<< 電通四季劇場[海] 見学会 いっぱいねーっ >>
アイスクリームマン
17:50に授業を終えて19:00開演の芝居を下北沢にて観るという計画。
ジョルダンによると移動時間は正味30分ぐらい。劇場は駅から徒歩5分。ちなみに初訪問。
問題は、目安で示されてる「徒歩時間」の倍ないしはそれ以上かけないと劇場に辿り着いたことがない、という実績。

不安を抱えながら5限を終えてダッシュで出発、下北沢に着いて南口を出て劇場を探し歩くこと10分(案の定)。何と開場時間前に到着。今日はかなり優秀だったな。

という訳で、下北沢はザ・スズナリにて岩松了3本連続公演第一弾「アイスクリームマン」を観劇。

咳が止まらないので、以下いつか。書きたいんだけど死ぬかもしんないので寝とく。

-----------------

追記。
岩松了は劇作家で演出家で役者もやる人。竹中直人の劇団に脚本を書いたり、小林薫と組んでユニットをやってたりする。
今回の公演は、岩松の初期作品を3作、新たなキャストで上演するという試み。
残りの2作も観に行きます。それぞれ観たい理由があるので。

今回の「アイスクリームマン」は、荒川良々を観るのが目的。舞台の彼をまだ観たことがなかったので。

山奥にある合宿制の自動車学校に集う人々による群像劇。
セットは宿舎のロビー。狭い中に大勢がひしめき合うが、窮屈さを感じさせないところは流石。
集うのは殆ど若者たち。季節は春になろうとしているところ。

学校や職場ほどに濃厚さはなくとも、ゆきずりの希薄さでもない、微妙に生ぬるい人間関係。
深入りはしないけど互いに興味がない訳ではなし、することと言えば誰かの噂話に花を咲かせるとか、そのぐらい。
聞いた聞いたあの人のこと?
狭い宿舎で話が伝わるのはあっという間。それでも伝わらない、蚊帳の外に疎外されてる人もいるおかしさ。

事件が起こるのはいつだって宿舎の外。舞台の外。
近所のラーメン屋に居候する家出娘に惚れた夜這いしに行く男がいたり、事務員の少女を訪ねてきた姉と卒業生が速度超過で事故ったり。
その間にも宿舎では違うドラマが進む。
時間はいつだって一直線に同じ方向へ誰しもに平等に流れていく。誰の人生も止めることはできなくて。

思い通りにいかない人生にもがく若者たち、思いが通じ合わないもどかしさと淋しさ。
あっけらかんと生きている人もいて、でも彼らの胸のうちもホントはぐちゃぐちゃかもしれない。
光が当たるところと当たらないところ。
見えるものと見えないもの。
見えないものを見ようとすること、見えるものを見まいとすること。


愛しの荒川良々はねぇ・・・何か、つまんない人だった。
「ジョゼ」とか「ピンポン」みたいに変な人じゃなかったからかな。
まともな演技してると何かつまんないなと思った。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-05-19 01:40 | 芝居/舞台
<< 電通四季劇場[海] 見学会 いっぱいねーっ >>