<< バトン頂きました。 ゆめゆめ >>
自由学園 明日館
今日は、朝も早くから池袋に出没しまして。
何故かと言えば、かの有名な建築家(つってもアタシはファミリーネームしか知らんかったが)フランク・ロイド・ライトの設計による「自由学園 明日館」を見に行くためです。
ゼミ(と言っても卒論のためのような本格的なものではなく、学校のふれこみでは1・2年生のためのプレゼミという枠内)の先生が美大で建築を教えていて、その授業の一環でそこに行くんだけど来たかったら君らも来ていいよ、と言うので、まぁ折角の機会だし写真のネタにもなるかしらーと思って、行って来た次第であります。
集合してみたらウチの学校からは一人も来てなかった。まぁ自分で来ようと思えば来れるしね・・・。単位になる訳でもないしね・・・。多少しょんぼり。しかも先生はアタシを美大の人だと思ってたとかで、すげぇ寂しいんですけど! 認識して!

で。
肝心の建物の方なんだけども、この自由学園てのは、今も学校として幼稚園から大学まであるらしいですね。場所は他に移転していて、この明日館てのは創立当初の校舎。
創立は1921年。羽仁もと子・吉一夫妻によりつくられた学校で、1934年に校舎が移ったんだそうです。意外に早いな。
小学校として使われていたそうで、もう全部 ミニマム! ミニマム! どっ可愛いの。
うっかりデジカメを忘れたので写真がアップできないのだけど(スキャナ欲しい・・・)、全部 小学生サイズなのね。椅子や机やドアのノブなんかがね。
家具のデザインもライトによるもので、それがまた可愛いのよ。HPに写真が載ってるので、行ってみて見て下さいな。あんまり良く分からんけども・・・。

建物の外観も小ぢんまりとした造りで、プレイリーハウス(草原住宅)と言うんだそうです。設立当初の田園風景に合わせたんだそうな。
クリィム色の壁に屋根と地面の芝生の緑色が映える。シンメトリィが美しい。

建築を学ぶ皆さんのようにどこそこの造りがすげぇ! とかいう感動はできなかったものの、自分なりに楽しみながらフラフラ見学して来ました。写真も撮れたし。
途中で3年生(ゼミ3回目のリピーター)が来て、先生もアタシがそのゼミの人だって気づいてくれて、帰りにご飯 食べながらちょっと話ができて、それもいい時間でした。
でもアタシは聞くばっかでねぇ・・・議論を展開できるようにならねば、と、改めて。思いましたよ。

何気なく参加してみたら、意外に素敵な時間が過ごせて、早起きした甲斐がありました。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-06-21 13:58 | アート的な
<< バトン頂きました。 ゆめゆめ >>