<< 流星の絆 子どもたちは夜と遊ぶ >>
いしいしんじトーク&サイン会
いしいしんじ が久し振りに新刊を出しました。
それを記念して、青山ブックセンター本店にてトーク&サイン会。

行ってきました、晴れた青山。
仕事じゃなく行くのはいつ振りだろうか。
浮かれてて本をじっくり見るような真似は出来なかったけど、好きな本屋さんのひとつです。

今月アタマにも、オープンしたてのブックファースト新宿店で古川日出男との対談イベントがあって、ひと月に二度もいしいさんに会えるなんて、幸せすぎる。


髪が伸びてて、本人いわくブルックリンで使ってたシャンプーのせいでクリクリパーマに。
黒のジャケット(くまちゃんピンバッチ付き)に茶色いネルシャツ、サーモンピンクのパンツ(新宿の時も確か同じの)、見えにくかったけど多分ゴールドのスニーカー。
可愛い…。相変わらず可愛い…。

最近いしいさんが行っている「その場で小説を作って書きながら朗読」を中心に、新刊『四とそれ以上の国』の話がやっぱり大多数。
あとは、いしいさん自身の小説の書き方とか読み方について、もうすぐ京都に越しますって話、今書いてるもの、これから書くものの話。

よしもとばなな の『彼女について』を絶賛していて(いわく、今年No.1の小説)、読まなきゃ。と思う。あと谷崎潤一郎も。


メモ帳もペンも忘れて何も書き留められなかったけど、ただひたすら話に聞き入るっていうのも、気持ちよくて楽しかった。
結局は残ったものが大事なんだろな、とも思う。

トークの終了後にサイン会。
前々から思ってたけど、アタシは(例えそれがいしいさんとか、大好きな人のものであっても)サインをありがたがらない性分みたいだ。
例えば、本人にサインして貰えて握手やら写真やらが撮れて、ていう場と、何百人って人が聴講できる講演でしかも自分の席は後ろの方で、て場と、どっちかにしか出れません、て言われたら、おそらく後者を選ぶなぁ、と。

いや、そのサイン会でじっくり本人と話せます、てことだったら話が違ってくるけど、それが一瞬だったら、それよりもその人のことをもっと知ることが出来る方を選ぶんだなーきっと。
いしいさんは、サイン会だけってやらない人だけど(サイン本はいっぱい作る)、それだけだったら行くかどうか分かんないな。と思った。まぁ、たぶん行くけど(なんだよ)。

サインて、要は他人に対して「自分はこの人に会いました」て証拠だから、そんなもん、持ってても・・・ねぇ。いしいしんじ なんて若干マイナー(でもないんだけど)な作家なら、尚更。
でも、いしいさんはサインに絶対 絵を入れてくれるので、それを集めるのは結構 楽しかったりもします、実は。へへ。
所詮ミーハーですな。


新刊はこれから読みます。来週末かな。ワクワクする。
[PR]
by ling-mu.m | 2008-11-30 23:45 | いしいしんじ
<< 流星の絆 子どもたちは夜と遊ぶ >>