<< 軽い健忘症 また雨だよー。 >>
花とアリス
b0026230_221436100.jpg好き:★★★★☆

好きな人が頭をぶつけるところを目撃した花。
とっさに、「先輩はアタシに告白したことを忘れてる」と嘘をつく。
親友のアリスは元カノという設定。
疑心暗鬼ながらも、ふたりの嘘にだまされ、翻弄される先輩。
三人の、恋と友情と小さな夢が行き着く先が、穏やかな目線で描かれていく。

岩井俊二監督作品。
蒼井優が可愛すぎます。「リリィ・シュシュのすべて」でその可愛さに気づいて以来、虜です。
杏ちゃんが誰かに似てるなーと思いながら見てて、誰だろう誰だろうとずっと考えていて、終盤あたりで「あ、ベッキーだ」と気付いた。口調とか、時々ね。

花の大胆かつ突拍子もない行動に驚きつつ、そんなことをしてしまう気持ちは凄く分かってしまう。切なくなりますね。
嘘だと言い出すタイミングを見失って、どんどん突っ走ってしまう。
でも、その突っ走りぶりに迷いがなくて、とてもキモチイイのです。悪びれないというか。
先輩に、今までの話は全部嘘だと、だから遠慮なくアリスと付き合えと、そう泣きながら告白したのも、罪悪感からではなく、ただただ先輩が手に入らなかったから悲しい、という気持ちからだろうと思って。そう伝わってきて。
罪悪感が無いとは言い切れないだろうけど、あるとしたらアリスに対してだろう。大切で大好きな友達を傷つけたことへの反省と後悔。
風ちゃんの、「ケンカは駄目だよー」の台詞が、言われる度 胸に来ました。

アリスの、何かもう色々 諦めてはいるんだけど、でもやっぱりどうにもうまくいかない日々がなんだかなー。という雰囲気が、とても好きです。しゃぶしゃぶつつきながらおかんに説教するところとか。
何か吹っ切れたように、オーディションで「自分を見せる」ことに積極的になったアリス。
あのバレェのシーンで泣きました、私は。とても穏やかな気持ちで。
例えこのオーディションに落ちても、これがきっかけになればいいと。
何だかうまく行かない日々に差し込んだ光であればいいと。
泣かないで、歩いて行って欲しいと思って。
まぁ、結果的には受かったんだけど。
でも、あれはホントにパンチラにやられただけじゃないのか。
カメラマン以外の人は全員、感動してたんだろうけど。


先輩はアリスを選ぶんだと思ってた。もしあそこで花が嘘でした、と言わなければ、ずっと騙されているつもりだったんだろうか。それとも、花の告白に心動かされたのかな。
どちらにしろ、花の必死さに負けたんだろうな。
ふたりがずっと一緒にいてくれたらいい。
花と先輩。花とアリス。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-10-09 16:25 | 映画
<< 軽い健忘症 また雨だよー。 >>