<< 私の職場は本屋さん いま、会いにゆきます >>
久し振りに
とても共感できる文章を見つけた。
まずはこれを読んでみて下さい。↓
どんなこころが欲しいのか。これなんだなぁ、ほとんど全部。

以前にも紹介した、ほぼ日刊イトイ新聞内の連載「坊さん」より。

目からウロコ、とまでは言わないけれど、読んだ瞬間、とても納得がいった文章。
そうそう。そうなんだよね!
て、なんだか無性に、嬉しくなってしまったのさ。
きっと、アタシが何となく考えていたこととぴったりキタ、って、その程度のことなんだろうけど。
だからナニ? って言われてしまえば、それまでのことなんだけど。
それに気付いたところで、戦争が終わる訳も飢えた人がいなくなる訳もなく、人殺しもエイズ患者も親に殴られる子供も減らない。何も解決しないし何も生まれない。
アタシの何かが解決する訳でもない。それもやっぱりそうなんだけど。

でも、アタシの心はほんの少し救われた。
それが嬉しくて、誰か他の人にも伝えたくなったんだ。

あからさまな励ましの言葉がとてもしみる時もあれば、こういう、別段そういうつもりで書かれた訳じゃない文章に心打たれる時もある。
結構、気付いてなかったことかもしれない。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-11-15 13:43 | 思慮
<< 私の職場は本屋さん いま、会いにゆきます >>