<< うひゃー 今日も眠れじ >>
不満足な旅
青木さやかより友近の方が面白い。

------

稽古場でおおむねボンヤリと過ごした後、下北沢はザ・スズナリにてペンギンプルペイルパイルズ第10回公演「不満足な旅」を観る。
今まで個々に作家(演出家)・役者を観て来て、やっとこPPPP本公演に辿りつきました。
今まで彼らの作品を割かし大きいところで観ていたためか、スズナリで公演というのは正直ちょっと驚いた。もう少し大きな所でやっても人は入るんじゃないのか? て。
一応 全席指定でしたが、当日券もあったし次回公演もスズナリのようだし、このぐらいのキャパでもう少しやるつもりなのかしら。
デカい所でやるなら他で、という感じなのか。どうなのか。

と、思っていたのだが、今回公演は、まぁ小屋にあった話だったのかなという気はする。
これを本多劇場でやると・・・いや、それはそれで観れるかなぁ普通に・・・。
よく分かんなくなりましたので考えるの やめ。別にアタシが観れりゃ それでいいんだべな。

小林高鹿さん可愛かったです。「写楽考」ではその魅力があまり出てなかった気がするので嬉しい。
小林さんにちょっと情けない役をやられるとトキメキます。

 「登場人物はみんな必ずや初対面」という制約を設けて書いてみたのが、この戯曲でした。

という倉持さんの言葉がパンフにあります。続けて、

 書き終えてみると、初対面の関係が露呈させたのは、「相手をどう扱ったらいいのか
 分からぬ戸惑い」ではなく、「自分をどう扱ってほしいのかという自己主張」でした。

とも。更には

 登場人物たちの、「きっと二度と会わない」という確信に基づく、強気な自己紹介を楽しんで
 もらえたら嬉しいです。

だそうで。
成程そういう芝居でした。強気な自己紹介。

小ネタ小ネタで申し分なく笑えましたが、観終わってしまえば何も残らない類の物語ですかね。
果たしてそれが意図されているかどうかは ともかく。
もうちょっと謎解きとファンタジィ炸裂の倉持作品が好きなので、少々もの足りなかった、というのが正直なところです。
意味わっかんねぇ! の部分もあったけど、もっと惑わされたい。混乱させられたい。
今公演は非常にシンプルで、シンプルすぎてもの足りなさを感じてしまいました。

来月には「バット男」が放映されるらしいです。非常に楽しみ。「パリアッチ」のDVDも出るしね。

------

本日は古田氏に続き、木場勝己らしき人を30センチ先に見かけました。近すぎて真偽の程は知れません。小心者なので、見直して確かめるなんてことはできないのですよ。ええ。

明日(日付的にはもう今日ですか)は「労働者M」の一般発売日ですね。緊張するなぁ。
取れなかったら「カラフルメリィでオハヨ」もある訳だけど、競争率は似たようなものでしょうな・・・。
あーやだやだ。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-11-19 02:12 | 芝居/舞台
<< うひゃー 今日も眠れじ >>