<< 隣の芝生は青いってゆう 四国旅行記 4 >>
うだうだ
瀬戸際にいるくせに楽な方 楽な方に流れたい気持ちが勝って授業を切ったためアタシの後期授業開始日は10月4日と相成りました。
ホントあと二年で卒業できんのかなー自分。
まぁいいや。

夏休みはバイトの鬼と化していて何かしら用事のない日は全て働いてたので、今日は久し振りにのんびりした。

今日までに読んで感想を送らなきゃいけない課題図書が二冊あって、一冊は昨日のバイト中に買ったんだけどもう一冊は出版社品切れ重版未定(=絶版状態)だもんで、それを求めて横浜市内の最寄じゃない図書館まで足を運んできた。

いつもとは逆方向に乗る電車。
見知らぬ場所。

ま、普通の住宅地でしたけど。電車でせいぜい二十分だし。
カメラ持ってけばよかったな。
何でもない所でも、何かしらシャッターを切りたくなる画はあるものです。

自分の名前の地名を見つけた。何処にでもあるな。地元にもある。学校名にもなってる。
ありふれた名前よのう。

本屋を三軒ぐらい回りながら帰る。
小さいところは本当に品揃えが悪い。という不満を、当たり前に持つようになってしまった。
バイトの弊害。

サティに寄ったらタイガース優勝記念でセールやってた。へー。
興味ないなぁ。

帰ってきて、犬の散歩にでも行こうかと思ってたけど彼女は本日 妹の学校に連れてかれてるのでいないんでした。
「姫子がいないと一日が長いねぇ」とは、母の言。
暇さえあれば犬に話しかけてるんでしょうなぁ。

することないので(課題図書は?)魔女の宅急便を観る。
また観ちゃった。宮崎駿に嫌われるなぁ。
まぁハレの気持ちで観ればいんだろ? そしたら文句はないんだろ?
ちなみに昨日の夜は紅の豚を観ました。
ハウルのDVD買おうかなぁ。

ビデオ観てたら「秋の空だねぇ」と母が言うのが聞こえて、撮ってみた秋の夕間暮れ。
b0026230_19111994.jpg

茶の味みたいね。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-09-30 19:14 | 日々
<< 隣の芝生は青いってゆう 四国旅行記 4 >>