<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
終わっちゃったさー。
一月半ばから関わっていた東京国際芸術祭2006が、先日「冬の花火、春の枯葉」の千秋楽をもって全公演終了しました。

長かった。早かった。
色んなことしました。
今まで自分がしたことないことを、いっぱい。
カッティングシート切ったりプラスチック段ボール切ったりクーポン交渉したり動画編集したり。
大変だった。楽しかった。

自分が割と気付かない子だって落ち込んだり、それなりに使える子だって喜んだり。
でもやっぱり、できないことばっかだった。
英語喋ったりパソコンに強かったり、そういうことがサラッとできる人は重宝されるんだなって。
何となく場を仕切ってテキパキ物事を進めるのは実は結構 得意技だけど、何かひとつ、これっていうものを持ってないと駄目だ。本当に駄目だ。
アタシは本当に凡人だ。
劇場にいる人ってみんなアーティストで職人だから、そういう人達を目の当たりにして過ごしていただけに、何も持っていない自分が恥ずかしい。
取り敢えずは、イラレを使えるようになること。
語学はその後。嫌いだからさ・・・。

頑張って、なるべく色んな人と関わりました。
人と関係を持つのは非常にやっぱり、どうしても難しいことだけど、それでも、大きな成果はあったと思う。
だって、これからもきっと連絡とって会うだろうなって人がいるんですもの。それってすごくデカい。アタシには。
色んな人がいた。
好きな人も嫌いな人もいた。
でも、どの人にも出会えてよかった。
仲良かった人も仲良くなれなかった人も、これから会う機会がある人も一生もう会わないだろうなって人も。

演劇の話が沢山できてよかった。
自分の勉強不足が痛感できてよかった。

楽しかった。楽しかった。
今 思えば、全部そう言える。
やって良かった。
いい春休み過ごした。
よくできましたのハンコを、自分にあげてしまいましょう。
オツカレサマでした。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-03-29 21:23 | 日々
4.48サイコシス
ああ残念キタイハズレ。
途中で帰る気持ちも分かるわ・・・(マナーとしては眉をひそめますがね)。


太宰もうすぐです。
あと一週間。
クラブ斜陽においでませ。
ご予約のお声をお待ちしております。
マジで!
[PR]
by ling-mu.m | 2006-03-19 01:41 | 芝居/舞台
風が強かったらしいよ
旅行のこととかTIF観劇のこととか、記しておくべき出来事は沢山あるのだが書けないままに月日が過ぎていってしまうよ。
でも書く元気が湧かなーい。

最近はバイトが辛くて しょんない。
という気持ちが影響してか、小さいミスをぽこぽこする。
で、怒られてへこんでテンパってまたミスをする。
学習してくださいよ。
他人にへりくだることに疲れてしまったらしい。接客はどーぉも向いてないのね。
それでもずるずると続けてしまって、気付けばもう一年半ですか。早いなぁ。
今が辞め時なのかしらー。
と、思いながらここまで来てしまったのだけどもね。
どうすっかなー。


成績表その他モロモロ、バイトの前に大学に取りに行って怖いから見ないでそのまま放置してバイトして、帰りの電車内でしぶしぶ確認。
お、意外と取れてんじゃん。
四年間で卒業の見込みは充分にアリ。よかったー。
もうホント学校 行ってなくて、一応テストなりレポートなりはやったけど、それやれば何とかなるもんだね。
さんねんせいはまじめにがっこういきますよ。ほんとうですよ。
でも春は人が溢れるから嫌だなー。来るなよ(違)。
さてさて今年の科目登録は希望通りいくかしら。


タバコ税あがるのって四月でしたっけ。
カートン買いしとこうかな。


あ、明日 大人計画の前売り発売だ。やべぇ忘れてた。思い出してよかった。起きなきゃ。
先行はことごとく外れてますけど どうなることやら・・・。
新感線も取れなさ気ムンムンですなー。
あぁ やだやだ。


明日から西巣鴨ではサラ・ケインの「4.48サイコシス」が始まります。
仕事しついでに観て来ます。
ドキドキだな。
太宰治の戯曲・短編で構成された「冬の花火、春の枯葉」も間もなくです。
チケット予約 承っておりますのでお気軽にどうぞ。
アタクシ何度か稽古場についておりますが、興味深い芝居に出来上がっていっておりますよ。
当日は劇場に足を踏み入れた瞬間、「クラブ斜陽」が貴方をお迎えいたします。
昭和なモダン。素敵ズム。
いらっしゃいな。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-03-17 22:49 | 日々
夢の城
ケータイの待受画面を中山祐一朗にした。
やばい、どきどきする。

---------

バイトして西巣鴨で時間潰して新宿へ。
ポツドールの新作「夢の城」をTEATER/TOPSで観て来ました。
行こうかどうしようか迷って行かない方向にかなり傾いてたんだけど絶対また後悔するんだろうな、と思って結局 行きました。

うーん。
前作「愛の渦」の方が面白かった。かな。

深夜の時間が表示されたスクリーンが開くと、アパートの一室。ワンルーム。
目の前にはベランダ。室外機もちゃんとある。閉ざされたガラス窓の向こうに、ギャルっちい男女。
壁にはジャニーズとかBOAとか、ポスターやら切抜きやらが貼られている。ALBA ROSEのステッカーも。
上手側に玄関と台所。中央にユニットバスに続く折りたたみドア。下手側に押し入れ、テレビ。
部屋は汚い。ものすごく汚い。
いつかに敷かれたままきっとずっとそのまんまだろう布団の上で、各々にくつろぐ彼ら。
声は聞こえない。
談笑したりゲームをしたりしている。そのうち、エッチしたり取っ組み合ってケンカしたりし始める。
玄関から誰かが帰ってきたりして、あっちでもこっちでもエッチしてたりして、何やかんやでみんなで取っ組み合いになって、暗転。
早朝の時間が表示されたスクリーンが上がると、ガラス窓と室外が消えて、部屋と客席の空間が繋がる。
しかし、役者はもう声を発しない。
台詞は一切ない。彼らは全く会話をしない。
出る声は笑い声か喘ぐ声。
寝たり起きたり、出て行ったり入ってきたり、そんなことを繰り返す。

そんな感じ。
色々 述べる体力が無いから、えぐかった。とだけ。
マイノリティもマジョリティもないのかも知んない。なんてことを考えながら帰った。
これで3300円は、高いな。シベ少と天秤にかけたのは間違いだったかもしんない。
でもきっと次回公演も観に行っちゃうんだろうな。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-03-03 00:03 | 芝居/舞台
ストロベリークリームと火薬
ねむい。

----

TIF公演、本日からエルサレム出身の振付家、ヤスミン・ゴデールによるダンス作品「ストロベリークリームと火薬」が始まりました。
前売りチケットが完売してる回もあるという嬉しい事態になっております。
当日券 目当てのお客様もぞくぞく。
雨降って寒い中、沢山の方に来て頂けたようで、何より。
アタシは他の日に観る予定だったんだけど、昼から西巣鴨にいたので、ついでだーと思って観たのでした。

上演時間80分。
生でギターがかきならされ、スピーカーが目の前1メートルという大音量の中で観て、それでも、それでも寝た・・・。
80分のダンス作品を観る体力もないのかアタシは・・・。

結構エグい作品だよ、という話を聞いていたのですが、そうでもなかった。
確かに、暴力的だなという印象は受けたし、政治的・社会的なことを明確にメッセージとして伝えたいのだろうなぁ、ということも分かった。
他人の体を翻弄する人たち、抵抗もせず されるがままの人たち。
持ち上げられたり転がされたり脱がされたり殴られたり。
激しい動きの中に見えるのは、確かに悲劇的で痛ましい世界。
でも、80分も観てしまうと、そうも慣れが生じるというか、飽きるというか。
その「慣れ」も含めて、表現したいことなのかもしれないけど。
感覚の麻痺により起こる、悪を許す もしくは見てもスルーしてしまう状況。
そういうことは、確かにあるが。

解釈したい答えが欲しい、ということをいつも言っているくせに、明確なメッセージをこめられても、なんだか しっくりこないというか、まぁ要は、面白かったー。て言えないのが悔しいのだろう。
面白くないことはなかった。
七人によるダンスなんて、今まで見たことがなかったし。比較的 狭い所でばかり、ダンス作品は観てきたのだなぁと気付く。
しかし、手放しですごかった! とは、言えない。
やっぱり、ダンスを楽しむことは難しい。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-03-01 23:39 | 芝居/舞台