<   2004年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
衝撃
ラーメンズ片桐仁がパパになってた。
今日まで知らなかった自分に喝!
ファン失格やわー。

しかし奥さん美人ですね。
元モデルだって。
子供どっち似なんだろう。

幸せになって欲しいなぁ。
片桐仁も賢太郎さんも。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-09-26 23:11 | ラーメンズ
父母よ
父から、昼間も玄関のチェーンをしておくように言われた。

母から、街中で名前を呼ばれても不用意に応じるな、と言われた。

夜中まで遊び歩いてないでさっさと帰って来いとも言われた。

父母よ、何をやらかした。
借金か? 宗教か?
それだけはしてくれるなとうるさくアタシに言ってたじゃないの。

やー。何だろ。気になるわー。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-09-26 21:45 | 日々
昨日のことですが
友人に誘われて、ART MARUNOUCHI 2004 という催しの中の、ウォーキングコレクション大賞なるものを観に行ってきました。
丸ビルで審査を受けた参加者たちがオアゾまでパレードして、用意された舞台でファッションショーまがいのことをする、という企画だったようで。

まー。杜撰なものでしたわ。
審査会場で地味ーに審査員と話す姿を見られる人間は少数。ウチらは三階から見てたんですが、何のこっちゃ、って感じで。パフォーマンスなども一切なし。じゃぁどっかの部屋でやれよ、って思いました。公開している意味がまるで分からない。
で、まぁメインはパレードだしねと思って一緒に歩いてみれば、ホントに何の創意工夫も無く。ただ歩くのみ。
回りはスーツの関係者でがっちりと固められ、
「こちら通路となっているので立ち止まらないでくださーい」
「ハイ、前ゆっくり歩き出していまーす」
て。観客まるで無視な状態。
これじゃぁただの交通妨害だよ・・・と情けなくなくなりつつオアゾ到着。
そこで行われたファッションショーも、一応体裁は整っていたものの、ステージが低くて見えてるお客さんは少数。上から見ることは禁止。
見せる気ゼロかよ。

出展されてた衣装は素敵だったのに、主催者側のあまりな気のきかなさ過ぎに、楽しむ心持なんて吹っ飛んじゃいましたよ。残念極まりなし。
何でここまでどうしようもないものになったのか不思議。

今日の朝日新聞一面に記事が出ていてムカついたので書いてみました。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-09-26 09:49 | アート的な
きょうのできごと
どっかの国の道路で牛が暴走してて、道端にいた赤い服の人を襲った、ってニュースがあったんですが。
闘牛が反応するのは赤い色ではなくてヒラヒラしてる動き、らしいんだけど、
それを知ってて敢えて「赤い服の」と報じたんだろうか。
もしその人が別の色の服を着てても、その色を報じたんだろうか。
もしくは柄を。

花柄の服を着た人が襲われました。

なんか緊迫感がなくなりますね。
決して穏やかな空気は流れませんが。


ケンタッキーのCMに賢太郎さんが出てる!
アタシにとってはヒーローでも、誰かにとっては名も知らぬ出演者なのでしょう。
そう思うとCMの重みって一概には言えないのね。
今一番好きなCMはLATTE。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-09-21 01:07 | 日々
母子会話
今日、夕飯の後に妹と、父について話してたら。
奴はウザイとかうるさいとか醜いとか。
言ってたら、母が
私はあの人の連れ合いなのよ。
と、苦笑いで。

ゴメンね、ママン。
でもいつもは一緒に文句言ってんじゃんか。
何かあったのかしら。

でもねぇ。
私には生涯、彼と終始 穏やかに話ができるなんて日は来ない気がするよ。
ゴメンね、ママン。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-09-20 01:21 | 日々
惜しみない拍手と、これからへの期待を
劇団サークルに所属する友人の、新人公演に行って来ました。
汗だくになって、まさしく「熱演」してる姿が面白かった。滑稽という意味ではなく。
薄くて頼りない感じの人なのに、舞台立ってライト浴びると、違って見えるものなのね。

芝居自体は、まぁ・・・新人だし。無料だし。ね。
ってのが正直なところで。
そりゃー仕方なかろう。
見るべきは、今回の出来不出来じゃなくて(反省は勿論必要だけど)、次に彼らが役者として舞台に立つ時、どんだけ化けてくるかって、そこなんだと思う。私はそういう見方をします。
次の公演が楽しみだ。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-09-18 23:33 | 芝居/舞台
うそーん・・・。
一時間以上かけて書いたRIMPA展報告記。
送信ボタンを押したら、ページが表示されませんってゆわれた。
ありえない!!
ってこういう時つかうんですか。そうですか。
マジ死にたい・・・。
あたしが何をしたというのか!
くそー。

RIMPA展、素敵でした。行った甲斐あった。イイモノ見た。うん。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-09-18 01:33 | アート的な
髪を切って眼鏡を買った。
鎖骨ぐらいまであった髪をばっさり切ってしまいました。
もともとこの夏に切るつもりで伸ばし始めたので、本人的には予定通り。
一年半前までは10年近くショートの人だったので、なんか懐かしい感じです。
長くしてても、不器用な自分はろくなアレンジができない。手入れもあんまりちゃんとしないから、毛先なんかも痛みまくりで。
さて周りの反応や如何に。

で。
眼鏡を買わんと、とずっと思ってて、したら横浜MORESにzoffができたので、美容院帰りに行ってきました。
5000、7000、9000+消費税の3プライス制 眼鏡屋さん。
どんなもんかしらと思ってましたが、なかなか素敵デザインの物が多くて楽しかった。
5000zoffの透明プラフレームのにしようとしたら、こっちにしなよと母がチタンフレームの9000zoffを勧めてきまして。
ポップかインテリジェントか。
悩んだ末、半額出してあげるよ、の母の言葉にも甘え、9000zoffを購入。プラフレームのはそのうちまた買いに行こう。透明って絶対可愛いし。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-09-16 23:44 | 日々
HARD ROCKと書かれたTシャツをズボンに入れられた日にゃぁ
今日は空気が秋だった。
陽射しはまだ強いけど、風が涼しかったですよね。
あー、夏が終わるなぁ。
夏って一番好きじゃない季節なのに、終わるときには惜しんでしまう。
ここまで「終わり」を意識する季節って、他に無いですよねぇ。

夕方、犬の散歩中に嬉しいメールがひとつ。
12月に幕張メッセでやる、BUMP OF CHICKENのコンサートの先行予約に当選。
アルバム特典のヤツですわ。
いやー、嬉しい。神様有難う。
本公演は電話が繋がらなくて取れなかったので。大手町で地下鉄待ちながら必死に掛けてたのが懐かしい。

やベー、テンションあがる。
当選確率ってどんなもんだったんだろう。低いといいなぁ。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-09-15 21:07 | 日々
音に呑まれる、ということ
東京に進学しようと決めた動機のひとつに、大きな舞台が観れるから、ということがあった。
と思い出して、一念発起でblast!のチケットを取ったのは、まだ春の頃でした。

本日、観て参りました。場所は東京国際フォーラム。
すげーかっこいい! 舞台でした。そしてとても楽しかった。まさにエンターテイメント。アドレナリン大放出。
最前列・ど真ん中の席に、多少の不安を持ってたし、多少の不満も残ります。マーチングの発展系といえば早いか、とにかく視覚で魅せるショウと言った感じの舞台なので、やはり全体が見渡せたほうがその醍醐味が味わえるのではないのかな、と思うので。

でも、一番前で観られる人なんて限られてるし、と思えば得した気分にもなれ。そんなの気にならなくなるほどに、ワンダフルな演技と演奏をど真ん前で観れた訳だし。演者の表情はえらいハッキリ捉えられたし、ORANGEかREDか忘れたけど(覚えてたかったー)、ちょっと持っててねって感じでホルンを渡されちゃったし、エンディングで色んな人と握手が交わせたし。石川直とはニアミスったけど(でも演奏は目の前60センチの距離!)、演奏中から目をつけていた(失礼)パーカスのグラント・ブラトック(真ん中分け、くせっ毛の若い子)の手は両手で握り締めてしまいました。げへへ。
チューバのアントニア・フルモア(顎にピアスした黒人さん)の得意満面!俺がヒーロー!って感じの笑顔が、ものごっつ印象的でした。

一番好きなのはORANGEで、次がBLACKでした。
石川直がいるからじゃないけど、やっぱりパーカス、特にドラムに興奮。重低音が大好きなので。身体で音を感じられるじゃないですか。足元から直接入って来て、骨を伝わって音が満ちる。最高に素敵。
姪や甥が生まれたら、ドラムやるように仕向けよう。

音に呑まれる、という体験。久し振りに。
音の洪水の中に浸る。色んなモノが、浄化された気がした。きっと明日の朝にはすっかり元通りなんだろうけど。それでも、いいモノ観たわーって感動はきっとずっと忘れないし、こういう舞台が存在してて、神様みたいに演じきっちゃう人たちが要るって事実で幸せになれる。

しかし、観客は二時間じゃ物足りなくても、演者にしてみればえらい話ですよね。
長時間、ただ演奏するだけでも大変なのに、そこに汗だくになる程の演技だアクロバットだが加わる。それをこなしちゃうんだから。いやはや、とんでもない人達ですわ。

唯一の日本人ってことで、やはり石川直を自然と追ってしまいました。スカした感じの野郎だぜ! とか思ってたのに。なんか悔しい。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-09-14 19:23 | 芝居/舞台