カテゴリ:ラーメンズ( 17 )
PAPER RUNNER
KKプロデュース第三弾作品「PAPER RUNNER」をDVDにて鑑賞。
久し振りに小林賢太郎の作る芝居を観た訳ですが・・・つまんない。なぁ。
と、思えてしまって我ながら非常に残念です。悲しさもつのる。
別にそこまで絶望的に面白くない訳ではなく、勿論それなりに楽しめるし笑えるんだけど、でも、新鮮味がもう まるで無い。
小林節に飽きが来た、というところでしょうか。
今年のラーメンズ公演「アリス」は相変わらず充分に素敵なステージだったので、お笑い芸人・小林は文句なく面白いんだけど。

小林さんのいいところは「人のよさ」が作品に滲み出るところだと思ってた。
どんなに酷い展開になろうと、悪は滅びるし善は救われる。大体にして、本当に憎むべきキャラというのは滅多に出てこない。みんな、何処かしら憎めないところのある愛すべき人たちで。
その「温かさ」が心地よかったんだけど、毎回それをやられてしまうと、流石に飽きない訳にいかなくて。
オチが読めてしまう。安心しきって観ちゃう訳だよ。悪いようにはならないから、て。
で、オチが読めても問題ないくらい過程に面白さがつまってるか、といえば残念ながらそんなことはなく。
今作は特に笑いのキレがよくなかった気がする。生ぬるくて、中途半端。爆笑を誘わない。

思うに、役者が下手なんだと思う。
毎回 同じメンバーでやるのを、まだ芝居を作り続けるんなら変えた方がいいんじゃなかろうか。
小林さんが自分で出ないなら尚更、彼の書く笑いを的確に表現できてかつ自分で化学変化をおこせるような、そんな役者を探すべきだと思う。いない筈はないから。

小林さんの手法にも飽きたし、役者の面子にも飽きた。
ここらでグワッと、変わらなきゃなんじゃないかしらねぇ。

これを観て思ったのは、自分の笑いの仕様がKERAに引きずられてるのかなぁ、ということ。
KERAの毒っぷりが、何かもう心地よすぎたんだよ。劇団健康を観た時に。
歯に衣着せずに禁忌的な事柄をオブラートに包むこともせずネタにしてしまう。
それが何かもう、アタシ的にストライクだったんだよねぇ。
「消失」のDVDをイキオイで買ってしまいそうだ・・・。

b0026230_3361492.jpg
[PR]
by ling-mu.m | 2005-08-30 20:25 | ラーメンズ
ラーメンズ第14回公演「STUDY」
b0026230_2136755.jpgDVD-BOX 2の中でこれだけ観たことなかったので一番に観る。
収録作品は「syudy」「ホコサキ」「QA」「科学の子」「地球の歩き方」「いろいろマン」「金部」の7つ。
今までの各公演で、全部どれも面白い! と思ったことは実はなくて、いつもどれかしらがこれはちょっとね・・・となっていたんだけど、これは割と全部好き。
特に好きなのは「ホコサキ」「QA」「いろいろマン」。

アタシ、片桐が偉そうな役やってるの好きなんだよね。切れキャラやってるのも好き。
だから『CHERRY BLOSSOM FRONT 345』の「蒲田の行進曲」が大好きなのだ。

「いろいろマン」の片桐もいい味出してるわー。喜んでやってんのかなアレ? したらマジ変態ですね片桐さん。・・・そういやKKプロデュースの『Sweet 7』で、「あれじゃ変態じゃないですか!」て言われてたな片桐。あの時の片桐はホント凄まじかった・・・切れてると言うか、ぶっ飛んでた。面白すぎたよアレは。小林さんの台本通りだったのかな。だとしたら怖いお人だよ小林賢太郎。

「ホコサキ」も「いろいろマン」も、日本語の遣い方の不思議をついたネタですよね。普段は別に納得してるけど、言われてみればそうよねー、ていう。まぁお笑いでは意外とありがちな。でも小林さんの手にかかると面白いコントになって出来上がるんだから、そこが凄いところなのかなと。

  ローソンは村にあっても街のほっとステーションですか?
  すぐ、そこ・・・になくてもサンクスですか!?

  ぬるま湯の、「ま」についてあなたは説明できますか。ぬる湯じゃ駄目ですかっ

て。あーくだらん。大好き。
文字にするとねー・・・どうにも伝わりにくいものですけれども。観れ。みんな観れ。TSUTAYAでレンタルしてっから。知り合いならアタシが貸してやっから。

ところでそこゆくラーメンズフリークの人に質問。
「オオグンタマの貴重な産卵シーン」て、どの公演でやったネタでしたっけ。
日本語学校シリーズだったことは覚えてるんだけども。
「全日本ヤマイドウ選手権」とかのヤツ。知ってたら教えてください。すげー観たいんだ今。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-01-02 23:43 | ラーメンズ
Jam Films 2-机上の空論
b0026230_18442489.jpg4人の監督による短編映画集。30分×4作品。
買った目的は当然、ラーメンズ小林賢太郎が脚本・演出を手がけた「机上の空論」。監督は小島淳二。






ラーメンズの映像ネタに“The Japanese Tradition”というシリーズがあります。タイトル通り、日本独特のふるまいや慣習のHOW TOを英語でする(日本語吹き替えつき)というネタ。大袈裟にしてみたり嘘を交えたりでブラックユーモア的な仕上がりになっていて、爆笑モノではありません。ははって感じ。
Jam Filmsプロジェクトでやったのはこのシリーズの第三弾、“KOUSAI”。
男女の出会いからプロポーズに至る一連の「うまい方法」をレッスンした後、それを実践した男の話がドラマ仕立てで撮られています。主演はラーメンズの2人と市川実日子。シティ・ボーイズの斉木しげるも出てますよ。

このシリーズの第一弾“dogeza”に比べると、バカバカしさが増していると思った。これを外人に見せて信じ込ませられたら楽しすぎる。
デートの誘いは矢文じゃしません。求婚するのに白装束も着ないっつーの。
何て素敵なバカっぷり。

片桐演じるマツシマと実日子ちゃん演じるヨウコは、お互い想い合ってるのにどちらからも言い出せないカップルで、小林演じる気障男がヨウコにちょっかい出したがために結局マツシマとヨウコがうまくいっちゃった、て話で。
小林賢太郎だなぁと思った。どこまでも正統。誠実。
マツシマとヨウコが、海岸で「好きだ!」「アタシだって好きだ!」「俺の方がもっと好きだ!」的なやり取りを繰り返すんだけど、そこがもー、たまらなく好き。
いい! いい!! て、一人で悶えてましたもの。
まー結局は、そのドラマもハウツービデオ販促材料のネタだった、てオチなんだけどね。
でもいいの。ドラマのとこだけ繰り返し観よう・・・。マジでツボだわ。

出だし、実日子ちゃんがどうも演技が下手な感じに見えた。片桐も。今まではそう感じたことなかったのになー。話が進むにつれ気にならなくなったけど。
片桐は「芝居するコント」の演技だった。ギリジンとか父さんとかのハチャメチャ系ではなく。
すごい普通で、逆にそれが面白かったな。

メイキングで実日子ちゃんが、「小林さんが片桐さんの芝居を嬉しそうに観てる」て言ってて、それが嬉しかった。小林さんが片桐のこと大好きだといいなーて、常々 思ってましたから。
それはまぁ、インタヴュー記事読んだりとかして、にじみ出てくるものがあるから分かってたけど。でも改めて嬉しくなる。

小林さんがメガホン取って長編映画撮るってことはないんですかね。
舞台の次にはそこじゃねぇのかと思うのだけど。準備中だったりしないかな。
片桐は主役じゃない方がいいな。変なキャラでもない方がいいな。まともな脇役。
「恋の門」とか「犬と歩けば」の片桐の演技っぷりをまだ観てない・・・早く観なきゃー。「犬と歩けば」には片桐の彫刻作品も出てるそうですよ。おお。

そういや、“Jam Films S”がそろそろ公開なんじゃない? 今回は山崎まさよしが出るみたい。
まさやん好き。泣ける。まだラジオやってんのかな? 昔よく聞いてたなー。ラジオっ子だった頃。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-01-02 00:10 | ラーメンズ
good day house
b0026230_22573739.jpgとあるビルgood day houseのテナントに入った人々と内装屋、オーナー夫婦のオムニバス喜劇。
一階は兄妹経営のカフェ。二階は小学校受験の学習塾。三階はギャラリーで、オーナーが見初めた画家の個展が開かれる。
そこにカタクリ工務店からやって来た内装屋は、おせっかいで首突っ込みたがり。
かくしてドタバタないち幕が繰り広げられていく。

ラーメンズの小林賢太郎プロデュース作品。いわゆるKKプロデュースの第一弾。
片桐仁が内装屋、賢太郎さんは画家として出演。

一階、二階、三階、四階と話が進んでいき、最終的に、住人達がオーナー宅の四階に集まり、ある真相が明かされる。
一階はあんまり好きじゃない。小林さん特有のしつこさが、笑いに繋がってなくてただ飽きがくるだけのものになってた。役者が好きじゃなかったのかもしれない。
二階はそこそこ。お受験戦争に加担して金儲けしてやろうって連中の経営する学習塾。塾長と片桐の絡みがナイス。
ラーメンズファンとしては、やはり三階が一番 面白かった。そこは仕方なかろう。
第二弾“Sweet 7”での小林さんはほんのちょいとしか出てなかったので、これもそんなもんだろうと思っていたらトンデモナイ。すげー出てる出てる。喋る喋る。
三階で、個展は明日からなのに絵が描けないでいる画家。そこに間違ってやってきた内装屋。やる気を出さない画家に対し、アートが何たるかを力説する。もっともらしく適当に。
小林さんが絡むのは殆ど片桐オンリーで、だから、芝居にラーメンズのコント挟み込んだ感があるのは否めない。それはどうなのかと正直 思う。
が、キャンバスや絵筆を使って何か描く、ってことは、小林さん的にはラーメンズの舞台では禁じてそうなので、やっぱり芝居でやっている意義はあったのかなと。思わないでもない。
下ネタ ガンガンやってた。主に片桐が。すーげ面白かった。アドリブではないと思うんだけどどうだろう。小林さんの脚本ではない感じがしないでもない。
小林さんはあっちこっちのインタビューで、下ネタは必要最低限しかやらない、というようなことを言っておられるが、それは嘘だろうと常々 思っている。
だってすげーやってんじゃん下ネタ。むしろ好きだろぐらいに。ねぇ?

話としては、画家にまつわるあたりで何となくのテーマがあるのかしら? 程度。
“Sweet 7”ほど分かりやすいオチはなく、何となく尻切れトンボで終わった感じもあり。
小林さんて、何気にオチが不得意じゃないですか? てか、中身の面白さに見合ったレベルのオチをつけるのが難しそう。キレイに終わりすぎてる感がある(コントの話ね)。
面白かったけど心には響かない。
まだまだ、てトコロ。

第二弾、第三弾になるにつれ、より芝居らしくなっていると思う。
セットも、この第一弾じゃまだかなりシンプルで、ラーメンズのコント時とあまり変わらないし。
それに比べて“Sweet 7”の舞台装置の凝りようったら凄かったね。プロのケーキ屋さんに確認してもらったっていうぐらいだし。
小林さんも、方向性を見極めながら作っていってるってことなのかな。

ラーメンズに他人が絡む図というのも、そうそうないので(テレビ出ない人達だからね)新鮮は新鮮。
でもやっぱり、片桐は小林さんと絡んでる時が一番 面白いんじゃないかと思ってしまうよ。
そこはファンの色眼鏡なんだろうか。
難しいところです。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-12-07 23:50 | ラーメンズ
私の職場は本屋さん
本屋でバイト、続けております。やっとこ一ヶ月。まだまだうろたえること多し。
頑張ってます。

スタッフ特典で、自分の働く店舗じゃなくても名札を見せれば10%OFFで買物ができます。
ってことで、本日 初めてお客さんになって来ました。
給料入ったし、授業の発表の資料にしたいしってことでラーメンズ関連を一気に購入。
あと草間彌生。
在庫切れしてて「鼻兎」は買えなかった。「粘土道」も。残念。

本を大量に買うのってすげーキモチイイ。
漫画じゃなくてハードカバーなところがヲトナなカンジ(はい?)。
持って帰るの大変だったけど。雨だったし。
でもストレス発散になるよね。買った、っていう事実に満足しがち(駄目でしょ)。

「ラーメンズつくるひとデコ」の表紙、気持ち悪いです。特に賢太郎さん。
さっさと読んでレジュメ切んなきゃ。
参考に何かひと作品 見せようと思ってるんだけど、どれにすべきか思案中。
短くて、特にファンじゃない人に受けるヤツ。
探してみると案外 難しい。
推薦図書対決かマーチンとプーチンかなと思うのだけど。
長いの見せれるなら日本語学校がいいのだけどね。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-11-18 22:39 | ラーメンズ
PCの壁紙を
ラーメンズにしてみました。
トゥインクル・コーポレーションのTALENTSページに使われている写真
並べて表示。
素敵に気持ち悪くて、ひとりでご満悦です。

ラーメンズで一番好きなネタはー。
読書対決かな。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-10-04 22:39 | ラーメンズ
衝撃
ラーメンズ片桐仁がパパになってた。
今日まで知らなかった自分に喝!
ファン失格やわー。

しかし奥さん美人ですね。
元モデルだって。
子供どっち似なんだろう。

幸せになって欲しいなぁ。
片桐仁も賢太郎さんも。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-09-26 23:11 | ラーメンズ