<< Jam Films 2 貯金分があったらしい >>
敦-山月記・名人伝-/信長
バイトが休みで学校もなくて家に一人。
という好条件の元、もう大分 前に撮って放置してあった芝居のビデオを消費しようと思い。
世田パブでやった「敦-山月記・名人伝-」を観ようと。
したのだけど。
・・・眠くて眠くて仕方ないのでものの十分で諦めました。
割に静かな芝居のせいかなーと思い、またの機会に託すことに。
中島 敦の「山月記」と「名人伝」を、中島の人柄・生涯を交えつつ上演するこの作品、実はチケットを取りつつ具合を悪くして行けなかったという個人的いわく付きのもの。
いずれ ゆっくり観ようと思います。
「山月記」は中学生の時に国語の教科書で読んだのだけど、ものすごく、何と言うか、身につまされて、心揺さぶられながら読んだのを覚えている。
李稜はアタシだなぁ、と。
以前 知人が同じようなことを思ったと聞いたことがあり、誰しも そう思う部分はあるのかもしれない。
だからこそ教科書にも載るのだろうね。


その後、洗濯をして犬の散歩をして、何となく時間を過ごしつつテレビをつけたら市川海老蔵が主演の「信長」がやってまして。BS-2かな。
コレ、確か田辺誠一が出てるヤツだーと思い、第一部の途中からですが観ておりました。
田辺さんは明智光秀役で、虎視眈々と信長を陥れる時機を見計らっているのかと思いきや、深く信長に心酔している、忠実な家臣で。
羽柴秀吉に比べると、やはり洗練されていて如何にもインテリという感じなのだけど、しかし信長を慕う気持ちは泥臭くて人間味があり、非常に良いキャラクタァで描かれている。
誠実な男が、果たしてどう信長を裏切ることになるのか?
と、展開にドキドキしながら観ていた訳です。
が。
…あと二十分、というところで寝てしまった・・・。
横になったのが仇となり、気付けば番組が変わり、目前には寝息を立てる犬が。
ひぃちゃん、お姉ちゃんは一緒にお昼寝がしたい訳じゃなかったんだよ。
結局、光秀が信長をどう欺いたのか、あるいは欺かなかったのか、終末は分からずじまいで、大変に悔しい思いをしましたとさ。ちぇ。
海老蔵 演じる信長は、自分が天下を治め戦乱を静め、この世に平安をもたらそうとする、一見 平和主義なキャラクタァで描かれている。
しかし、その思いはやがて暴走し、無茶な戦が重ねられ、彼のやり方に戸惑う家臣は信長を狂気の人のように見る。
光秀もその過程において「自分は上様が怖い」と言い出すので、信長が光秀によって本能寺で焼かれたという結末だったとしたなら、光秀の苦渋の決断、のように書かれていたのだろうか。
くそう、気になる・・・。
寝てしまっといて言えた義理じゃありませんが、非常に面白い筋書きの芝居でした。脚本は誰だらう。
国立劇場でやったのだったか、客席は年配の方が多いように見受けられました。
カメラワァクが非常に気に入らなかったのが残念です。
[PR]
by ling-mu.m | 2006-04-30 01:03 | 芝居/舞台
<< Jam Films 2 貯金分があったらしい >>