね。
一冊を一気に読むんじゃ流石に長いから、一小節を1日で、5日ぐらいかけてね。読むと、いいんじゃないかしら。うん。
読み聞かせにはね、うん、適していると思うよ。大きい子どもにもね、結構。うん。

今日の電車で読んでいたのが村上龍の「ライン」(買ってすぐ行方不明になって、先日 再会を果たした)だったから、心がくすんじゃって仕方なかったのね、きっと。だから欲しくなったんだな、いしいしんじ が。
「ライン」は読みやすいけど、辛いね。暗くなります、正直に。

読書強化月間、ちょっとご無沙汰してたけど また始めないとね。
意識してないと毎日 読むってのは なかなか、できないものだ。アタシには。
お金つかえないから図書館を有効利用してね。
あー、学校から本 借りっぱなしだ。ポイントが溜まってしまう…返さなきゃね。また葉書きたら怖いからね。うん。

「文藝」にて、古川日出男の小説を初めて読む。
うーん、好きくないなぁ。
何でかは、追究中。文体を抜きで考えると、何でなのかなー。





さて、さてさて。
腐らないで、穏やかに、平常心で、がんばんないとね。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-07-28 01:48 | 活字/漫画
路地で迷子になる
この土・日曜日、子供のように汗みずくになって遊んでみました。見ず知らずの人々と。
アサヒ・アート・フェスティバルのなかに、隅田川左岸エリアでアーティストがパフォーマンスしたりするAAFすみだ川アーツのれん会というプログラムがありまして、更にその中の 京島路地あそび「Hi! Seek!」 という企画に参加してきたでありますよ。

隅田川を埋め立てて道路を作り、家々がこれでもかと密集して立ち並び、再開発を試みて頓挫し、そんな経緯で「ザ・路地」という感じの風景が残る場所、京島。
昔ながらの長屋が残り、廃れてはきているものの そこで生活する人は依然として存在する。町としても保存の方法を模索しているようで、そんな長屋に一泊してきました。
そんで、路地で かくれんぼ。

いやー、思った以上に楽しかった。
路地、長屋というキィワードに反応して自分にしては珍しく割と軽々 参加を決めたのだけど、予想以上に楽しくて素敵な時間が過ごせましたよ。

写真をアップするつもりでいたのだが、ケーブルが見つからん…。部屋が汚い・・・。

京島は家の建ち方がおかしい。
塀もなけりゃ柵もない、だから門なんてある訳ない。
ほっそい道は両手を横に伸ばすことなんか困難で、家の玄関が道なりに並んでるのね。
ホント、お隣さんとくっついてるようなもんじゃね? みたいな建ち方をしてる。
暑かったからみんな窓を開けて玄関も網戸にして、だからテレビの音とか喋り声とか漏れる漏れる。
人が、生活している。
ということを、肌で感じる場所でした。

かくれんぼしてる時もさ、自分が隠れるとなるとドキドキなのよ。
家と家のすき間にしゃがんでひそんで、家主に見つかったらどうしよー鬼の足音 聞こえたよ怖ぇー。ていう。
最近めっきり なかったものこんなにドキドキするの。
そして、負けたくなーい! て意地になるの。

プレかくれんぼと称して、人間が隠れる前にビールケースとペットボトル隠して見つけに行く、てのを やったんだけど、こっちもマジ真剣になりましたよ。目を皿のようにして探す、てこのことだと思った。
そして見つけた時の嬉しさったら、ないよ。
見つけられなくて答えあわせして ここ通ったのに!! の悔しさも、大きい。

朝は商店街の朝市でゴハンを買ったんだけど、肉団子10円とか、価格破壊があっちゃこっちゃで見れて、感無量。
日曜の朝から賑わってる様子も、いいなぁって思った。
朝市 終わるとみんな店閉めて日曜日モードになるみたいだけど。
私が肉団子スープを買ったお店は、若い女の子と男の子(高校生ぐらい)が元気に店を手伝ってて、やっぱりこれも いいなぁって思った。素敵よね。

参加者はみんな(トータル10人)学生(学部か院か)で、そんなデカい人らが走くり回ってるの見て、住民の人らはどう思ったろう。
不審な目を向けてた人も、いたかもしんない。
スイカの種を空き地に飛ばしてたら怒られたし。ごめんなさい。
でも、こんちわ、て挨拶すれば笑顔で返してくれたし、かくれんぼに協力してくれた人もいた。
長屋でわいわい やってたら、覗き込んで何してるの? て聞いてくる人もいたし。
そういう気軽さが、嬉しいよね。
なかなか触れられないですよ、普段の生活じゃあ。

ウチらが泊まった長屋の両隣はそれぞれ おばあちゃんの一人暮らしで、かったぽは96歳だって。未知の世界。
スイカを切るために包丁 貸して貰ったりしました。
昼間は近所の人らが様子見に来てたりして、それも嬉しいなぁって。

長屋はホントに隣の音が筒抜けで、プライバシーの問題なんかもあって、なくなってきてるみたいです。朝は、おばあちゃん家のテレビの音で起きたからね・・・。
間取りは六畳+二畳に台所、和式便所。押入れあり。結構、贅沢よね。ここに五人家族が住んでた、て聞いたときは流石にビックリしたけど。自分の部屋とかいう問題じゃないわ・・・。

参加者の皆さんも普段は触れ合わない分野の人たちだったから、交友関係の狭い狭い自分には、そこひとつとっても貴重で、有難かった。みんなキャラ濃ゆいし。
もともとAAFに関わってる人が大半で、まったく外部から参加、というのは いなかったのかな。アタシも実行委員をやってる人がmixiのコミュで宣伝してるの見て行った人なので(でも当日に会うまでアタシが参加することを彼女は知らなかった。ちょっと確信犯)。

まったくの部外者同士が集まってこういうことできたら、それは、何と言うか、すごく可能性を秘めたものになりそうだよね。
対象者が子供じゃなくて、もう大人って言える人たち、てのもミソなのだろう。
童心に帰る、て、あなどれない。大事なことだ。と、身をもって感じました今回の企画。
行ってよかった。また何処かで、彼らに会えたら、素敵だなぁ。



写真は、ケーブル見つかったら挙げまーす・・・。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-07-24 21:57 | アート的な
煙草を吸いすぎて気持ちが悪い
よくないなーよくないなー煙草の本数が明らかに増えてる細菌。のー、最近。
レポート期間だったから、という言い訳は通用しなさそう。
40歳までには禁煙しよ。

------

夏休み前のレポートはさっき終わらせた。オンデマンドで提出。
とにかく取り敢えず、出すものは出した。
終わった。

あと連作小説の担当分だけだけど明日に回す。寝て起きたら書く。そんで授業に持ってく。
一回につき5・6人が書いてどれが良いか投票して多数決でその回の一本を決めて次の人が続きを書いてまた投票して決めて…ていう繰り返し。その最終回。
収拾をつけようという思いやりが全く見られない展開が繰り広げられてきたので、ちゃんとシメられなくてもアタシに責任はないと思うの。うん。ないと思うの。
でもやっぱ書くからには選ばれたいよね、という本音。
人間だもの!
創作する奴なんか自己顕示欲の権化だっつーね。そんでそれを認められたいっつーね。
公表しようがしなかろうがね。

------

夏休みだなぁ。
バイトの予定しかないなぁ。
金沢いつ行くかなぁ。
青森も。
結局また同じところに行くのかい…。まぁ それも、よかろう。うむ。

さしあたって今したいことは いしいしんじ作品の読み直しですな。
「プラネタリウムのふたご」読もう。そんで泣こう。
まだ泣けるかしら。

「ゲド戦記」観に行かなきゃ。

------

懸案事項いろいろ。
スルーしようと思えばあらかた出来ますけど。
立ち向かってみるかね たまには。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-07-21 02:58 | 日々
これは恋だなぁ。
いしいしんじ特集の「文藝」2006年秋期号を買う。
対談、ロングインタビュー、旅行記。
ぎっしり みっちり、いしいワールドを読み解くヒントが詰まってて、非常に嬉しい。

こんなに好きになる作家って、そうそう いない。
三崎のおうちを訪ねたい。
お友達になりたい。
いや、いっそ、園子さんになりたい。
(園子さんは、いしいさんの奥さん。いしいさんを通して語られるこの人も、素敵な人です。)

これは もう、恋だなぁと思うよ。

でもねぇ、いしいさん自身にも、なりたいよね。
正直ね。
とても とても、憧れるよね。

何で好きかって言ったら、自分じゃ絶対できない生き方をして、自分じゃ絶対 書けないものを書いてるから、だから好きなんだけどさ。
それでも やっぱり、いしいさんになりたいなぁ、と、思って、しまうよね。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-07-19 01:02 | いしいしんじ
くっそー。
そうそう上手くいかないものだな!
何事もな!
くっそー…。

ツキを呼び込むペンダント☆ とか、身に付けてみようかしらん。
熊野の霊力を封入! みたいなヤツ。

てか、熊野、行きたい。
鬱蒼とした山に入りたい。
植物に囲まれたい…癒されたいのかアタシは?
プリーズ マイナスイオン。

癒し、がブームを通り越して常に求められるものになって久しいけど、癒されたい、ていう感覚を理解したのは関東圏で生活するようになってからだった、ということを今ふと思い出したよ。



あー。あー。あー。
振り回されてるなぁ。
くっそう。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-07-14 00:28 | 日々
熱い大人に会う
何故か落ち気味なので、ゆらゆら帝国をBGMに。
南ちゃん、ゆら帝は なかなかアタシの揺れに合っていたようです。感謝。

------

某所にて、吉良俊彦さんの話を聞く。
元・電通マン、イベントや雑誌のプロデュースをする人。という理解で、合っているのか。
職業って簡単にカテゴリ分けできるものじゃないんだ、と気付くのは大抵 高校を卒業した後だと思うが、どうか。
今は独立して色々 楽しくやっている人みたいです。
とても熱くて、2時間が早かった。

「夢を形にする編集術」というタイトルで授業。聴講するのは編集者・ライターになりたい人たちが沢山。
具体的な編集術は語られず、とにかく「右脳を使えよ!」と さかんに言ってらっしゃった。
そのためのゲームなどもいくつか。
あと、現代のメディアについての講習が最後に少し。
これは彼の著作「ターゲット・メディア主義」にて既習。しかし、本を読む限りでは おんなじこと何回も繰り返しおって このおっさんは! という印象が強かったので、目をキラキラさせて喋る本人を見れたことは とても大きいと思う。

吉良氏の主張は一貫しているから分かりやすい。そこは有難いし凄いし偉い、と思う。
とにかく これからはターゲット・メディアな訳だよ、団体で動く時代じゃないんだよ個人が個人として扱われて ひとりひとりが能力を発揮していく、そういう時代なのだよ! という持論。
テレビが嫌いなんだそうです。大衆相手だから。団塊の世代も、何だかんだ言って嫌いなのかな。

もっともだなぁ、と思わされることが いっぱい。
しかし、それは まだ理想に過ぎないでしょ? ということも。
テレビを面白いと思ってる人も沢山いるし、社会が個人主義に向かっていくというのも、まだ体制を整えてるような状況だと思う。
勿論そんなことは周知の上で理想を熱く語ってくれたのだろうが。

要は、そういう信念を持って仕事をする、てことが大事なのだろうな、と学習。
見習おう。
「悔しい、負けたって思うことが大事なんだよ!」有難い言葉です。
台詞の端々をメモった。今日はいい台詞を沢山 聞いたと思う。

熱い大人、てものを久し振りに見た気がする。
大学の先生たちは、情熱があるけど やっぱりちょっと社会で働いてる人とは違うかな、という感じの負のオーラがあるから、なかなか熱いヒトっていない。
バイト先も、そういう社風ではないから特に熱い人はいないし。

熱い大人を一番 見ていたのは、予備校時代だった。
講師のキャラで売ってた代○ミ生だったし。
みんな熱かったな。その熱さが嬉しかった。
とにかく毎日のように、頑張んなさいよ受かったら好きにできるんだからね、ということを聞いていた。友達がいなくて目標のある浪人生は、勉強するしかないから。真面目に真面目に授業に出て、画面の向こうで喋る人たちから学ぶ日々。
健全なのか不健全なのか。
でも一所懸命だったのは本当。
あの大人たちの熱さが、救いだったように思う。
そんなことが甦った授業。
常に何処かへ行こうとしている、そんな人はとても魅力的ですね。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-07-08 00:10 | 日々