<< キャッツ みちのく旅行記 4 >>
お父さんの恋 Family Tale
今月はバイトしまくりのため、ろくにナマの芝居を観に行かない。
その分 映像でカバーしたいんだけど、映画観たり舞台のビデオを学校に観に行ってる暇が果たして あるのか不安。睡眠時間さえ削れば時間はできるんだけど。
てことで、明日は貴重なお休みなので夜更かし。
以前 録画しておいたWOWOW放送の「お父さんの恋 Family Tale」。
あんまり興味はなかったんだけど、まぁ折角やるし堺雅人 見たかったし。

杉本家は二女一男の三人姉弟。
父・正樹(前田吟)は一年前に脳出血で倒れてから植物人間。新築したばかりの家でヘルパー・さおり(星野真里)と暮らす。
母親の十三回忌のために久し振りに帰ってきた姉弟は、以前のヘルパーがやめて年若い娘が父の面倒を見ていることを初めて知り、彼女の魂胆を疑う。
3人はそれぞれ家を出ていて、長女・正子(七瀬なつみ)は玉の輿に乗り一児の母、次女・美樹(菊池麻衣子)はネット通販会社の女社長、長男で末っ子の大樹(堺雅人)はニート時々フリーター。
近所の幼馴染・藪(池田成志)は離婚をしてから医者を志し、父の診察を担当している。
目を覚まさない正樹は、しかし意識はあって さおりに恋心を抱いている。
父の面倒を見るだ見ないだのの醜い言い争いする姉弟を見かねたさおりは正樹と結婚するとか言い出すし、さて、お父さんと杉本家、それから当然 ワケアリなさおりの行く末や如何に。

家族ものです。パルコ劇場です。「LAST SHOW」に通じる二点。
何だかなー。まーた泣いちゃったよ。いやぁ、不本意。家族ものに泣いてる自分が不本意。納得いかない・・・。悔しい・・・。
今回はホントにホントにストレートに家族もので、だって副題がFamily Taleだし、だから余計になんか・・・要は舐めてかかって足元さらわれた、て感じ。

堺雅人は人気のヒトなので一度ちゃんと見ておこう、と思ったんだけど、別にそんなうまくない。
大樹の、どーしようもなくてへらへらした頼りなげな感じは十二分に出てたけど。笑顔が気持ち悪い。何処が格好いいのだか皆目 分かりません・・・。
今回は姉妹2人が良かったですよ。七瀬なつみと菊池麻衣子。前者はどっかで見たことありそうな おばさん。「おみやさん」に出てるらしい。長女の、おっとりしてて女らしい、コミカルでちょっとふわふわしたキャラをまさに絶妙! に演じてました。好き。
菊池さんは今まで特に注目したことはなかったけど、ヒステリックな怒鳴り合いのシーンでおっ。となりました。この人そういうキャラ多いよね。
前田吟の、よく喋る、それなりに封建的ででもお茶目で子供思いの父親も素敵。植物状態、ということで、彼の台詞はほぼ独白に近いのだけど。
そんな中で下手さが際立っちゃったのが星野真里。金八先生の娘役のヒト。最初から最後まで一貫して下手でした。姉弟の会話に泣かされたんだけど、彼女が喋り始めた途端に冷めちゃってテンションもすっかり落ち着いてしまった。下手だと台詞のチャチさが倍増しだしね。このヘルパーのキャラが嫌い、てのも大きな要因なんだろうけど。残念。

家族の間に無償の愛があるなんて嘘で、親は子に報いを望むようになる。
て、お父さんの台詞。利害が一致しなきゃ、家族なんてやってられねぇよなぁ、て。育ててやったんだから老後の面倒は見ろよって思う。それって人としてはそりゃあ当たり前の意見だよねぇ。
ウチの母親は、寝たきりになったらもう施設に入れてくれ、なんて言うけど、それも本音かどうか分かんないし。本人じゃないから分かんないよ。
寝たきりで意思表示ができない正樹の気持ちを、姉弟はそれぞれで想像すんだよ。
一人じゃ寂しいだろうから さおりと結婚させてやれだとか、家と土地売ってお金に換えて介護費にあてた方がお父さんのためだとか、安楽死させてあげた方がお父さんも楽だとか。
でも そんなん誰にも分かんないんだよ。お父さんじゃないんだもん。

親って何 考えてんだろうね。
親の気持ちなんて親って立場になんない限り分かんないもんなのかね やっぱり。なったところで違う人間であることに変わりはないから分かんない部分も多いだろうけど。なったら分かったりすんのかな。例えば家にお金を入れもしない大学中退フリーター街道の息子を追い出さない気持ちとか。
全然 彼らの気持ちなんか分かんないですけど今は。親になったら分かんのか。なる気もないですけど。
でも基本的に親が子供のことなんか普通にちゃんとすごい大事に思ってるってことは分かってるよ。そりゃ分かってるよ。気持ちの表れ方は千差万別で、だから うまく伝わらなかったりして面倒くさいんだけど。間違った方向に行っちゃうことも多々あるご時世ですけど。
自分が死んだら親が超悲しむことなんか分かってるよそんなの。

末っ子の大樹が流行りのニート。しかも30過ぎで。
どうだかねぇ・・・。
「やりたいことが見つからない」て、アタシにはただの言い訳にしか聞こえん。そう思っても働かなきゃいけないのが大人だろう。定職 就かなきゃなのが大人だろう。
自分が信じてる道があって、それを自分の力で生活しながら追うのは全然 構わない。けど、パラサイトして かつ夢を探してるようなのは駄目だろう。甘ったれだろう。
学生やめたら自活せにゃ。

あー。なんか面倒くさいもん観ちゃったよ。面白かったんだけどさぁ・・・それがまた悔しさに拍車をかけるよね。
多少 音楽なり照明なりが感傷を呼び起こしすぎるかなぁ、という感はある。台詞だけで充分だろう。
さおりにまつわる云々も ちょっと弱いかなー。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-08-02 04:27 | 芝居/舞台
<< キャッツ みちのく旅行記 4 >>