カテゴリ:日々( 164 )
でじゃびゅー
風景や会話ではなくて、自分の気持ち、心持ちに既視感を覚えます。
成長してないってことだ。
ああ・・・。
てなりながらの、今日の帰途。

**********

日曜日に、自由が丘で、友人というか先輩というか、形容のしにくい知人の、ソロライブに行ってきたんでした。
ブログ記事にしようと考えていたけど、批判ばっか、駄目だしばっかになりそうで、ていうか する気満々で、これはナイ。と思って書くのをやめました。

どうしても批評するにあたってマイナスの視点から入ってしまうんだなー。何であれ。
よろしくない癖です。
気をつけて矯正していくしかないんだろうなぁ。

**********

『サウンドトラック』が面白くて面白くて(その割にまだ読み終わってないけど)、今まで古川日出男スキジャナイとか言ってたヤツ誰だ出てこいっって思う(自分です)。
『文藝』かなんかに載ってた短編が、耐え難い読みにくさだったんだよなぁ。あまりに実験的すぎるというか、好きに書きすぎたものを初めに読んでしまったのだろうね。
いい再会が出来て、良かった。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-28 00:01 | 日々
まだ12月のカレンダーが掛かってます。
妹さんのアタシへの借金額が書かれてるから外せませんです。
いや、書き換えればいいんだけどさ…常に見られるようにしといた方が、いいかなぁ、と。
そんなんお構いなしで返してくれませんですけど…。

今、彼女はポテチ片手にチワワを膝に乗せ、『NHKスペシャル 地球大進化』のDVDに見いっています。
TSUTAYAにそういうんの置いてない! て騒ぐので、アマゾンさんで検索して頼んでやったヤツが、今日 届いたので。

なんか、好きらしくて。生物の発生、みたいな話が。
カンブリア紀がね! 脊椎動物がね! てウルサイ。
いや、アタシも嫌いじゃないけど、魅力は感じるけど、DVD‐BOX買っちゃうほどとは、知らんかった。

どっちかというとオベンキョウは出来なかった類の人なので、そういう知的好奇心を発揮している姿には、安心みたいなものを感じます。うん。

**********

ケータイが、勝手に再起動をしてしまうという不具合を持ったまんま、アップデートしてもなおるもんでもないらしく、困ってます。
いや、mixiのコミュでさんざん報告されてる不具合で、みんなauショップ持ってって無償で修理して貰ってるって言ってるんで、自分もそうすればいい話なんですが。
家の近所にauショップないし…仕事行くとウッカリ忘れるし…。

しかし、SONYさんどうなのよこの不具合は(使ってるのは、ソニエリのreです)。
プレステ撤退とか何とか、大変そうだけど、製品はちゃんと作ってくれ。

ていうか、素人にしてみれば、出してからそんな不具合でるとか…いいんですか? 日本のモノづくり、それでいいんですか? と、思ってしまうよね。
ちゃんと「完成品」を発売してくださいよ。て、ねぇ。

部品とか作ってんのは中国とか東南アジアで、とかなんだろうけど。
システム作ってんのは日本の人なんだろうし。

不具合でて回収とか…何でそういうことになっちゃうんだろう。
機会があれば、そういう研究職に就いた友人にでも聞いてみたいと思いますなぁ…。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-13 00:16 | 日々
この3連休2月に欲しかった。
夜、外に出たら、書き割りみたいにのっぺりしたオレンジ色の満月が、空の低いところに浮かんでました。
でっかかった。

**********

『天地人』第2回はさくっと捨てて、『完成ドリームハウス』をウットリしながら見てました。
いいなぁ、家造りいいなぁ。施主うらやましいなぁ。
職人さんってどうしてあんなに格好よく見えるんだろうねぇ。
ああ素敵すてき。好き。


クリスマスにサンタさんからWiiを貰いまして、何でかって言うと『街へいこうよ どうぶつの森』がやりたくて、Wii欲しい欲しい言ってたからなんだけど。
だからもちろんソフトも一緒にくれました。

DSからハマって、通信もせずにひとり黙々とアイテムコンプリートを目指して頑張っているのだけど、何でこんなにハマるかな? て考えた時に、インテリアコーディネートが出来るからかなー、と。

とにかく膨大なアイテムを集めて、そのアイテムもカテゴリ分けされててシリーズコンプリートすると褒められる、とか、喜ばせてやり甲斐を与える仕掛けが満載でして、そこに自分の趣味をはさみつつ如何に満足のいく部屋(家)にするか。てことが楽しいゲームなのね。

ああ、こんなところにもアタシの家建てたい願望が顕在化している…と、思った次第であります。ハイ。

楽しいよ。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-12 00:54 | 日々
ミチコとハッチン
最近、眠れないときは、布団に入ってケータイでテレビ視聴、ということをたまにします。
そういうときは大抵 深夜なので、どこのチャンネルもテレビショッピングばかり、という状態で、見るものもあまりなく、その少ない選択肢の中で、こないだアニメを選びましてね。
それが面白かったの。


ちょうどオープニングから見たのだけど、それが『COWBOY BEBOP』を彷彿とさせる格好よさスタイリッシュさで、映像も音楽もいいなぁっていう第一印象の良さで、見てみよ。てなりまして。
それが『ミチコとハッチン』でした。

実はそのアニメの存在自体は知ってて、新宿アルタのビジョンでやってたCMを見たことがあったのです。そのCM自体も格好よくて、坂井真紀が声優やってるていうので、覚えてたんです。

「あー、あん時やってたアレね!」て、思い出したんだけども。
そんで、30分見て、おーこれは。と思って、最初っから全部見てみようかなってなって、YouTubeで見始めてます。


テレビアニメは普段 見ないので(深夜にたまたま『のだめカンタービレ』がやってたら見るぐらい)、最近のアニメ事情は分からないのだけども、絵がキレイね! 動きも滑らかだし、デジタルのチカラ? なのかしら。なんだろうねぇ。凄いなぁ。


以下、Wikipediaから引用。
2人の主人公達が繰り広げる逃走劇が展開し、ガンアクションなど西部劇をモチーフにしたアクションアニメ。

舞台は、太陽と原色に溢れる国。そこは貧困によって街は荒廃している上に、国を出た先は荒野が広がる危険な無法地帯。そんな中で、人々の心は総ラテン化していた。その国で暮らす少女・ハナ・モレーノス(通称:ハッチン)は、養育家庭の家族から酷い仕打ちを受けており、密かに家を出て自由に暮らす事を望むが、自ら行動を起こせず、ただ、いつか誰かが迎えに来てくれる事を祈るばかりであった。

しかしある日、ハッチンの前に脱獄不可能と言われた監獄要塞を突破した美女・ミチコ・マランドロが、突如現れる。彼女はハッチンの母親を名乗り、ハッチンを誘拐して逃亡。訳も分からず、ミチコに着いていくハッチンは、彼女に翻弄されつつ、旅に同行する事になる。
ていうストーリーなんだけども、この主人公2人のキャラがよくてねぇ、ハマっちゃうんですわ。
ミチコのぶっ飛びっぷりが好きだし、グジグジしてるくせにいきなりキレるハッチンも可愛い。
ミチコの惚れた男でハッチンの父であるところのヒロシ(を探して、2人は旅をしている)が、ナヨナヨしてるのもイイ味付けだな~と思うのです。
その他のサブキャラも立ってるし。


リアルタイムでは無理だろうが、YouTubeで最後まで追っかけられたらな~と思います。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-08 23:52 | 日々
あけましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします。

**********************

浜松行って、奈良行って、帰ってきて、カレンダー通りに月曜からまた日常です。
あはー。休みが終わるよーん。涙。
やだーん。

いやいや、頑張るけどね。
がんばるんば。

とりあえず、ご挨拶まで!
みんなみんなにとって素敵で平和な一年でありますように!
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-04 01:38 | 日々
流星の絆
ぬぁぁぁあああああっっっ
切ない! せっつないよぉぉぉぉおお!!!!


て、悶えずにはいられない展開になってきました、『流星の絆』。
金曜の夜にいそいそと家に帰ってテレビドラマ観てるってのもどうかとは思いますが(だってビデオ録画できないんです。何か接続を間違えてて)、目が離せないんだから仕方ない。

原作は東野圭吾ってことで、興味はないんだけど(あんまし好きじゃないです)、クドカンの脚本は素晴らしい。間違いない。
二宮も間違いないとして、意外に頑張ってるのが錦戸・戸田の弟妹役ふたり。
いやー、頑張ってますわよ。期待以上に。

3兄妹が幸せに、どうか幸せになりますように。
そればかり願いながら、観ています。
難しいのだろうけど…。

アンハッピーエンドはナシにして欲しいなぁ。
子供たちが傷つく様は、とても辛いし痛いし、切ないです。
はぁ…はやく終わって欲しい…。心労が…。
[PR]
by ling-mu.m | 2008-12-05 23:15 | 日々
お久し振りでやんす
めっきり舞台を観なくなってしまった最近。
ちょーちょー久し振りに、パルコ劇場にて本谷有希子。
『遍路』に続いて二度目。

嫌いじゃない。
でも、これを観るのだったら、ケラとか倉本裕とか、その辺の毒を浴びてる方がしっくり来るし気持ちもいい。
要は、相性の問題なんだと思う。

ていうか、この人は小説だとすごくイタい思いをさせてくれるのに、それが舞台だと削がれちゃう気がするのは何でなんだろう?
もっとイタい思いをさせて! て、Mのココロが叫ぶのです。
もっとえぐって、泣かせてほしい。

むせび泣きたい、今日この頃です。
あ、秋を感じてるな、自分のカラダ(ていうか、ココロ?)


-------------


いま、膝の上でチワワが丸まって寝ています。
何ていう癒し。
そう言えば、先住犬(ボーダーコリー)がいたことすら、ここでは報告していないんだったか。
妹と、犬2匹と、東京の端っこで暮らしています。

ボーダーの方は、先ほど血便のような真っ赤な液体を、まるで水道の蛇口からほとばしる水のようにケツから出しやがりまして、いま救急病院に連れて行かれてます。
何ともないといいのだけれど。

生き物飼うって、こういうリスクがあるから怖いよね。
[PR]
by ling-mu.m | 2008-11-04 01:33 | 日々
近況的な呟き
移行する~とか言ってて結局してないでやんの。
試しはした、色々。でも やめました。

********************

ひっさしぶりに京極夏彦を読む。京極堂シリーズ。
昔ほど読後に爽快感がなかったのが残念。
すっげぇ面白かったぁああ! て、なったのになー高校生くらいの時は。
ちぇ。

********************

先日、同世代の男の子ふたりと飲む。カラオケに行く。
大学が同じ(一人は既卒、一人は5年生)の仲良しーな奴らで、きゃいきゃい じゃれ合う姿が眩しかった。なんか。
なして女子から見て、男の子同士はあんなにキラキラしてんのかね?
阿呆なのよ、やってることも言ってることも阿呆なんだけどもね。

女子が女子目線で男子のキラキラを描いた創作(小説/漫画)はいっぱいあるけど、逆ってないんだよね。
その目線の曲がった先、ていうか行き過ぎたのがボーイズラブとかそういうのんだと思うのだけども、でも そう考えたら百合もあるじゃん?
だのに、男子目線で純粋に女の子同士に憧れるわ~て声は、ないよね。
エロ目線になる前の、純粋な(?)ワンステップが、女子にはあって男子にはないってことか。
「男同士(の友情)」は好きなくせにな。結局 自分らの世界ばっかってことか。そうなのか。

とかいうことを、ツラツラ考えてる最近です。
うわーこんなこと思春期には絶対 考えない、考える訳ない。と思ったら自分がオバチャンに近づいてってんだなって実感した。いやだ。

*********************

ポニョ、早く観にいかなきゃ。
[PR]
by ling-mu.m | 2008-08-05 22:09 | 日々
ぬぬんぬんぬぬん
眠れぬ夜にブログでも。

っていうスタンスを一新すんべ! と思い、中身つまらせる予定はあるよ新ブログを立ち上げ中。
落ち着いたら告知して移行すると思われ。
しばし待たれよ!


寒さに負けて(って言い訳で)お外に出ずにドラクエⅣやりながら引きこもる休日。
デスピサロは倒して今6章。真のラスボス(名前が覚えられね)に苦戦。てか、仲間になってみたら弱すぎだピサロ様。ふざけんなや。
RPGなんか絶対できね、と思ってたけど、やれば楽しいものでした。何事も挑戦してみねばねー。

ドラクエのせいで、どうぶつの森から足が遠のきっぱなしです。早く帰ってあげねば。


…何だこの話題。
眠れないんでレベル上げにでも励みます。逃げんなやメタルキングよう。


あした8時起きできるのかしら。
[PR]
by ling-mu.m | 2008-02-10 02:16 | 日々
夢がもりもり
って何だっけテレビだっけ。
もりもり食べるって表現は、いかにもな感じがして好きです。

おなかすいた。

-------

月曜日、学校帰りに本屋行ったらバカボンド×リアルのポスター見てちょっと胸が震えました。
同時発売ってことでコラボポスターなんだけど、出版社は講談社と集英社って違う所なのにこういうことするのって素敵。
同時発売しようってとこから始まってんだね きっとね。
そんで、じゃーコラボ販促しようぜって。

勿論、そういうことさせるだけの力がある井上雅彦が凄いってのが前提なんだけど、作家が世に出るためには出版社が必要なのだよね。
作品を世に出すのは出版社な訳だよ。
一生懸命、その作品を売るのは出版社な訳だよ。

広めるために売るために、会社の枠こえて何かやるって姿を見て、改めまして出版社って場所で働きたいんだなアタシはな。
て思った。

そんだけ。
自分買ってるのリアルだけですけどね。
あのポスターは欲しいよな。
「事件。」てコピーはどうかと思うけどなアレコレ考えるとな。
だから考えないでおく。

クリエイターのそばで働きたかったんだっけアタシ。
別に派手な業界にいたいとかそういうことじゃなくて。
生み出す力を持つ人と、働きたいんだよなー。

-------

自分の考えてる物語が、確かに面白くなる瞬間があってぐわぁーって盛り上がるんだけど、
書いてるうちに積み上げてく塔が実はぐちゃぐちゃな形になってて空中分解。
そんな感じでリミット3日にして何かもう愛せない自分の書いてるものが。
ちくしょう。
天才になりたかったなぁ。
[PR]
by ling-mu.m | 2007-12-12 02:08 | 日々