<< LAST SHOW 巨匠来たりて子供喜ぶ >>
TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2005
友達に誘われて、三茶の世田パブTOYOTA COREOGRAPHY AWARD 2005 の、ネクステージ(最終審査会)2日目を観て来ました。

「次代を担う振付家の発掘・育成を目的に、トヨタ自動車株式会社と世田谷パブリックシアターとの提携事業として、2001年に創設され」た催しで(HPより引用)、今年の応募総数は161件。
去年までは隣のシアタートラムで行っていたのを、今年は大きいパブリックシアターの方に移し、賞金も倍額になったんだとか。良い傾向ですな。

年令・キャリア・ジャンルを問わず、という、よく言えば柔軟な賞で、一般の観客を入れての最終審査会が2日間あり、4組ずつ・8組が披露し終わった2日目に、次代を担う振り付け家賞1名が決定されます。あと、各日の観客投票で決まるオーディエンス賞が2人。賞金その他はHP参照。

ファイナリストは、新鋪 美佳、岩淵 多喜子、宇都宮 忍・戒田 美由紀・合田 緑・高橋 砂織・得居 幸・三好 絵美、岡田 利規、岡田 智代、黒沢 美香、鈴木 ユキオ、隅地 茉歩の8組13名。
ウチらが見たのは新鋪さんと女の子6人のヤツと、岡田さん2人。

新鋪さんの「るる ざざ」は、最終的に2日目のオーディエンス賞を獲ったんだけども、アタシは割と退屈した。
女の子2人(「ほうほう堂」という155cm!デュオ)でのダンスなんだけども、何か・・・「禁色」とかぶるところが無きにしもあらずで。観たことあるなぁ・・・て。思っちゃったんだよね。これはむしろあまりダンス公演を見ていない弊害か? と思ったりしたんだけど。

岡田 智代さんの「ルビィ」は好き。アタシはこれに票を入れた。
金属製の椅子を片手にしたロングスカートでヒール靴の女性が、でたらめに弧を描きながら舞台上をゆっくり歩く。
ひとしきり歩いて、真ん中に椅子を落ち着けるとその上に立って、そこで流れてきたのが、アバの「Dancing Queen」。身をよじる女性。だんだんと動作が激しくなって、でも何処となくぎこちない身体の揺れ。音楽と微妙に合ってないまま、揺れ続ける。
壊れかけのオルゴール人形みたいな、抑圧されて存分に踊れないみたいな、或いは不自由な身体で思い切り踊ってるみたいな。
うん。良かった。

岡田利規さんの「クーラー」は、会社員とOLがオフィスのクーラーについて喋り合う、ダンスっつーか・・・何つーの? みたいな。お客さんは大受けだった。隣のおばちゃん呼吸 苦しそうだったし。アタシも、最初の「えーっと、今からクーラーっていうのやりまーす」にはウケた。
目新しさはある。演劇もやってる(「チェルフィッチュ」の主宰。こないだ岸田國士賞を獲った)人ならではの発想なのかな。飽きが来るので、もうひとひねり欲しい。
参考までに、以下パンフレットに載ってた台詞。
  女 クーラーが・・・
  男 ええ。
  女 ちょっと寒くて、かなり、ちょっとあり得ないかもしれないんだけど、うちの設定温度、
     オフィスの、二十三度、しかも強風とかいって、なってるじゃないですか、いつも。
  男 ええ。
  女 おかしいよっていうか、クーラーが、だってすごい、え、だっていつも設定が二十三度強風
     って、ちょっとあり得なさすぎかもしれないって思うんですけど、って感じなんですねすごい、
     ちょっと本気でウケるんですけどっていうか、え、でも私とか一応、結構体質が、なんだろ、
     冷え性気味かなっていう。
  男 あ、女性的にはキツいかなちょっと、ってのは、あれはちょっとね、あるかもしれない
     ですよね。
ちなみにウチの職場の設定温度は二十一度だ。フロア広いからってそれはあんまりじゃないか。アタシはいつも温度を上げに行く係です。係っつーか、自分のためだが。クールビズなんて言葉だけだ。
戯曲が面白いらしいので、読んでみようと思う。

女の子6人の「kNewman」は、これが若さなのかなーとか思いながら観てた。秩序立った無秩序。視界の中に全部 収まんないんだけど、そういう勢いみたいのがいいのかな、て。
単純に楽しめた。衣装が可愛かった。


結局 次代を担う振付家賞を獲ったのは1日目にやった隅地 茉歩さんで、昨日のが観たかったねーというのが正直な感想。やはりこういうものは全部 観るのがいいのですな。

ところで審査員の人もコメントしていたが、なかなかどうして方向性というものが見えにくい。
キャリアも年令も問わない、その姿勢はご立派なんだが、あまりに出場者に幅がありすぎなのではなかろうかと。素人ながらに思ってみたり。
来年にどう方向修正してくるか、ちょっと見ものですな。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-07-11 11:38 | 芝居/舞台
<< LAST SHOW 巨匠来たりて子供喜ぶ >>