<< 春の終わり 天空の城 ラピュタ――と見せか... >>
東京国立近代美術館
学校に行くのがイヤーで、途中下車して(中学生かよーお)東京国立近代美術館へ。
はーひっさしぶりに行ったわ。
最近 美術館なんて とんと行ってなかったけど、企画展もやってない平日の昼間の美術館の居心地の良さったらないね。通っちゃいそうだよ。
企画展を見た後に常設展まで回る余力がないことをいつも嘆いていたのだが、なるほど企画展をやっていない時に行けばいい話だったのですな。気付くの遅。
藤田嗣治展に行きそびれて悔しい思いをしていまして、そう言えば常設展に戦争画あるって誰かセンセイが言ってたわーじゃあ行こ。っていう経緯だったのに、入場券を買いながら、そういや藤田展 京都に行ってんじゃん…と思い出してがっかり。
帰ってきた頃 見計らってまた行きますよ。

さて足は運んでも普段はじっくり見ない常設展、とくと見てまいりまして。
正直、アタシは美術館に行くのは好きだが絵画・彫刻の類の知識は人並みしかない。
から、キャプションを見なきゃ、誰の作品だかいつの作品だか画材や素材は何なのか、等、何も分からないのです。
その程度だから、作品に対峙しても好きか嫌いか、ということしか基本的に考えない。
アタシの中の最高賛辞は「やっべーコレ欲しい。」という低俗なもの。

勿論そうじゃなくて、意味も分からずアタシの感性のどっかに容赦なくぶつかって来て足を止めさせてしまうものも少なからずある訳ですが、それだって結局は作品の背景なんてお構いなしに、自分の心に正直に従っているだけな行為だよね。
そういう見方がいいのかなーという疑問は、多少なりともずっとある。
悪くはないと思うが、進歩はないよね。

現代美術を見るのならそれでいいと思う。というか、そういう見方しかできない。
が、ある程度 歴史を経て今に伝わっているものと対峙する時、その作品の周辺に関する知識、例えば時代の動きだとか美術活動の流れだとか同時期の作家だとか、そういうものが自分の中に蓄積されていた方が「正しく」見れるのじゃないかなぁと。いう気がする。
そう考える時、勿論 自分で勉強すればいい話なのだけど、そうじゃなくてその前に、学校教育の中でそういう知識を植えつけといてくれれば良かったのになーと思う。
「図画工作」の時間が主に自分で描く・作ることが中心なのは、きっと今でも何ら変わることなくそのままなのだろうけど、それと共に、世界の・日本の美術的歴史および作品についての知識をくれていたら、もっと豊かに美術作品と対峙できているんじゃなかろうかと。
思うのだよ。
まぁ日本の学校教育に芸術に関することを求めるのはもう全く不毛というか、諦めざるを得ない状況だということも十分 承知してるから期待はしないけどさ。


近代美術館の常設展は、日本の作家たちによる作品を、時間の流れに沿って紹介している形です。
一般的に有名な作品もチラホラ。高村光太郎の「手」とか。アタシは嫌いなんだがあの手のうねりが何か。不自然で。

作家を覚えていないのだが、「油断」というタイトルの作品がえらく気に入ったことで、日本人の描く繊細な線を好む自分を発見した。
昔の、いつの時代からなのかな、絵巻物なんかで、水彩画のタッチ(実際は何で描いてるのかしら…キャプションには「彩色」としか書いてないのね)で描かれる絵。
リアルなんだけど今の漫画絵に通じるような、きっとこれは日本人独特の描き方なんだろうな、と思わせる柔らかい線。
あーあのさー、タイトルが思い出せないんだけど、頭ちょんちょりんで右手に布を握った女の子の絵。あるじゃないすか。あれ。ああいう線。
狩野芳崖の「悲母観音」的な。ちょっと違うんだけど。
鬼のように日本史 勉強しても、こういうところに結びつかなきゃ駄目だよね…(全科目に対して言えることだが。英語とか英語とか英語とか)。
せめて展示作品の作者を覚えてくるべきだったよー。

プチ企画展みたいな感じで、毛利武士郎・村岡三郎・草間弥生・川原温の作品による「持続/切断」という展示をやってた。
そこでアタシの心を持ってった作品がふたつ。
毛利武士郎の≪彼の/地球への/置手紙 その1≫と村岡三郎の≪1954年7月≫、どちらも立体作品。
あと村岡氏の≪折れた酸素≫もキタ。
これらに会えるんだったら本当にここに通ってもいいと思った。
すごい、引力。
きっと、何かしら自分の中にその引力に呼応するものがあったんだろう。
何かに惹きつけられたくて、ショックを受けたくて、自分が美術館に行きたがる理由はそういうところにもあったんだなぁ、と。
再発見した、そんな日。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-06-03 00:26 | アート的な
<< 春の終わり 天空の城 ラピュタ――と見せか... >>