<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
再演A。キミのなかのボクのこと/Angela!
今日は半オフ。
芝居を二つ観ました。どっちも ご招待。気分いい。

一本目はTIFリージョナルシアター・シリーズ三本目、札幌の劇団・SKグループによる「再演A。キミのなかのボクのこと」
前二本が正直 残念なものだったため、観ないでもいいかなー広報の仕事も残ってるしなーと思ったのですが、なんとチケット完売の回も出て、非常に好評を博している様子だったため、こりゃ観とかにゃ、と。
時間ぎりぎりに着いてみたら今までのリージョナルが嘘のようにぎゅうぎゅうの客席。
おーこりゃすげぇ。
期待しながら暗転を迎える。

登場人物は四人。
断片的に記憶を無くしてしまう障害を持つ晶と薫。
彼女と彼のもとに、ある日 誠という名の少女がやって来る。
彼らはかつて重大な罪を犯し、しかし犯行時の記憶が無いために裁かれることはなく、治療という名目のもと、病院に隔離されている。
彼らのもとに、毎週月曜にやって来る自称ジャーナリストの男は、彼らの実体験に基づくルポルタージュを本として発表することにより、犯罪を犯した障害者の現状を世間に訴えたい、と言う。

晶は大人の男が何故だか怖いと言って、その男に会おうとはしない。
薫は自分を施設から出してくれると信じ、その男をひどく慕う。
彼には他人には聞こえない音楽が聞こえ、声が聞こえ、行列をなすハタラキ蟻が見えてそれを潰さずにはいられない。
嗜好や思い出のひとつひとつが、あまりにも似すぎている晶と誠。
誠は、卒業式の帰り、バスに乗っていたところで記憶が途切れていると言う。
彼女は晶に、今は2010年だと告げられ、四年分の記憶をなくしていることを知る。

しかし、真相を男が暴く。
彼は誠が「帰って来る」日を4年間、待ち続けていた。
誠が晶を、晶が薫を、「辛い出来事」を受け止めきれずに、彼らは彼らを生んだのだ、と男は言う。
晶と薫は誠が自分の内に作り出した第二、第三の人格。
彼女は、多重人格障害者だった。

誠は幼い頃、日常的に、画家であった父に、彼のアトリエで、性的虐待を受けていた。
母は見て見ぬ不利をし、娘を嫌悪することで彼女を見捨てた。
誠は、過酷な記憶を晶にゆだねることで自分の身を守った。晶もまた、それを薫に託すことで傷つくことから逃げた。薫は、それを忘れ、ちょっとバカな子になることで、その記憶を捨てた。
彼らは、彼らを守るために生まれた。

悲痛な話を、重すぎず軽すぎず、かつ社会的すぎずに描いていて、いいホンだと思った。

男の書く本は結局は体の主体である誠についてのもので、「自分が主人公の本を出してもらってココから出るんだ」と信じていた薫は、そのことに激しく嫉妬する。
裏切られたと感じる。「だって僕の本だって言ったのに!」と、何度も何度も。
優越感は誰だって持ちたい。彼の姿に切なくなった。
でも彼は晶のことを大事に大事に思ってた。おじさんが本を出せば、晶も一緒に出られるんだって信じてた。
人には見えないものが見える彼には、そばにいる唯一の人である晶が、本当に本当に大事だった。
だって薫は晶を守るために生まれたんだから。

人気の理由は、人の孤独について言及していたからかなと思う。
分かりやすいし、話の展開に意外性があるし、感動して泣けるし、希望のある終わり方だし。
そうやって、「いいお芝居だった」て言って貰えるんなら、それでいいんだと思う。
分かりやすくて、答えらしきものをくれちゃって、いいんだと思う。
そういうこと批判する風潮にあるけど、やっぱり、ほろり泣けて、いいもの観たなって気持ちが人の心の中に残るんなら、それでいいんだと思う。

久しぶりに素直に泣ける芝居を観た気がする。
現代人は、みんな自分は孤独だと感じているんだねぇ、きっと。

フライヤーを見た時はやる気ないなーコレ、と一笑に付しましたが、いやぁ、やっと足を運んでよかったーと思えるものが観れて、嬉しい。
しょぉーじき、前ふたつは、ちょっとないなーと思わせてしまう作品だったので。
特に現代時報。学生演劇以下だった。素晴らしくつまらなかった。そして下手だった。
早稲田演劇を少し見直しました。やっぱりそれなりにチカラはあるのかもしれない。

薫役の江田 由起浩さん(河相我聞似)は、お若く見えましたが33歳だそうです。20代で通用しそう。
今回の芝居が当たったもうひとつの理由に、こちらも北海道は稚内出身の兄弟ユニット「SE-NO」が楽曲提供をしていたせいもあるのではないかと思います。
ナマ歌ではないんだけど、芝居のなかでテーマソングとして歌われてまして、芝居終了後、二人のライブパフォーマンスがありました。
なかなかいい歌声でしたよ。CD買ってる人が沢山いた。やはり若いおねーちゃん達。

SKGの主宰で脚本・演出を担当している すがの公さんやSE-NOの話から、「東京に来れた」というのはやはり非常に大きいことのように感じられているようです。
そりゃそうだ。札幌も都会だけど、やっぱり地方の人間にとって、「東京」って特別な場所なんです、きっと。
さんざん喋ってライブまでやって引っ込んだのに、カーテンコールあってビックリ。
SE-NOのお二人、感極まって泣いてました。男泣きは、いいね! 好きだ。

TIFとしては大成功の公演だったのではないかなと思います。よかった。
三月になりますと、イスラエル、クウェート、ドイツと、海外公演が続きます。
更にサラ・ケイン、サミュエル・ベケット、太宰 治の戯曲に挑戦する日本公演もバンバンと。
お時間あります方は是非、西巣鴨まで足をお運びください。
貴方のために、ゆっくりくつろいで頂けるカフェスペース作りに、汗を流していた我々です。
一般価格を多少 安くすることも可能ですので、興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ひと声おかけくださいな。

--------

そんで、二本目は友達の出てるミュージカル作品を。
いつも観に行く観に行くって言ってドタキャンしてたので、彼女を見るのはコレが二回目。
Lylac tone#6「Angela!」。四年生主体の団体のようで、今回で終わっちゃうのかしら。

可愛らしいお話でした。よく出来てるし、歌もちゃんと聴けたし。
ミュージカルは分かりやすくていいね。話を難しくしようがないじゃない。
「キレイ」は複雑だったけど、あれは例外的な気がする。
「レ・ミゼラブル」なんかも複雑なんかな。 「ベルサイユのバラ」みたいなもんかなと思ってるんだけど。種別的に。

楽しそうに演じて歌う友達の姿は、気持ちがいいね。
好きなことを頑張ってやってキラキラしてる人を見るのは清々しい。
それが辛い時期もある訳だけどさ。今は比較的、気持ちよく見れる。

先は読めるしオチはあっけないし、詰めは甘いけど、まぁ それはそれで。
何度も言うが、現代時報よりは良かったさ。うん。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-02-26 22:53 | 芝居/舞台
漢字バトン
二月の日中はほぼ丸の内か巣鴨で過ごしました。
充実してるからいいんだけど三月はばいとしないでおく。寝たい。

-------

夕刊さんから変わり種バトンを頂きました。何かちょっと好きかもこういうの。

■1.前の人が答えた漢字に対して自分が持つイメージは?

【夜】  自分の気分に左右される時間。最近はそんな怖くない。
【無】  うまく書けない。
【秘】  あまり上品な字ではない。


■2.次の人に回す漢字を3つ

ではでは。

【福】
【寿】
【園】

■3.大切にしたい漢字を3つ

【光】
【善】
【幸】

お、何か割と前向きに出揃った。


■4.漢字のことをどう思う?

好きですよ。


■5.最後にあなたの好きな四字熟語を3つ教えてください

【一朝一夕】
【我田引水】
【七転八倒】

そんな生き様。


福寿園を誰か回されてください。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-02-26 00:11 | 日々
わやわや
書き残しておきたいことが日々 盛り沢山なのに、じっくり腰を据えて書けないのが悔しいなぁー。
でも、なかなかに充実した暮らしを送れてて、満足。
芝居観て、笑いながら呑んで、イトコの結婚式に出て、伊豆熱川の温泉に犬連れで行って、幼馴染みと久し振りに会って就活の話聞いたりして、TIFの広報仕事しつつ各公演を観て、バイトもして、完全休養日が来ないけど楽しいから、何とか沈んでも浮上して、それなりに元気。

イトコは綺麗な花嫁さんでした。おじさんはむせび泣いてた。幸せになるんだよー。
いつもよりはスパンを置かずに会えた旧友に、12年間付き合いが続いてる有難さを思う。貴重な、大事な親友。大好き。
芝居の話ができるYAMPの面々は、これからのためにも繋いでおきたい人々。自分の浅さを省みつつ、大事に楽しんで過ごすことが目標。

どうか明日も腐らないでいられるように。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-02-22 22:50 | 日々
桜飛沫
途方もなく眠いので後で加筆ということで・・・。
取り敢えず観たということだけ。
阿佐ヶ谷スパイダースの「桜飛沫」を世田谷パブリックシアターにて。
本日の喫煙所は近藤良平さん。傍らには奥さんらしき人が。
至福団の福澤諭志さんが舞台に立っていらしてビックリ、ということだけ取り急ぎ。

三日連続で芝居を観に行ったら三本ともカメラ入ってやがった。くそー。損した気分。
今月の残りはバイトの合間を縫って(ホントにどうにか隙間を見つけて)TIF2006のリージョナルシアターシリーズを観ることに必死になります。
バイトするアタシと芝居観るアタシと、二人いればいいのにねー。と、コピーロボットを夢見ながらお休みなさい。
ああーでもその前に荷造りしなきゃっ。
明後日からちょろっと浜松帰ってきま。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-02-17 01:38 | 芝居/舞台
同伴歓迎
お知らせです。
アタシがサポートスタッフやってる東京国際芸術祭、略してTIF2006では、東京以外で活動する小劇場を紹介する「リージョナルシアター・シリーズ」上演を行っています。

今年の演目は

劇団Ugly duckling(大阪)『改訂版さっちゃん』 2/17~19
現代時報(盛岡)『親密な他人』 2/21~22
劇団SKグループ(札幌)『再演A。』 2/25~26
北九州芸術劇場×飛ぶ教室(北九州)『IRON』 3/3~5

の4団体。
それぞれ公演期間はわずかですが、どれも興味深い芝居。の、筈。
詳しくはこちらを見てもらうとして→http://tif.anj.or.jp/

この中のUgly ducklingと現代時報に関して、アタシと同伴の人は入場料がタダ! になります。
2300~2500円が無料ってのは、結構 大きいと思う。
加えて、普段なら観ることのできない地方劇団の公演。
なので、折角の機会だし是非とも観て欲しいかなと、お誘いの旨を載せてみる訳です。

場所は池袋駅から徒歩三分の東京芸術劇場小ホール1です。
Uglyは17日の19:00~、現代時報は22日の19:00~、それぞれ観る予定なので、行くぞーって人はメールででも ご一報ください。
全席自由なので、別にアタシと隣合って座らなきゃいけないってことはないから安心してよいですわよv

TIF2006、まだまだ盛りだくさんで皆さんをお迎えします。是非、足をお運びあれ。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-02-15 21:35 | 芝居/舞台
間違いの喜劇
本日5*回目のバァスデイな母を連れ、彩の国さいたま芸術劇場へ。
蜷川幸雄・演出「間違いの喜劇」を観る。
目的はドローミオ役の高橋 洋と、イジーオン役の吉田鋼太郎。

シェイクスピア作品の中でも、相当 短いこの作品。休憩無しで二時間でした。
もしかしたら一時間半でもいいかもしれない。

タイトルに付いている通り、コメディです。
二組の双子を周囲の人がさんざん取り違え混乱し、最後には生き別れていた一家が再会してハッピィエンド。
あらすじは世田パブにて「間違いの狂言」を観たことがあったので心得ていて、正当にシェイクスピア作品らしいしゃべくり芝居を存分に楽しむことができました。

舞台背景は鏡面になっていて、蜷川さんて同じ手法ばっかだなーと思う。今回は特にそれが生かされている感じもなかったので、意味があるのか疑問。面白いけどね。
照明・音楽はほとんど地明かりで、渋いというか地味というか。でもうるさくなくてよかった。役者の演技を信頼してるのかなと思う。
効果音は非常に古典的。殴る音とか足音とか。わざとらしすぎて、それはそれで面白いと思う。

兄探しの旅に出たアンティフォロス弟(小栗 旬)とその召使いのドローミオ弟(高橋 洋)。
シラクサの国から、敵対するエフェソスの国にやってきた彼らは、実はそこで長年暮らす、幼い頃に生き別れたアンティフォロス兄とドローミオ兄(名前が同じなのだよ。いい加減というかご都合主義というかのシェイクスピアさん)と取り違えられる。
アンティフォロス兄弟とドローミオ兄弟を、それぞれ一人で二役する。
アンティフォロスはマントが赤と白、ドローミオは帽子が赤と白、という色分けがされ、観客には示される。

アンティフォロスの衣装が格好良かった。
ドローミオは激しく道化者で、格好もピエロ。口の達者なドローミオに最適な格好だと思う。

高橋 洋が喋る喋る。たぶん一番 台詞の多い役。流石の高橋、なめらかによく回る口を演じてました。素晴らしい。
一方の小栗は、肩に力が入ってるというか柔軟さがないというか、ガチガチの喋りと演技で高橋との力量差が明瞭になってしまってた。
舞台経験それなりにある筈なんだけどな。次の「タイタス・アンドロニカス」にも出るくせに。
まぁ まだ若い人だから、これからの伸びに期待。

最後にそれぞれの兄弟が再会するシィンはどうやられるのかしらん、と思っていたら、普通に違う顔の人が出てきて、声だけ小栗と高橋が腹話術で喋る、という戦法でした。
うーん。微妙。
ここで鏡が効果的に使われるのかと思ってたこともあり、ちょっとがっかり。
でも「天保十二年」では録音音声だったので、それよりは生声のほうがナンボかマシかなとは思いますが。
高橋さんが腹話術うまくてビックリ。口があまり動いてないのにちゃんと声が張れてる。
小栗は普通に喋ってました。ガンバレ。

吉田鋼太郎さんは長髪が素敵すぎた。かっこいいなー。「タイタス」観たいよー。でも埼玉はやっぱり遠いです。
今回、役者は全員 男な訳ですが(シェイクスピア時代のやり方にのっとっているらしい)、ルシアーナ(アンティフォロス兄の奥さんの妹。最後にはアンティフォロス弟と結ばれる)の声がちゃんと女の人でビックリした。華奢だし綺麗だし。女形さんなのかな。

帰り際、母がしきりに誰かを見ろというので視線を向けたら、客席に「相棒」の水谷 豊がいました。
彼女は「相棒」大好きなので喜ばしかった様子。思わぬサプライズでよかったねママン。
水谷さん小さかった。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-02-15 19:44 | 芝居/舞台
労働者M
バレンタインデイに独り見上げる渋谷駅の上の満月だって、やっぱりキレイなんだよなぁ。

--------

バイト後、Bunkamuraシアターコクーンにてケラリーノ・サンドロヴィッチ今年唯一の新作「労働者M」を観る。
年が明けてからタレントが出る舞台しか観に行けてなくて不満が募るも、小劇場は当日清算なためどうしても忙しさにかまけて行くのをやめてしまう・・・。ペニノも野鳩もチケット予約しながら行けなかった。こんなんじゃいかん。来月はきっとポツドールとシベ少を。できればチェルフィッチュも行きたいんだけどな。

今回の主演は堤真一、小泉今日子。
堤さんは去年から割と観ていて、ちょっと食傷気味なのが痛かった。
「吉原御免状」が一番 好きかな。
「エドモンド」で観る筈だったキョンキョンは、声は細いがよく通るし、ちっちゃいけど存在感がちゃんとある人でした。
毅然とした女上官と尻軽でヤリ手な女を、うまく演じ分けていたと思う。
近作は二つの世界が交互に現される舞台で、片や土星と戦争をする何処かの国のある施設、片や日本のねずみ講促進会社。
役者はみんな一人二役で、似たようなキャラだったり全然 違っていたり。
二つの世界がリンクすることは全くなく、同じ空間に存在していても あくまで別世界で、互いは全く無視される。

光っていたのは(て言うかアタシが好きなだけだが)犬山イヌコと松尾スズキ。
あと山崎 一。
山崎氏を舞台で見るのは初だと思うが、犬山さんと山崎さんの二人のシィンが秀逸だった。
犬山さんは声優声でヨゴレ的役をやっているのが好きなんだけど、今回みたいな真面目で弱い普通の女の人をやらせても面白いんだと思った。
後藤ひろひとの「MIDSUMMER CAROL」の時は物足りないと感じたので、KERA氏の演出がよかったのかなとも思う。

二つの世界は、「労働者」という言葉でなんとなく繋がれている。ような気がする。
革命運動が行われシュプレヒコールが鳴り響く国に、突如 土星人が襲ってきて戦争が始まった。
堤演じる青年(名前忘れた・・・カタカナ五文字くらい)は、一家心中で生き残ったものの八年間も昏睡状態にあり、目覚めた時 自分の世話をしていた女医・リュカ(小泉)に、市民運動参加を促される。
リュカがいつの間にか去った後も運動の中核にい続けた彼は、ある施設を破壊しようと試み、「労働者」となってそこに潜り込む。
「管理者」が「労働者」を虐げながら働かせるその施設には、彼の盟友たちの多くが既に潜入していた。
しかし彼が施設に侵入した時には、かつての仲間はみな抵抗運動に疲れ、あるいは飽き、彼に賛同するものは既にいない。
しかも施設の最上官にいるのは、彼を革命運動に誘ったリュカだった。

堤は自由の獲得を掲げ運動をする人間で、だから「人間が人間を管理する」施設に敵意を持っていたのだろうと思う。その辺はあまり明言されない。
リュカの一声で「管理者」と「労働者」が入れ替わる、その命令は「M」という人物から下っていると言う。リュカのみが、その「M」と通信ができる。
しかし通信機は本当は空き箱で、「M」は既に土星人に溶かされており(奴らは目から緑色の光線を出して物体を溶かす)、しかしラストで、通信機からは確かに声が聞こえる。
真実が何かは全く何も分からない。
施設は、リュカの独断による只の砂城だったのか。

一方の世界では、「死にたい」とウツな電話をかけてくる人間をなだめすかして信用させ、元気付けていく中で高額な商品を売りつけ、売らせる。
ねずみ講を行う会社で働く面々の日々。
女と見ればやりたがり、男と見ればやりたがる、本当に、ほんっとーぉにクダラナイ連中の集まり。
まともなのはミドリさん(犬山)ぐらいか。しかし彼女にしても一度は警察官で妻子持ちの森さん(山崎)と関係している。
愛も思いやりも優しさもない世界。
いっそ清々しいほどに、誰もがいい加減でくだらない。
そこで働く人たちは、みんなイニシャルがMだった。


自由獲得という大義名分に酔って抵抗する、あるいは自らが統率する楽園を作ろうとする人間と、目先の気持ちよさしか考えない人間。
片や大きな未来を夢見る。片や明日の我が身のことすら考えない。
対極にあるようでいて、並べられると彼らにさほどの差はないような。
少なくとも、カタカナ名の彼らが立派だとうことは決してない。


あんまり好きじゃない、かなー。
KERA作品で一番 好きなのは「ヤング・マーブル・ジャイアンツ」だ。次が「トーキョーあたり」。
取り敢えず「カラフルメリィでオハヨ」のチケットが取れるか心配。

喫煙所で鈴木裕美を見た。雰囲気は割とオトコマエ系なのに、可愛い格好がちゃんと似合ってて羨ましかった。テレビで見るより痩せてたな。
WOWOWのカメラが入っていたらしく、惜しいことをしたなと思う。放映を観ても一度は観たものな訳だから。
噛んでる人が多かったので、それも勿体ない気がする。
KERAの舞台でここまで下ネタ満載なのは初めてな気がするので、規制音なしで観れたのはやはり嬉しい。
二階席の一番後ろでしたが、割と見やすかったです。これはA席で正解の芝居だったな。コクーンシートでは絶対に観たくないけど。
カーテンコールがありませんでした。
でもそれは決して「面白くなかった」てことではないような、気がする。
「ヤング・マーブル…」の時もなかったけど、そういうのも、もしかしたらKERAっぽさなのかもしれない。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-02-15 00:56 | 芝居/舞台
地震のばか。
こういう時、東京は電車の街なんだなと思う。
そして、東京は遊ぶにはいいけど住む場所じゃねぇやと思う。
まぁ住んでるの横浜ですけど。
品川駅で京急線に乗り換えようとしたら もんのすげぇ人でビックリした。
振り返ったら人の顔で遠くの方まで埋め尽くされてて気持ち悪かった。
ホーム入っても電車乗るのに二本ぐらい見送らなきゃなんないし。
押されてコケて あわや人の波に押しつぶされるかってとこでおっちゃんに助け起こされるし。
何か喧嘩してる馬鹿がいるし。
相変わらず人の怒声や罵声に弱い自分を再確認。したくねーよ そんなこと。
帰ってきたら「神はサイコロを振らない」終わってるし。

地震ひとつで こんなに翻弄されちゃってさ。
弱い街だ。


でも、今日はゴキゲンな出来事がひとつ。
TIFの公演で舞台美術やら諸々のことをする方が久し振りに好みストライクゾーンで胸キュン。
オジサンなんだけどさー。テンションあがっちゃった。
ひとつ楽しみが増えました。ぐふ。
二月に入って広報班は大忙しの予感。でもアタシは普通に週4でバイト。
今の状況が読めてれば休み取っておいたのに。不覚。
もっとガツガツ関わりたいのに、もどかしい。
ま、出来ることを出来る範囲で精一杯。
写真を使って貰えることになったので嬉しい。
みんな来てね。チケット安いよ。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-02-02 00:32 | 日々
何でこんなに好きなんだろう
て、懲りずに いしいしんじさんの話ですけど。
ゴメンね身近な男子とかのことじゃなくてさっ。

前にも話題に出しましたいしいしんじのごはん日記が、最近の安定剤。
更新されてると無性にほっとして、安心する。
書いてあることは何てことないんだけど、ちゃんと いしいワールドが展開されてて、凄いなぁと思う。
小説と違って辛くないから、全力任せきり完全もたれかかり状態で読めるのがいい。
色んなことを切り捨てた淡々とした文章が、アタシを落ち着かせる。
ともすればブレがちな心を、すとんと元通りにしてくれます。
穏やかな世界が何処かにあることを知りなおして、ほっとするのかもしれない。
怖くない痛くない辛くない毒もない腹も立たない、そういう日記を書いてくれている いしいさんに、アタシはとても感謝したい。
ありがとうって言いたい。

もうすぐ新刊が出ますよー。
刊行記念のトークイベントがあると知って、絶対 行く! と思ったら、その日アタシは浜松にいるんでした。残念。
イトコの結婚式に出るために帰るの。楽しみ。キャバリアとバーニーズが見れる。むふふ。
こないだ、妹さんの彼氏と友達が犬連れで遊びに来てて、ウチの柴に加えてボーダーコリーとシェルティの子犬とミニチュアダックスの子犬が来てて、たまんなかった。
多頭飼いしたくなった。
妹さんの彼氏にボーダーコリー置いてきなよって言ったら困った顔して笑われた。いいなぁ、でっかいの。
でも子犬たちもまた可愛くて。
ダックスは既に子犬と言えるサイズを越えていたが・・・多分あの子ミニチュアじゃないよ。
シェルティはまだ毛がワシャワシャしてて、子供らしかった。でも あっという間にうちの子より大きくなってしまうのじゃろうな。
また来てくんないかな。幸せだったな。

このままずっと冬だったらどうしよう。と思ってしまうような寒さが続きますね。
しかも雨だ。
まいっちゃうやぁ。
でも うずくまってるのは勿体ないから、ちゃんと動いて自分から熱を発しなきゃね。
全部が不愉快と思う日々からは、なるべく遠ざかっていたいですから。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-02-01 01:18 | いしいしんじ