<   2005年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ヤング・マーブル・ジャイアンツ
家に帰る道をいつもと変えてみたら迷子になって見たことない夜景スポットに出会う。
200メートルぐらいの急勾配の坂の上。
結局 引き返して全力で走って下って膝ガクガク、汗ダラダラ。
爽快で一瞬だけゴキゲン。

-----------

今月シメの一本は、吉祥寺シアターにてKERA・MAP♯004「ヤング・マーブル・ジャイアンツ」。
「砂の上の植物群」を観た時に確か仮フライヤーみたいのが入ってて、取り敢えずもう一回ケラ作品を観てみようと思って、チケットを取った。
総勢35名の出演者がフルキャストオーディションってことで、♯003とは色合いの違うものが観れるだろうな、なんて深いことは一切 考えず(大体その事実をすっかり忘れていた)、面白いといいなーって適当に期待しながら、ちょっと恐る恐る(ケラの描く不条理さは何とも歯切れが悪くて気持ち悪いものだから)足を運んだ。

結論から言えば、今月はホントにいいチケットの取り方したな! という満足感を頂いて帰路に着いた。

土間舞台のスペースを使えるだけ使って、35人でのゆるーいダンスから始まる。全員の顔振りがまず知らされ、役者の年齢層の低さに驚く(20~30代前半)。ギラギラした目が若さを告げる。内に持つ熱の温度はそれぞれなれど、平均的に高すぎるぐらいだろうってことは見てれば分かった。定説としてではなく、その場の空気がそう教えてた。
700人から選ばれた人達。

ダンスが終わって暗転、授業中の教室になる。男教師と、8人の中学生。
次のシィンは、レストランで別れ話をする不倫カップル。職場の上司と部下。
そこまで観て、感じたのはシティ・ボーイズライブと似てるってこと。
「あ、これコントなんだ?」て思って。芝居じゃないんだ、て。
登場人物は全部リンクしてるから、物語色の強いコントなんだ、て、芝居が終盤に差し掛かるまでずっと思ってた。かるーい感じの舞台なのね、て。
でも違ってた。そこにあったのは紛れもなくひとつの「お芝居」で。
過去と現在、こことあそこが複雑に交差して織り成されるシィン展開。

手首を切った少年、その少年に弱みを握られてスリをする同級生、そこには恋心なんかも絡んできて、一方では不倫していた上司に自殺された女性、彼女は少年のお姉さんで、彼女の職場の同僚2人は何故かダンボールを運ぶ途中に遭難して色んな所に迷い込む、最後にはイメクラで働くことになったりして、少年が手首を切って運ばれた病院ではそろそろ古株の看護婦が若い看護婦に嫉妬して老いゆく自分を嘆いてる、ところで少年が何でお金が欲しいかと言えば惚れた転校生の兄貴が不治の病で治療費が必要で、でもそれは嘘で兄妹に騙されていたんだけど勧善懲悪みたいに兄妹は死んじゃう、お姉さんの職場の密かに彼女に思いを寄せていた男も死んじゃう、今時 結核で。

大体 そんな話なんだけど、実はそれっていうのは姉が少年に聞かせるための作り話で。
お姉さんは職場の人を使ってそんな話を作ってたということがバレて職場をやめるんだけど、多分 それすら作り話で。
全部、虚構。
ところどころでファンタジィみたいな物語り群は、ありえねーってのが殆どで勿論 観客は虚構として承知の上で観るんだけども、全てが作り話だと気付かされた時に、「虚構の中に事実を見出そうとする」自分の姿に出会うんだ。真実ではなく、事実。本当のこと。
凄いと思った。うまく言えないんだけど凄い作り方すると思った。
前作とは全然 雰囲気の違う代物。色が違う。別人が作ったものみたい。

全部 嘘なんだけど、ひとつだけ本当らしいことがある。
お姉さんは左目に眼帯をしていて、それっていうのは男と喧嘩してる最中にフォークで自分の目玉をくりぬいてしまったからなんだけど、最後に兄妹だけがいるセットも何もないシィンで、彼女の眼帯だけが変わらないでそこにある。
それが示しているものは?

そして、出演者 全員が兄妹の姿になって劇場のあちこちから現れて、舞台は兄妹でいっぱいになる。彼らはそれぞれ会話をしていて、会話の内容はあの嘘の世界にあったりして。
もう何が何だか分かんなくなってると、極めつけは舞台一番奥の壁がガーッて開いて、それは劇場の搬入口の扉なのでつまり開いた先にあるのは本物の道路と住宅で、宅配トラックとかタクシーとか普通に通ってくし目の前は誰かの家の門構えで、その世界に兄弟たちは出て行ってしまう。
虚構が現実に流れ出す、の図。
何かちょっと寺山修司チックな。


破天荒な舞台。役者 脱ぐし。すっぽんぽんだし。しかも何人も。
面白かった。


吉祥寺シアターについて。
某授業でコーディネーターやってる先生の事務所が手がけたところで、授業時に見学に行ったので行くのは二度目。芝居 観るのは初めて。
見学した時にあらかた見せて貰ってたので、ステージがホントいっぱいいっぱいに使われてることに驚いた。あの壁の向こうって洗濯機じゃん! みたいな。
吉祥寺シアターはなかなか面白いつくりをしてる。
客席には2階から入るようになってて、劇場空間の周りには回廊がめぐらされてる。そこも一種の舞台裏で、ケラさんのときはここが楽屋になります、て支配人が言ってて、アタシは4列目の結構 低い位置でしかも一番 隅だったから、壁の向こうでなんかゴソゴソいってるのを何回か聞いて、あーこの向こうにいるのねーて思ったらちょっと楽しかった。
目に見えるところにも回廊があって舞台空間として使えるんだけど、今回はそこもフル活用で。
搬入口まで使っちゃうし、ホント、使い切った! て感じなんだろう。

劇場を生かす、てことを考えるのが多分 結構 楽しい場所だと思う。
出来たばっかで綺麗だし。椅子はあんまりよくないんだけど。

30日に追加公演が入ったから千秋楽ではなくて、ここのところの寝不足続きで不本意にも途中で意識が飛んでしまった(決して退屈した訳ではなく。不可抗力)アタシは、できればもう一度 観に行きたかったんだけど当日券も無理そうなので大人しく諦めた。

ところで拍手が小さくて短くてアンコールもなくて、私的には凄い不満なんだけど他の人は面白くなかったのか? 久し振りに質の高いお笑いを見せてもらったと思ってんだけどな。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-06-30 00:24 | 芝居/舞台
夜に芝居を観る時は、大抵 朝からバイトをして そのまま目的地に行く。
から、当然 家を出る時にチケットを持ってなきゃいけない。
のに、チケットを忘れて家を出てしまった今日の私。
持ってかなきゃー、て、鞄の横に置いたのにも関わらず。
忘れたことに気付いたのは、家から徒歩15分弱の最寄り駅 手前。
戻ったら、バイトには確実に遅刻。

迷うことなく取りに行ったさ。
ま、当然さね。
今日ほど、傾斜が阿呆みたいにある坂の中腹にあってエレベーター無しのマンション5階一番奥にある自分ちを恨んだことはないな。汗だくだしな。
ホント家出てー。ホンット家出てー。苦学生するかなぁ・・・。

------------

そんな目に遭いながら観に行ったのは、ダンダンブエノ四周年記念公演「礎」。場所は青山円形劇場です。
出演は松嶋尚美(オセロの白)、酒井敏也、山西 惇、近藤芳正で、何を目的にして行ったか、つーと、ペンギンプルペイルパイルズ主宰・倉持 裕の脚本です。
彼の脚本はまだ観たことも読んだこともなくて、早く観なきゃーと思ってたところで この公演のフライヤーを手にして、ちょうどいいやと思って。

結論から言うと、すごい面白かった。
謎解き系でこんなに面白いと思ったのは、多分 初めてだ。それは、アタシがそういうものをあんまり好いてないというのが多分に原因してるんだけど。
完璧に驚かせてくれないと嫌なんだよ。予想だにしない真実を見せてくれなきゃ、満足できない。
今作は、見えてくる真実それ自体もだけど、その見え方、ほころび方がね。面白かったの。
飽きずに楽しませて貰った。

それぞれのキャラもすごくいい。
最初はすごく違和感があったの。
「えええ、何だこの人達は上手いのか下手なのか分からん・・・」て混乱して。
でも、時間がたってしまえばそこは完璧にひとつの世界で、そういうものとして存在する世界で、それが当たり前になって、つまりどっぷり浸かりこめたから問題なかった。
酒井さん(弱そうなハゲ)の演技ってすごく独特だと思う。喋り方が。そのまんま、彼のテンポで話してるんだろうな。不思議な人。

松嶋は阿呆の子なのに台詞とかちゃんと覚えられるんかいや・・・と心配かつ不安でしたが、割と観れる演技をしてくれました。下手だったけど。頑張ってる感はビシバシ伝わって来た。


素直に、たくさん、笑って来ました。他の皆さんと一緒に。
ペンギンプルペイルパイルズの本公演 観るのがすーごく楽しみになってきた。当初は小林高鹿が見れればそれでいいや、なんて思ってたのだけども。
「仮装敵国」、観に行けば良かったなぁ。後悔。
倉持 裕、要チェックです。面白そうな人を見つけた。最近は芝居運がいいなぁ。

しばらく来てなかった円形劇場、来月も長塚圭史(超タレ目)演出の八嶋智人と平岩 紙を観に行く予定です。「エドモンド」。紙ちゃん可愛い! チラシの紙ちゃんは可愛さ3割減ぐらいしてないか? 酒井さんはこれにも出るのね。観比べてみよ。

-------------

面白くて、ゴキゲンで劇場を出た途端に押し寄せてくる「土曜日の夜の渋谷」という現実にゲンナリする自分。
虚構に喜んで現実を嫌悪して、それって ひきこもりのゲーマーやアニメオタクと変わんないなぁって思った。
嗜好の対象が二次元か三次元かって違い。あと、演劇はそれなりに高尚で芸術っぽいもの、みたいな約束が何となくあるから。理解はされなくても容認はされる分野(だと思ってる)。
オタクがいけないって言うんじゃなくて。
現実は生きにくいから自分が信じるのは虚構の世界だけ。ていう、そういう精神的引きこもりが。
不毛だし、不健康。
だな、て。今更だけど今日 思った。
嫌でも自分がいるのは現実の世界なんだから。そこでうまくやってく術を、人と関われる力を、身に付けなきゃいけない。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-06-25 23:18 | 芝居/舞台
バトン頂きました。
Musical Baton来たる♪

昨今の若い衆らほど音楽に対する熱がないんで、こんなハヤリのものに答えるのは何だかおこがましい気もする。が、まぁ折角だでやってみるかねぇ。


◇Total volume of music files on my computer:
少ない。416曲、1.62GB。MDで持ってるのをツタヤ半額の時にちょびちょび移し中。

◇Song playing right now:
何も聞いてなかったのでiTunesでシャッフルしてみたらYUKIの「忘れる唄」が出てきた。
アルバム「PRISMIC」の曲ね。YUKI可愛いなぁ。

◇The last CD I bought:
矢野顕子の「ピヤノアキコ」と矢野絢子の「ナイルの一滴」。
同じ日に横浜Moresのタワレコで買った。

◇Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me:
何だろうねぇ・・・iPodの圧倒的多数を占めるのがくるりとスピッツだから(かつ収録曲数が少ないから)、シャッフルしても3曲に2曲はどっちかなのよ。ちなみに今はくるりの「チアノーゼ」。
その2組から最近 好きな曲を選んでみるならば、
1.MIND THE GAP/くるり
2.田舎の生活/スピッツ
かな。

あと、
3.関白宣言/さだまさし
は、高校時代によく自衛隊の横をチャリで走りながら熱唱してた。帰り道。さだまさし好きよ。

ほらまた くるり来たよー。「男の子と女の子」だ。これはプロモがすごくいい。

同じ曲をずーっとリピートして聞くということを今も昔も良くするんだけど(ハマると しつこい。白いダースを毎日3週間食べ続けたことがあるけど、あんまり珍しいことじゃない。プリッツ(ロースト)もファンタアップルもぷっちょもサントリーりんごこんにゃくも同じ道を辿ってる)、そうやって聞いてたことがあって今 思い出したのは
4.I found the girl/GRAPEVINE

THE BACK HORNの「8月の秘密」・・・が終わってクラムボンの「大貧民」が流れてます。クラムボンの「JP」を高校受験に失敗して腐りきってた春休みにずっと聞いてて、だもんで今でもその時期の暖かい空気をそのアルバム聞くと思い出す。
同じようにその時期に聞いてて春を思い出させるのが、
5.クローバー/つじあやの

で、5曲。無理矢理。普遍的に一番好き! てのは なかなか無いわなー。気分で変わるし。

◇Five people to whom I'm passing the baton:
めんどくさいから、チャイ語の男性人、暇ならどうぞ。
金子兄やんと不整脈と桜井と岡ちゃんとクーンやねん。

お、綾戸智絵が来た。「ウーマン」。カッコイイわー。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-06-23 00:32 | 音楽
自由学園 明日館
今日は、朝も早くから池袋に出没しまして。
何故かと言えば、かの有名な建築家(つってもアタシはファミリーネームしか知らんかったが)フランク・ロイド・ライトの設計による「自由学園 明日館」を見に行くためです。
ゼミ(と言っても卒論のためのような本格的なものではなく、学校のふれこみでは1・2年生のためのプレゼミという枠内)の先生が美大で建築を教えていて、その授業の一環でそこに行くんだけど来たかったら君らも来ていいよ、と言うので、まぁ折角の機会だし写真のネタにもなるかしらーと思って、行って来た次第であります。
集合してみたらウチの学校からは一人も来てなかった。まぁ自分で来ようと思えば来れるしね・・・。単位になる訳でもないしね・・・。多少しょんぼり。しかも先生はアタシを美大の人だと思ってたとかで、すげぇ寂しいんですけど! 認識して!

で。
肝心の建物の方なんだけども、この自由学園てのは、今も学校として幼稚園から大学まであるらしいですね。場所は他に移転していて、この明日館てのは創立当初の校舎。
創立は1921年。羽仁もと子・吉一夫妻によりつくられた学校で、1934年に校舎が移ったんだそうです。意外に早いな。
小学校として使われていたそうで、もう全部 ミニマム! ミニマム! どっ可愛いの。
うっかりデジカメを忘れたので写真がアップできないのだけど(スキャナ欲しい・・・)、全部 小学生サイズなのね。椅子や机やドアのノブなんかがね。
家具のデザインもライトによるもので、それがまた可愛いのよ。HPに写真が載ってるので、行ってみて見て下さいな。あんまり良く分からんけども・・・。

建物の外観も小ぢんまりとした造りで、プレイリーハウス(草原住宅)と言うんだそうです。設立当初の田園風景に合わせたんだそうな。
クリィム色の壁に屋根と地面の芝生の緑色が映える。シンメトリィが美しい。

建築を学ぶ皆さんのようにどこそこの造りがすげぇ! とかいう感動はできなかったものの、自分なりに楽しみながらフラフラ見学して来ました。写真も撮れたし。
途中で3年生(ゼミ3回目のリピーター)が来て、先生もアタシがそのゼミの人だって気づいてくれて、帰りにご飯 食べながらちょっと話ができて、それもいい時間でした。
でもアタシは聞くばっかでねぇ・・・議論を展開できるようにならねば、と、改めて。思いましたよ。

何気なく参加してみたら、意外に素敵な時間が過ごせて、早起きした甲斐がありました。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-06-21 13:58 | アート的な
ゆめゆめ
て古語が好きだった。受験時代。
副詞の呼応は喜んで覚えたなぁ。

でなくて。最近の夢で。
ウチの犬がよく死ぬのよ。
そこはかとなく悲しい気持ちで目覚めるのよ。
めそめそしながら居間に行くのよ。
そんで自分のベッドなりソファなりでどべーって寝てる犬に抱きつく。
ひーちゃん死んじゃやだー。
つって。
そんな最近の朝のひとコマ。

何でだろなー。
先代の命日が近いからかな。
今年も墓参りに行けぬ・・・。ゴメンよう、コロ。

先代は雑種のオス。享年13歳ぐらい。
今の子は柴犬のメス。コロが死んで一ヶ月、寂しさに我慢できなかったおかんと妹により我が家に連れて来られて、今 3歳。

あと30年ぐらい生きてくんないかな。
よぼよぼになっても尻尾が二股になっても毛が全部 抜けても二足歩行しても人の言葉 解するようになっても、どうなってもいいから化け犬になっていいから死なないでいてくんないかな。

無理な話。

取り敢えずは、明日も元気でいておくれ。

b0026230_2343677.jpgさんかく。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-06-20 23:43 | 日々
隣りの男
下北沢は本多劇場にて、「隣りの男」を観る。
M&O Playsプロデュース岩松了3本公演のトリ。
アイスクリームマン」は観に行って、「センター街」も観に行く予定でチケットも買ってあったのに諸事情により観ることができず3時間20分のバイト代をふいにしたという苦い思い出を含みつつ、の3本目。
竹中直人が来てた。アリーナって感じのすごい観やすそうな席に座ってた。いいなー。
黒い肌にピアスが映えててかっこよかったよ。


今回の目的は、舞台の大森南朋を観ること。
映画の彼がすごい好きで。一番最近(つっても何ヶ月も前だけど)観たのは「深呼吸の必要」かな。ぶっきらぼうで粗野なキャラだったんだけど、うまかったです。映画自体もなかなかいい。

で、舞台の大森南朋ですが、こちらも、結構 好きだなと思った。
ふっつーの人。オーラのない人。
彼のすごいところは、「大森南朋です。」て主張しないところだと思う。
役を役として見れる安心感。

舞台は、竹田眼鏡店の若主人(大森)の家。引き戸の向こうにお店。二階は貸し部屋にして入居者を募集している。
宇野夫妻は、彼の隣人。毎日のようにやってくる旦那と、竹田と不倫関係にある妻の八千代。
宇野はおそらく、二人の関係に気付いている。しかし竹田には何も言わない。

描かれているのはおそらく三日かそこらの、数日間。
1時間40分の芝居の中で、ほんの少し、微妙に、でも確実に変わる彼らの気持ちと狂気の発生を、観客は観るんだ。
それがさー。すごい、面白くて。
誰もが潜める狂気の沙汰、ふとしたきっかけで顔を見せるそいつを、絶妙な手法で描いてる。
「アイスクリームマン」にもそういう雰囲気はあったのだけど、こっちの方がより輪郭がハッキリしてる。登場人物の少なさが、それを成功させているんだと思う。
人間の、ちょっとした狂気を見せる時、ただ怒鳴らせればいいんじゃないんだ。ただ訳の分からない行動をさせればいいんじゃないんだ。そこでリアルを求めても仕方ないんだ。見せるべきは「芝居」なんだから。

あくまでも、見せられてるのは芝居で、その狂気・・・いわゆる「キレてる」姿、は、やはりどこか演技じみてて、決して「ありえる」とは言えない。
言えない、けど、でもその姿にすごく人間味を感じる不思議さ。
不思議。不思議。
芝居って面白いね!
久し振りに思った。何かここ最近こんないっぱい芝居観て意味あんのかなもしか飽きてきてんのかな実はそんなに興味ないんじゃないのとか思って暗礁に乗り上げてる感じだったんだけど、大丈夫だ。全然、芝居 好きだ。問題ない。
あーよかった観に行ってよかった。

途中、少しダレて眠くなりそうな感じだったけど、それを差し引いても面白い芝居だった。
ゴキゲンで帰ってきた。
大森南朋うまかったし。他の役者さんもうまかったし。話も面白かったし。演出もきっと良かったのだろうよ。
しかしコレを昔 竹中直人がやったとはねぇ。見比べてみたい。

-----------

今日はホントは下北で芝居を2本ハシゴする筈だったのだけど、昼間のは観れなくて残念。
好きな劇団の半年ぐらい振りの公演だったのだけど、当日券だからお金は無駄になってないのだけど、自分で選んだのだから まぁ仕方ない。
あるミーティングが長びいたせいなんだけども、楽しみを棒にふった代償は、これからの自分の行動にかかってる。いかにその企画に積極的に関わって自分の経験値を上げるか。
芝居に関することなので、フェイドアウトしないように・・・頑張んなさいアタシ。
あー観たかったなぁ・・・。これだから芝居ってヤツはっ。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-06-18 23:39 | 芝居/舞台
神様あたしも生きてんだ
精神的ひきこもりをやめなさい。

-----------

写真部の皆さんと神楽坂で撮影会。
でもフィルムがちゃんと入れられなくて一枚も撮れてなかった・・・。切なすぎる。
技術以前の問題だぁね。


7限は伊藤キムのお話。前から5列目ぐらいのところで聞いてみた。
キムの手が素敵。指が阿呆みたいに細くてキレイ。
「踊ってくださーい」てオンナノコの黄色い声に「お金くれたらね」て。シビアー。
愛知万博のオープニング(?)パレードの監督をしたとかで、その映像をずーっと観た。
浜名湖花博の音楽プロデューサーはちなみにつんくだった。雲泥の差だな。

話すの嫌だからずっと観せてんのかな・・・とか思ったら、去年はもっとちゃんとしてたらしい。
「禁色」終わったばっかだからかね。お疲れ様です。
「禁色」もちょろっと観せてくれた。最初のちんぽこダンスは、どうやらニセモノを付けてたらしい。
二度目だとあんま衝撃はないな。映像だしな。


授業終わってレトロでゴハン。ネギって美味しいなぁ。
おどる人たちを沢山 見たせいか知らんけど、なんだかムショーに絵が描きたいね。
あー、そうか、アート系サークルの展示をちょろっと見たからかな。そうだな。
もうちょっと絵を描くことがうまければ、きっと写真はやってないなと思う。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-06-15 01:36 | 日々
無性に
旅立ちたい気分ー。
ざわわ。ざわわ。
でも明日もバイト。
ここで、もう全部ほっぽって、だーっっ! て行っちゃえたら、アタシの人生 変わるのカシラ。
でもそんな勇気はないのよー。勇気が必要な時点で駄目だね。
堅実とか秩序とか計画性とか、ナニソレ美味しいの? レヴェルじゃなきゃさー。
あー。凡人で一般人で常識人な自分が悲しいわ。
守ろうとしてるものなんて、ホントは大したモノじゃないのにね。

---------

初撮りフィルムを現像に出しました。
へぼへぼの下手っぴぃでした。しょぼーん。
がんばろ。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-06-13 00:08 | 日々
あーう
金沢がー。
アタシを呼んでいるのよう(泣)。

とんでゆきたい。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-06-12 00:09 | 日々
スルース(探偵)
今週は舞台 観まくりでした。シメは、ミュージカルじゃない劇団四季
浜松町の自由劇場にて、「スルース(探偵)」を友達と観劇。連れ合いがいるというのはやはりいいものですな。
卒業生で四季の営業をやってる人が授業に宣伝しにきて、それがA席を学生料金でとれる、というものだったので、ミュージカルじゃない四季ってあんま聞かないし安いし何か観に行こうかって話をしていたとこだったし、てことで決めた舞台。
あと、自由劇場に行ってみたかった、てのもあるわ。
自由劇場のデザインコンセプトが、「外は修道院、中は遊郭」て話を聞いてて。成程 確かに、外観はクリィム色でしずしずしい清楚な感じ。中(ロビー)は、ワインレッドの床と壁に、ほの暗くて豪奢ではないシャンデリア。2階席にあがる階段も緩やかに湾曲していて、そこはかとなくやらしい雰囲気は演出されていました。
客席数は500ということで、小ぢんまりした劇場。一階席の後ろの方だったんだけども、特に問題なく観ることができました。これで3000円なら まぁいいかな、という感じ。

で。
演目の方なんだけども、まぁ期待はしてなかったけど、やっぱり大して面白くはなかったです。
途中、つい うとうとしてしまった。
広告のコピーなり宣伝文なりに見合うものじゃなかったな。
何で四季がこんなに人気があるのか、まだアタシには理解できません。まぁ、オペラ座とコレしか観てない分際で偉そうなことは言えないけどもね・・・。
8月にはキャッツを観に行くんだけど自分でチケット代 出してないから、かるーい感じで観てこようと思ってます。やっぱりどうもミュージカルはねー。て、どうせまた言ってんだ。きっと。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-06-11 21:48 | 芝居/舞台