<< のんびり。つれづれ。 やっばい! >>
Hamlet
バイト先のオトモダチ Ⅰ村さんが野村萬斎のファンで、DVDをほぼ網羅してるということで順番に貸して貰えることになった。
で、まず「一番 好きなのを貸してくれ」つって借りたのが、2003年に世田谷パブリックシアターでやったシェイクスピアの「ハムレット」。
一部と二部を分けて観るという最悪なことをしてⅠ村さんには怒られました。自分でも反省。

ハムレット役に野村萬斎。その他の役者は、勉強不足の私には残念ながら「知らない人」ばかり。猛省。
出演者は全員、男です。ハムレットの母・ガートルードと恋人・オフィーリアを演じるのも男。
第二部を観始める前にその事実に気付いた私は、一部を観ている間中、二人に違和感を持ってました。それが、「男がやってるんだ」と分かるだけで すとんと受け入れられた。不思議だし、何か複雑。
オフィーリアはしかし、声がすごく高くてこれを成人男性が出してるかと思うと驚く。歌舞伎女形役者の中村芝のぶさんという方です。
萬斎氏のハムレットはいささかしつこかったかなと思う。ねっとり。て感じ。あまり好きではない。
しばらく観てると慣れるんだけども、今作は彼の周りを固める役者の方々のほうが良かった。
大人の渋さを感じさせて頂いたのが、亡霊その他役の津嘉山正種さん。「踊る大走査線」に出演してたそうです。そんな身近な役者さんだったとは。
他にもぐっとくる演技をされる方がわんさか。
とどのつまり、「すっごい観て良かった舞台」でした。
これは是非! 是非! 生で観たい。絶対 観たい。

舞台装置と衣装と演出の過剰な奇抜さが、何とも言えず素敵。
派手。とにかく派手。
原作のきらびやかな台詞に負けない派手さが、視覚的に示されます。
シェイクスピアってシンプルな舞台ではできないのかな。やはり、ごてごて飾りつける必要があるのでしょうか。
数見てないから、まだまだ判断できかねるのが悔しいですが。

舞台づくりのいたるところで「日本的なもの」を使っているのが、良くもあり悪くもあり。
和柄の扇子だとかこけしだとか。わざとらしいと言えばわざとらしい。
ロンドン公演で同じことやってたとすれば、逆にそれが受けたりするのかもしれないけど。
とことんど派手にしたのは潔くていいと思う。外国人の発想だからこそなのかしら(演出やら美術やらは英国人スタッフで構成されています)。


ところで、シェイクスピアって面白いかもしんない!
ということに、これを観て気付きました。
登場人物たちの饒舌さに辟易していたワタクシですが、今回は言葉を聞くのが楽しくって楽しくって(これは、芝居という無駄に喋りまくるものにやっと免疫がついたということなのかもしれない・・・)。
訳者はちなみに河合祥一郎。しかし、訳するにあたって萬斎氏がかなり関わっている模様。

シェイクスピアの書いた言葉は既に英語としても古典だし、ましてやそれが異国の(しかも現代の)言葉となっているとあれば、「シェイクスピアの言葉」それ自体を正当に評価することはきっとすごく難しい。
でも、伝わらないものがない訳じゃないし、やはり昔の人がリアルタイムで「面白い」と思ったところに共感しているという事実は、きっと確実にある筈だ。と、思いたい。な。うん。

  生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ。
  どちらが気高い心にふさわしいのか。非道な運命の矢弾をじっと耐え忍ぶか、それとも
  怒涛の苦難に斬りかかり、戦って相果てるか。
  死ぬことは――眠ること、それだけだ。
  眠りによって、心の痛みも、肉体が抱える数限りない苦しみも終わりを告げる。
  それこそ願ってもない最上の結末だ。死ぬ、眠る。
  眠る、おそらくは夢を見る――そう、そこでひっかかる。
  一体、死という眠りの中でどんな夢を見るのか?
  ようやく人生のしがらみを振り切ったというのに?
  だから、ためらう――そして、苦しい人生をおめおめと生き延びてしまうのだ。
  さもなければ、誰が我慢するものか、
  世間の非難中傷、権力者の不正、
  高慢な輩の無礼、失恋の痛手、長引く裁判、
  役人の横柄、優れた人物が耐え忍ぶくだらぬ奴らの言いたい放題、
  そんなものに耐えずとも、短剣の一突きで人生にけりをつけられるというのに?
  誰が不満を抱え、汗水垂らして、つらい人生という重荷に耐えるものか、
  死後の世界の恐怖さえなければ。
  行けば帰らぬ人となる黄泉の国――それを恐れて、
  意志はゆらぎ、想像もつかぬ苦しみに身を任せるよりは、
  今の苦しみに耐えるほうがましだと思ってしまう。
  こうして、物思う心は、我々をみな臆病にしてしまう。
  こうして、決意本来の色合いは、青ざめた思考の色に染まり、崇高で偉大なる企ても、
  色褪せて、流れがそれて、行動という名前を失うのだ。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-05-29 02:36 | 芝居/舞台
<< のんびり。つれづれ。 やっばい! >>