<   2006年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ウィー・トーマス
渋谷はパルコ劇場にて「ウィー・トーマス」を観劇。
英国の劇作家マーティン・マクドナーの戯曲を、長塚圭史が演出。翻訳もやってんのかな、と思ったら違う人でした。流石に忙しいし、無理か。

翻訳劇を観るのは、割かし珍しいかと思います。
テレビで海外もののドラマ(ERとかフルハウスとか)を観ると感じる言語への違和感は、やはり舞台にも同じように存在し、しかし別にそれが不快とか嫌いとか言う訳ではなく、それはそっれとして、楽しみます。
でもやっぱ喋ってるのは日本人だからな。入り込むのは、少し大変。

2003年に初演したものを、キャストを変えて再演。
この初演時のキャストがさー。北村由起哉に中山祐一朗に板尾創路、ていうヒトビトで、もう断然そっちの方が惹かれる訳ですが、今 言っても仕方なし、と。その頃のアタシは受験生だ。

ウィー・トーマスという名の黒猫が死んだところから物語は始まる。
彼はパドレイク(高岡蒼甫)が五歳の頃から唯一の友として可愛がっていた猫で、何者かにより頭を潰されて惨殺。死体を見つけたデイヴィー(少路勇介)がパドレイクの父・ダニー(木村祐一)のもとへ連れて行くが、きちがいパドレイクと呼ばれるクレイジーな息子の猫が死んだとあって、二人は その事実をどう隠そうか画策する。

ドタバタ劇。と言うと、いささか軽いか。
ものすごいブラックコメディーですよ。黒い黒い。もー真っ黒ですよ。
いたーい痛い痛い痛い痛いってば! てなる。
心理的にもだけど、物理的に。いや、物理的には痛くないんだけど、でもやっぱり何か、皮膚感覚として。とても痛い。
銃がぶっぱなされる度にびくつくアタシ。なんでこう正視できない舞台を作るか長塚圭史…。
サドだなーと思う。

マッドな人ばっか出てくる芝居でしたよ。
パドレイクもダニーも、パドレイクを殺そうとするクリスティ(堀部圭一)もその仲間も、パドレイクに恋するマレード(岡本綾)もみんな。みんな狂ってる。
狂ってる人間て、本人は気持ちがいいんだろうね。ワガママし放題だもんね。
それを目の当たりにする、もしくはそのワガママの対象になる真人間は、どうしたらいいのか、という選択肢すら与えられずに、繰り広げられるワガママな惨劇に晒されなければならないのだね。実に理不尽なハナシだ。
幸い、物語中には真人間はいないから、そういう理不尽さは観客のみが被ればよかったけども。
いちばん真人間ぽかったデイヴィーも、結局はマッドな部分を持っていて、だから正気を保てていたのだろうなと思う。
こういうキチガイ沙汰は、日本人でも成り立つだろうか?
・・・・・・どうだろうなー。
まず、銃で簡単にぱーん! てのが、日本人には似合わない。かと言って、日本刀や包丁じゃ、この芝居のようなスピーディーさは出ないから、小道具として考える余地がある。まあ、小道具なら構成いかんで何とでもなるとして、気狂いな人が殺しあう状況。
うん、別にいけるか。いけるなー。国は関係ないのか。
長塚さんが去年やった「LAST SHOW」だって、ある意味キチガイ沙汰だし(アレは真人間が巻き込まれている構図だったけれども)、ていうか、芝居なんて大体がキチガイ沙汰か? と考えると、確かにそう言えてしまうような舞台がチラホラと浮かんでくる。
そうかー。なるほどね。

かるーいノリの、しかし根底には何っか暗ーい淀んだものが流れてる、そんな芝居でした。
二時間ていう時間もちょうどよくて、コレは結構オススメかも。パルコ劇場いいところだし。
A列だったので一番 前かよーと思っていたら、前三列は増設用にかな、XYZ列だったので、結果的になかなか良い席で観れたのでした。よかった。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-06-30 00:02 | 芝居/舞台
夏だね
残業代が出ないんですけど。どゆこと。

-----

鬱蒼とした森とか海に映える夕日とか富士山にかかる雲とか、を、見て、テレビで。
がーってボルテージ上がって、うわぁーどっか行きたいなーって久し振りに。
無性に、思って、そういうの見て、ひとりだったら、何か素直に涙も出てくんじゃないかな。
なんとなく泣けないまんま泣けないまんま、寂しいんだか何なんだか、ぐるぐるしたもの全部、流れてったり。しないかな。

いつか世界まるごとひっくるめて一緒くたに、愛せる日が来たら奇跡。
奇跡は叶わないから奇跡って言うんだよ、てんなら、じゃあ、そういう夢?
そんなピンクいものじゃないけど。
でも手に入れられたら、てどっかで。
大事で大好きな人たちをいなかったみたくして、みんな木っ端微塵になってシネバイイ、て思う瞬間、なんて、もう一切 関係ない向こう側の世界、ていう日が来たら。
笑って生きられるんじゃないかな。違うかな。
大事なのはどうやったらそんな日が来るか、て、そこか。そりゃそうか。
シアワセになりたいだけだよ。
寂しいのは嫌だなー神様。

-----

スピッツが染みる季節。
夏が来るね。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-06-29 00:09 | 思慮
LOVE×六〇〇〇度
通い始めて一ヶ月になる某所にどーしても行きたくなくて、でも だからと言って家でうだうだしてるのは駄目すぎる、何かインプットしに行かにゃあ、てことで、文芸専修夏季講演会「LOVE×六〇〇〇度」に行って来ました。
なかみは、三島由紀夫賞受賞者である鹿島田真希と古川日出男の対談。

土曜日に学校に行くなんて、一年の時 以来かもしんない。
割と人がいて驚きました。もっと閑散としてるイメェジでしたが。
だもんで、参加者もそんないなかろうよ学校に来とらんだろうし、と舐めてかかってたら意外にも大入り満員・立ち見が出てまして二度ビックリ。
何人 入るのだ あそこは・・・200人ぐらい?

タイトルがいいなーと思っていたら、それぞれの三島賞受賞作の掛け合わせでした。
鹿島田氏が「六〇〇〇度の愛」、古川氏が「LOVE」。どちらも未読。
できるなら「らぶ・かける・ろくせんど」ではなく「らぶ・ろくせんど」と読ませて欲しいところ。
でも司会者や本人たちは「かける」をいれていた。気持ち悪いでしょー語感がっ。

古川市の「ベルカ、吠えないのか?」の文庫化を待っているのだが、まだだろうか。
日本も海外みたいに違う版型の本を一気に出すようにして欲しい、と森博嗣が自身の日記で言っておったが、全くその通りだと思う。


対談を聞いて思ったこと、作家って羨ましい職業だな!
まったくもって本当に。
古川氏はなかなか頭のキレるお人のようだ。大して鹿島田氏は、ゆっくり噛み砕いて物事を消化するタイプのように思えた。かと言って反射神経がない訳ではなく、きちんと言葉が出てくるところが、彼女がプロたる所以なのだろうか、と思いましたね。

二人の話からは、今自分が目指している編集者についての言及もみられて、編集者にはこうあって欲しい、ていう作家側からの要望というか、そんな話ね。覚えとこ、と思いました。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-06-24 23:15 | 活字/漫画
ぶぃーーーん
て、トトロでカンタが言うアレね。模型飛行機 振り回しながらね。
だーれかきたんけー?
しらねー。
て、ばあちゃんと会話するとこね。

------

はー先週の土曜日以来ゴキゲンな一週間でしたわよ。
賢太郎さんパワーすごい。我ながら乗り易すぎだろ。
モチロンそれだけじゃなくて、ひとつひとつがテンション上がる出来事な訳だが。
しかして土台に賢太郎さんがいるという事実は、並々ならぬチカラを持っていたのです。
ま、気分害してプリプリしてる時もありましたけどね当然。
あと3日ぐらいはもつかなーこの浮かれ模様。

------

今日の飲み(飲み? 会合?)は、はしゃぎすぎの感があり、反省。
目指す女はジーナさんだということをコロッと忘れがちな最近。いかんいかん。
とは言え、芝居が好きな人たちと会えるというのは、特にそういう話をするでもないのに嬉しい出来事だ。うん。
少しモチベーションが下がっていたのか、自分の未来像というか行く先というか、そういうものが あやふやになってて不安を感じていたので、ちゃんと足元 固めなおせた気がする。

働きたいぞ と 家を建てるぞ ということは、しつこく言い続けていこうと思う。

------

今日の収穫、金の鉛筆。
ご褒美って好きだ。ヤル気になるから。
褒められたくて何かする、というのはいけないことか?
動機のひとつとしてはアリだと思う。それが最上級あるいはそれだけ、では駄目だけど。
評価されたい、認められたい。
そういう欲求に拠って頑張る、という方向に行きがちな思考。
今はそれでいいだろ、ということにしておく。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-06-18 01:37 | 日々
髪を切りにゆくよ。
ホットペッパー手に入れそびれた。ちっ。
でも ものすごい衝動で髪を切りたいので、来週の火曜日に美容院に行くことにする。

------

某先生が、毎回のように授業で市川拓司の「いま、会いにいきます」をけなすのが、個人的にとても面白い。
そこまで嫌わなくてもいいのに。嫌いだとして、そこまで生徒に誇示しなくてもいいのに。
ヒットしたのが、我慢ならんのでしょうな。
笑える。

------

学期末のレポートの話がちょいちょい出始めて、ああ夏休み近いのねと感じる。
去年の夏はキセキみたいに楽しかったことを、思い出すなぁ。

------

今週末はなかなか懐かしい人たちに会えそうで楽しみ。
土曜は編集・ライター講座を受けた後に。日曜は片桐仁の舞台を観た後に。
いつもは帰るだけ、のルートが変わるのは、嬉しい。
バイトじゃない予定を重宝する大学生。どうなのそれ。

------

ざわざわしい。
不本意だなぁ、非常に。
平常心でいたいのに。
こっちからは触れられないものにだけ感動して喜んで、安全地帯にいたいんですよ。
マイナスにはたらく感情は要らない。ブレないように、ブレないように。
そうもいかないからーメンドクサイのよね。

------

藍川さとるの「晴天なり。」シリィズ(少女漫画)を久し振りに読み返す。
何度 読んでも あっちこっちで、自分の感覚に合致する。嘘みたいにぴったり。
同人誌っぽい しゃらくささは好きじゃないけど、それを差し引いても面白いんだよなー。
もう描かないのかしら。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-06-16 01:41 | 日々
大倉山記念館
火曜日、ちょっと用事があったので、足を運ぼう運ぼうと思っていた大倉山記念館に行って来ました。
横浜から、東急東横線で10分。
駅を出て急な坂をえっちらおっちら歩くと、みっしり茂る木々の中にそれは建ってました。
b0026230_22262947.jpg
白亜の建物。

TIFでお世話になった方がスタッフをやってるので、久し振りに語りがてら案内と説明をして貰いました。

昭和七年造、だそうです。古い。そんなに大きくはないです。
外観は西洋、内装は東洋、当時の前衛的建築家が自身の集大成として建てたもの、だとか。
b0026230_22342456.jpg
中はこんな感じ。獅子と鷹。雄々しいなぁ。
b0026230_22354578.jpg
玄関。
間口は広くないが、出入りはなかなか激しかったです。
散歩ついでにギャラリィに入ってみたりすんのかな。
b0026230_2237241.jpg
廊下。
写真で見ると学校みたいね。実際はそんな感じでもないんだけど。

b0026230_22391160.jpg
通常は立ち入れない所にも入れていただく。
木々の向こうに見える街。写真じゃあんまり分からないけど、なかなかの絶景でしたよ。
鳥の糞が凄かったけどねー。尋常じゃなかった。掃除せにゃー、て言ってました。是非。


山の中の公園の中にありまして、前庭では小学校にあがる前の子供たちが集団で遊んでおりました。
いい環境だ。

記念館自体は貸し館です。
集会室やホールやギャラリィを構えていて、えっらい安い料金で貸している模様。条例で決められていて、勝手に変えられないんだそうだ。
稼働率は70%ぐらいだと言ってたので、まぁ動いている方でしょうか。
これから色々 企画はしていきたい、とのこと。
住宅地の中にあるカルチャー発信の場として、楽しいことをしてくれるといいな、と個人的には思います。

公園をぐるっと。
b0026230_22423076.jpg
今は何処も紫陽花が盛りですね。白いのは珍しくない?
b0026230_224342100.jpg
鬱蒼としてます。夏は蝉がうるさそうだ。
b0026230_22445046.jpg
もっかい紫陽花。キレイね。
b0026230_22455265.jpg


就活の話なんかもできて、アタシ的には満足して帰りました。
いいスポットを手に入れた。たまにぼんやりしに来ようと思います。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-06-14 22:53 | アート的な
きーもーちーわーるーいー
アセトアルデヒド脱水素酵素が足りない。誰か売ってください。

昨日は結局 興奮が冷めやらぬまま4時まで眠れず、6時起きでバイト行ってそのままバイトの飲み会。
すっげー楽しかったけど二時間睡眠の身には なかなかキッツイ。
楽しかったからいいけど。
でも頭痛くて死にそう。
お酒に強くなりたい。切実に。
オヤジさん のんべぇなのに何でその遺伝子は伝わってないんかなー。
参っちゃうな。


あー青い鳥 降ってこないかな。
黄色いハンカチ持った人が訪れてくれないかな。

ある種の幸せを手に入れるためには それなりの資質と資格が必要なんだな、きっと。


久し振りにざわざわ。
落ち着かないなー。
パーンとどっかでぶっちゃけられればいいんだろうけど。
そうもいかない性分だから、内に内に篭るんだろうよ。
面倒くさいなーもう。
めんどいめんどいめんどい。雌鶏。どすこい。
ぎにゃー。
やんなっちゃうなーあ。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-06-12 01:05 | 日々
TAKE OFF
まだ あんまり落ち着いてないけど新鮮な気分をぶつけるのさっ。
KKP♯5「TAKE OFF」を本多劇場にて堪能。
下ふたつの若干 冷静さを欠いた記事は、古い方から開演直前・閉演直後の投稿でございます。
開演前に期待がどーんと膨らんでテンション上がってることは それなりにあるのだが、ケータイ投稿までしちゃって、相当 舞い上がってますね4時間前のアタシ。
閉演後にやたら満足してテンション上がってることも それなりにあるのだけど、これまたケータイ投稿なんかしちゃって手のつけられない浮かれっぷりですね2時間前のアタシ。

いやさぁ、だってチケット取れないんだもん小林賢太郎 関連。
今まで取れなかったんだもん ずっと。
そりゃ嬉しいべや。
例え隣に片桐仁がいなくても!
いてくれたら最高ですがね。

ナマの舞台の気持ちよさを、久し振りに体感。
ブラックボックスの中に満ち満ちた笑いの空間で、隣りの他人と同じものを視線の先に捉えながら喜べる不思議。
音楽ライブの雰囲気とよく似ているなと思う。
ここに充満してるパワーで、何かでっかいものを動かせそうな気がする、という錯覚を覚えるところが。
カーテンコールで総立ちして手をたたいてた時なんか、特にそうで。
すごく楽しかった。

出演者はおなじみ久ヶ沢 徹とコバケン、そして村上淳のピンチヒッター・オレンヂの三人。
コバケンでかーい。身長が高いのは知ってたが、どうもちっちゃめで想像してた模様。
久ヶ沢さんは予想通りのデカさと筋肉。
そして何気にこの人は芸が細かい。小芝居が上手い。これは多分その場の空気を通してしか伝わってこないことだから、収穫としてはとても大きい。ナマだからこそ分かる息遣いをする人だと思う。
オレンヂはちっちゃい。二人がでかいから尚更ちっちゃい。自分と並んだら多分 同じくらいなんだけど。

片桐仁が出ている芝居を観る時、アタシはいつも客観的にその舞台を見ることができないのだけど、コバケンに関しても同様でした。
DVDで観ている限りでは割と落ち着いていて、笑いながらもがっぷり喰らいついて見る、という感じではないんだけど、舞台となるとそんなことは到底できず、ただただ繰り出される笑いの波に身を投じて たゆたうばかり。
しかし それの何と心地よいことか。
だから それは良しとしているのです。そんだけ自分にとって特別だっていうバロメータでもあるし。

一番 笑ったのは久ヶ沢×オレンヂの絡みかな。筋トレマシンにオレンヂ、もとい阿比留(この字か?)が座ってて織部がプロテイン塗るとこ。
小林さんが一生懸命 見てるのがまた面白かった。
アドリブなのか脚本なのか、小林さんの芝居はそれが読めないので、是非KKP作品の戯曲集を出して頂きたい。

ストーリィは、今回も小林さんらしい、単純で明快で優しさと機知に満ちたものでした。
小林さんの作品づくりには、学ぶところが大きい。色んなものに興味を示すところから始まっているその姿勢に倣わねばな、と強く思いました。


あーもう一回 観に行きたい。何度でも観に行きたい。
当日券 並んじゃおっかなぁ。

b0026230_23274098.jpgガチャガチャはRahmensでした。
何が出ても嬉しいから特に感想はない。
無くすの嫌だから付けれないなー。でもどっかに付けたい。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-06-10 23:29 | ラーメンズ
だだだだっだだっだっだだーん!
ハイご機嫌!
うはーうはーやーばい楽しかったよコノヤロー。
何だよもー笑い過ぎたよまったくもー。
タガが外れるとヒキ笑いしちゃうんだからやめてよねー。
でもいっぱいいたよヒキ笑い。うは。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-06-10 21:18 | ラーメンズ
ふははは
テンションあがってるからケータイ投稿なんかしちゃう。
ナマコバケン! ナマコバケン!
ラーメンズ公演じゃないけど取り敢えず記念すべき!
楽しむぞーやっほー。
やるつもりなかったのにイキオイでやっちゃったよガチャポン。
あー客層 若いなぁ。一人ぼっち ちょっと寂しいなー。
愛すべき人を舞台で見れる喜びを久し振りにひしひしと。
楽しむぞーわっしょい。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-06-10 18:56 | ラーメンズ