<< 涙までは出ないけど へこんだ時に考えること >>
一億総カメラマン時代に
美大で写真部に入っている友達の展示会を覗くため、学校帰りに渋谷へ。
いつ行っても人だらけな街ですなぁ・・・。いまだに真っ直ぐ歩けません。

展示場は駅から徒歩5分ぐらいのギャラリー。
小さめの箱で、参加者は18名。
友達に挨拶して、取り敢えず順番に見て行く。
猫とか空とか花とか民家とか。
友達は羊を撮ってた。
全体的にポジティブな感じで。

自分は素人なので技術云々のこともろくには分からず。
だからどうしても、「好きか、嫌いか」を基準にして見てしまうのは否めません。写真でも絵でも映画でも。
で、なかなか好きな感じの作品が多かったので満足。

自分も素人ながら写真を撮るのが好きで、デジカメ持ってフラフラしてたりします。
サークルとか入ってなくて、技術極めようってこともしてなくて、ホントにただの趣味なんですが、もうちょっとのめり込んでみてもいいかもしれない、と思った。

素人でも、「イイ」カメラが持てる時代じゃないですか。
多少技術が追いつかなくても、ある程度は「イイ」写真が取れる時代。
だったら、どうせなら、ちゃんとやってみようかなぁ、と。
思ったりしたのでした。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-10-02 23:10 | アート的な
<< 涙までは出ないけど へこんだ時に考えること >>