カテゴリ:思慮( 40 )
日曜日で一年
365日たてば、無闇に泣くことも流石になくなる。
頻繁に夢に見ることもなくなったし、読むもの・観るものを慎重に選ぶこともしなくなった。しなくても平気になった。
何かしらに触れるにつけ、思い出すことも少なくなった。
親と対峙することも、そんなには辛くなくなった。

望まなくても記憶は薄れる。
悲しいことだなと思う。そうでなきゃ やってらんないから、仕方ないことだと分かってはいても。
忘れて、平気になって、何でもない振りが振りじゃなくなって、それは必要なことだけど。

せめて、鈍感にならないようにしたい。
感傷的で在り続けるんじゃなくて。
前向きに、ちゃんと目をかっぴらいて、避けないように、逃げないように。
そんぐらいは、しないとね。せめてもの償いとしてね。
何が償いになるかなんて、そんなことは分からないし、何言ったって自己満で自分を慰めることにしかならないんだけども。
それでも、ね。

生きてかなきゃなんないからね。
[PR]
by ling-mu.m | 2008-07-26 01:33 | 思慮
どぅわわわわ
いっかい涙ぐんだら落ち着いた。

------------

昨日は兄の四十九日でした。
お墓が年末まで出来ないので、納骨はせず。
お寺さんが、四十九日までは7日毎に7人の神様(…とか、そんな感じの人)たちを訪問する旅をしてるんだよ。と話してたので、あーじゃあ旅を終えて今やっと こっちの世界に来れてるのかも。などと考えてみる。
今までは今までで、あっちこっち行ってるかなーその辺にいるかなーなんて思っていたのだけれども。

生きてる人間なんて、都合のよいものよね。
あの世とかこの世とか成仏とか全部、遺された者のためだって実感する。
如何に悲しみから救われるか、懸命に考えられて積み重なった教えは、やっぱり時に、とても有難いものです。
反発も、まだまだ強いけれども。


戻って来るかもしんないなら、遺影の横に置いてあるタバコを新しくしといてやるかねぇ。と思ったのだが、自分のんを買ったら残金が足らなくなってしまった。
ゴメンヨオニイチャン。
明日マイセン買ってくるから!
[PR]
by ling-mu.m | 2007-09-14 18:55 | 思慮
風邪っぴきイェーイ
行楽してバイトもして掃除も出来て、割かし充実したGWを終えてみたら咳が止まらない。
気合いも入らず、オフモードから切り換えられない。
駄目っ子イェーイ。


…イェーイじゃ、ねぇよ。なぁ。


世界の大きな動きなんかには知らぬ顔して、隅っこで小さく三角座りして暮らしていたい。
そう願うのは間違いか? 愚かなことか?
逃げでしかないのかな。
そうして、胸張って幸せです。て アタシが言えさえすれば、勝ちか。
揺らがずにそうし続けていられるならば。


あーもう。
無駄。考えてること全部 無駄。
なの、か?
結局「流れ」に「普通」に「常識」に、呑み込まれ翻弄されるのが正解か?

問いばかりで、答えは何処にも見つからない。導き出せない。

納得しかたを教えてくれよ。
[PR]
by ling-mu.m | 2007-05-09 16:27 | 思慮
病は気から
大丈夫って思うところから始めるのです。
自分に言い聞かせるところから。
駄目なとこばっかじゃない。
マイナスかもしんないけど、ゼロじゃない。何にもない訳じゃない。
自分で自分にオッケーをあげる。イエスって言ってあげる。
そこから始める。


よし。
大丈夫。
[PR]
by ling-mu.m | 2007-01-19 00:56 | 思慮
問いを立てるちから
レポート書くために読書。……の休憩。

本を読むのは面白いのよ。
小説ではなく、何て言うの、学問書? 専門書?
面白くはあるのよ、論調に興味さえ持てれば。
しかしなー、それを読んで問いを立てるってことが、どうも苦手だ。
ふんふん、て頷いて、あー成程こういう意見もあるのね。と、納得してしまう。
というか、80年代論とかポストモダン論とかサブカルチャー論とか、そういうのって結局「事実」を自分が目の当たりにしてない以上は、あーそうなんですか。て思う外なくないか?

全共闘も学生運動も安保闘争も湾岸戦争もベルリンの壁崩壊も、教科書で知ったというところでは第二次世界大戦と同じレベルだもの。
気付いたら高度経済成長期もバブルもバブル崩壊も終わってたもの。
地下鉄サリン事件の時に世の中がどうだったかなんて意識して生きてなかったもの。

自分よりよっぽど知識もある考察もしてる、そんな人に意見を述べられたら、鵜呑みにするしかなかろう…と思えてしまうのよよよよ。
でも、経験がないなら(しようがないなら)知識で補うしかない訳で、結局は自分の知識の蓄え方が足りないってだけの話なのかしら。

何か、その辺の葛藤がずっとあるんだよなー。

糸井重里はジブリのコピー書いてる人ですよ。
吉本隆明はよしもとばななの親父さんですよ。
消費なんて物心ついた時からずっとしてる。
余暇は大事だけどお金持ちにはなりたいよ。

歴史はずっと昔から続いているのに、結局ひとが生きられるのって自分の人生の分だけなんだなって思う。

……そんなこと思ってる暇あったらレポートやらなきゃね。うん。
ていうか支離滅裂だなこの文章。
そのうち ちょっと熟考してみます。したら楽しそう。
[PR]
by ling-mu.m | 2007-01-18 02:54 | 思慮
よいお年を、て挨拶をし始める時期
今日もバイト先で何人かに言ってきた。
地続きだけど、くぎりは確かにあって、その新しさを思うことは割と悪くないんじゃないかな。

--------

こころってヤツの訳の分からなさを、しみじみと実感している年の瀬。
感情が身体に影響を与えるって、すごい不思議だ。
こころとからだ のつながりってやつ。
真ん中に脳みそをはさんでいることを思えばそうでもないのか?
いやいや、それでも やっぱり不思議でしょうがない。
感情の「いたい」が身体の「痛い」につながるなんて、おかしくない?
変な生き物。
高等であるってことは、ひどく厄介で面倒くさい。


突如として再生を遂げた24日。
特に何があった訳でもないのに、がーって、気持ちが動いた。
我ながら意味不明。
おかげで健康かつ健全な思考は取り戻せたのは、何はなくとも有難いが。
しかし、冷静になって考えてみると、やっぱり多少の無理は生じているし。
完全なる復活は、流石にやっぱりできていない訳で。

でも、これ以上ココロが荒れたらちょっとヤバいよ、という、カラダ側からの警告および働きかけがあったのかもしんない、とも思う。
自分でも気づかないところで。
カラダからの警告を受けて、半ば強制的にココロが舵転換、のかも?
そうだとしたら、やっぱり自分を救えるのは自分しかいない、ということなのかな。
とりあえず自愛。
これ、大事かもしんない。
2007年の抱負かな。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-12-27 00:10 | 思慮
えへへえへへ
眠れない夜は、読んだことのある本を読み返します。
本すら読めない時もあるけど、今は読めます。
今日は松尾スズキの「クワイエットルームにようこそ」をチョイス。
その後、いしいしんじ「プラネタリウムのふたご」を一章のみ。
読んでるうちに眠くなるので、そうしたら大人しく布団に突っ伏します。
そして電気を点けたまま眠ります。
そんなことを続けている師走の終わり。

回復するには時間が要るが、時間に癒されることもいい加減 知っているので、腰を据えて痛みに向き合おうと思います。
ひとつ傷を負うと芋ズル式に古傷がじくじく言い出すのは、厄介な体質ですが、まぁ仕方ありません。

ここがドン底じゃないことは知ってる。
それは結構な強みかも知れません。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-12-24 02:24 | 思慮
つくづく…
他人に きちんと正面きって向き合うということを、してこなかった人生だったのだなぁ、と。
しみじみと、感じてみたりする訳で。

ま・しょーがないか、て、自己判断でケリつけて終わり。じゃ、駄目なんだなぁ、きっと。

言いたいことは言う、聞きたいことは聞く。
そういう、基本中の基本事項を、すっ飛ばしてちゃいけないんだと。
人生において今更 気付いたってのは遅いけど、適用すべき事柄に対しては手後れではあるまいよ。

風邪が完治したらメンチ切りに行ってやろう。と、思う次第。

前途多難。
でも負けねぇし。
弱ってヒヨって怯えて泣いて、そんなんしててもイイコトないね。

よっしゃ。
アタシ強ぇなあ!カッコワライ
[PR]
by ling-mu.m | 2006-11-18 00:12 | 思慮
秋の夜長、というには まだ早いか。
ちょっと ぐるぐるする事項があって眠れません。どっせい。
明日もバイトだっちゅーに。
大学生活ナニしてましたか、と問われたら、バイトです、としか答えられない生活。
それは、どうなの。
でも好きなんだもん お金が。お金 稼ぐのが好きなんだもん。

家を建てたいんですねアタシ。
いい加減しつこいけど、自分の家が欲しいのね。
建売のではなく、イチから造りたいのです。まっさらな土地に一軒家。

ああもうホント早く家建てたい!! という、最近の気分。
引越しのための部屋探しをしたり、青森に行って斜陽館とAtoZを見たりしたら、ちょうどよく気分が盛り上がってしまって。
盛り上がったところで今は何も出来ないのだが。
せいぜい高給取りの仕事に就きたーい、とか、言う程度か。
そうなのね、最近は何がしたい何になりたい、とかよりも前に、家建てたいから取り敢えず真っ当な職に就いて安定した収入を得て貯金したい、みたいな所に落ち込んでて、それは考え方として どうなの、という疑問はありますよ当然。焦りますよ我ながら。

能力なくして賃金はついて来ません。
それは分かってる…分かってるけど、今イチバンしたいのは家を建てることだし、今イチバン欲しいのは自分で建てた家なんだもの。
どうにかこの気持ちを、うまいことボルテージ上昇に繋げられないものかしらねぇ。

家建てたい、なんつー女が、如何に男から見て可愛くないか、ていうのは分かっているつもりですよ。
だって自分が男だったら嫌だもんね、そんなん言ってる女。めっさウザいやん。勝手にしろよ、て思うよね そりゃね。
アタシだったら思うもんね断然。

しかし、しかしだな、このまんま ずっとひとりでいる覚悟をするためには、そんぐらいの夢が必要なんだな。
そういうところとも密接にリンクしてんだ このマイドリィムは。
そういう未来に対する保険というか傷つかないための防御壁というか、大丈夫だお前は強い子ですからね! ていう自己暗示?

でも、だからって万が一そうはならない未来があったとして、家建てたくなくなるかっつったら、多分そんなことはないけどね。相変わらず同じこと言ってると思うんだけど。
分かんないけどね。明日の自分の気持ちだってね、保証できないけどね全然。

誰かと一緒じゃなきゃ生きていけないなんて誰が決めたよ。
そうじゃなくても堂々と胸張って楽しんでる人生を手に入れてやらにゃいかん。
十年後のアタシが可哀想な人になっていないために。
そのための夢。そのためのワクワク。
ひっそりこっそり死んでいくのに恥ずかしくない、終の棲家。
いつまで続くか分からない毎日を無為にしないために、いい家を建ててあげなくちゃいけない。



建築科はいりなおそーかなー。なんて無謀なことを思い始める秋の夜長。
危険なので早めに寝ます。おやすみなさい。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-09-13 02:35 | 思慮
夏だね
残業代が出ないんですけど。どゆこと。

-----

鬱蒼とした森とか海に映える夕日とか富士山にかかる雲とか、を、見て、テレビで。
がーってボルテージ上がって、うわぁーどっか行きたいなーって久し振りに。
無性に、思って、そういうの見て、ひとりだったら、何か素直に涙も出てくんじゃないかな。
なんとなく泣けないまんま泣けないまんま、寂しいんだか何なんだか、ぐるぐるしたもの全部、流れてったり。しないかな。

いつか世界まるごとひっくるめて一緒くたに、愛せる日が来たら奇跡。
奇跡は叶わないから奇跡って言うんだよ、てんなら、じゃあ、そういう夢?
そんなピンクいものじゃないけど。
でも手に入れられたら、てどっかで。
大事で大好きな人たちをいなかったみたくして、みんな木っ端微塵になってシネバイイ、て思う瞬間、なんて、もう一切 関係ない向こう側の世界、ていう日が来たら。
笑って生きられるんじゃないかな。違うかな。
大事なのはどうやったらそんな日が来るか、て、そこか。そりゃそうか。
シアワセになりたいだけだよ。
寂しいのは嫌だなー神様。

-----

スピッツが染みる季節。
夏が来るね。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-06-29 00:09 | 思慮