2005年 11月 16日 ( 1 )
夕凪の街 桜の国
b0026230_19467.jpg話題の漫画を立ち読み。

読めばきっと誰しも考えることがあると思う。
ので、一読して貰いたい。

こうの史代・著。
双葉社より刊行。


感動するかもしれない。
悲しくなるかもしれない。
くだらなく思うかもしれない。
不愉快になるかもしれない。
あたたかくなるかもしれない。
あるいは、何も思わない人もいるのだろうか。

アタシは、どう思っていいのか少し混乱している。
感動する、とか、いい話だ、とか言うのは、あまりに安易な気がして。
敢えて言うならば、しんみりしてしまった。というところだろうか。

普段、死ねとか死にたいとか言ってるけど、それはそれでアタシにとってのリアルで、そりゃあ何も考えずに反射神経で口に出すこともあるけども、それなりに深刻な事態ではあって、だから そこを反省するというのも何だか違う気がするし、大体これは・・・人の生き死にの話、なのだろうか?

原爆が落とされた広島という町で、被爆により、その形はそれぞれなれど、人生の方向が多少なりとも変わってしまった、幾人かの話。
遠い遠い昔の。
アタシには想像の及ばない世界。
現実に戦争はそこにあるけど、それでも、それはあまりにも他人事な出来事。
戦争を恐れる気持ちは当然あるし、絶対悪だとも、思う、けれども。
ノーモアウォーと、叫ぶほどの気概は、ないよ。
それは罪なことなのでしょうか。
ひとでなし なのでしょうか。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-11-16 01:28 | 活字/漫画