<< みちのく旅行記 1 鈍獣 >>
月がキレイだったりしてさ
神楽坂のちっこいお祭に行って来た。
狭い所でごみごみしながら肉まん食べて焼き鳥食べてお酒飲んで煙草吸って通りすがりのあんちゃんに阿波踊り教授されて何か楽しいじゃーん。な夜。
明日が阿波踊りの本番らしいよ。はっぴ着て踊り狂うのかしらん。楽しげ。
屋台もホントちょっとしかなくて若い兄さん姉さんや商店街の人っぽい面々があわあわしながら切り盛りしてて地元ーな感じ。
神社にステージが出来てハモニカ隊が心地いい音色を不器用に奏でててこころ和む。
浴衣の女の子が可愛くて目の保養。でもサンダルはイヤよー下駄を履いて頂戴。巾着持って頂戴。
そんなに暑くなくて風も気持ちよくてお月さまが丸くてピカピカ。
ふふふふん。な夏の夜。

お祭ひやかしたあと河べりのカフェでうだうだ。
でっかい四角い建物バックに電車が走ってくと水面に車窓から漏れる光がゆらゆら。
どーでもいいような話しながらタイ風冷麺の海老が美味い。海老ならなんでも美味いんだけど。
楽しいなーって。気持ちいいなーって。
こういうちっちゃーい何でもない日を積み重ねて生きていくのは悪くないのかもしれない。

すごく冷静な気持ちで鬱にもならず興奮もせずに死ぬこととか生きることについてずっと考えてる。いつも考えてる。
そうして生まれる色んな想像や信念や疑問や渦巻く気持ちを形にしようと思う。
腐るほど時間のある夏休みだし。どうせ明日も生きてるんだし。

ふふふふん。ふふふふん。
楽しい時間があったこととそれを共有してくれる人がいることを忘れちゃあ駄目だ。よね。うん。
おやすみなさい。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-07-22 01:10 | 日々
<< みちのく旅行記 1 鈍獣 >>