<< FRAGMENT 「F.+2」 宮沢賢治をはじめ、詩のこと。 >>
箱根に行ってきた。
3/13、14と箱根に行ってきました。
連れは10年来のお友達。お互い大学が徒歩圏内のくせに、なかなか会えない幼馴染みとのプチ旅行。

宿決めてアシ決めて待ち合わせ決めたのが出発前日の夜(正しくは当日の午前1時)。
いささか のんびりしすぎましたね。しかもお互いバイトを終えてからPCを前にしての電話だったので、疲れてるし早く寝たいしでマジ適当。
目的がユネッサンただひとつだったので、ユネッサンの割引券つきプランを見つけて即決。

準備は全て出発の朝しました。
私信なんだけど、調べものするために開いてたPCを終了した瞬間メッセの受信音が鳴って、振り返ったら画面がもう落ちてしまってた。誰か分かんないけど、メッセ無視してごめんなさい。起ち上げなおす時間もなかったのよー。

待ち合わせは湘南新宿ラインの電車内。
小田原まで行って、箱根登山鉄道に乗り換えて箱根湯本駅まで。
実は去年の夏休みにも箱根に来てて、だからちょっと懐かしい感じがしました。でも、前回も今回もシーズン真っ盛りではないのよね・・・是非 一度、桜か紅葉の箱根へ行きたいものです。

駅からは宿まで行く循環バス(100円)があるというのでそれで宿へ。
14:30過ぎに宿に着き、そこからユネッサン行くんじゃ時間ないよな、てことで宿でだらだら、TVを見て過ごす。
TVはずっとつけっぱなしでした、部屋にいる間。つか、ずっと部屋にいたから夕飯とお風呂以外TV。見つつ、お喋り。
何のこだわりもなく決めた宿で、風呂は温泉だけど内風呂だし、部屋の眺めが言いという訳でもなくご飯も普通に美味しいぐらい、でもまぁ夜露がしのげりゃいいのよ程度なので構わない。
あ、こたつがあったのは嬉しかった。今の家にはこたつがないので。実家は掘りごたつです。絶対ほってある方がいい。

木村了が主演の青春ドラマを見終えて床につく。ヤツの眉毛は何故ああも凛々しいのか。

翌日は7:30に、ご飯ですよコールで起こされる。
朝ご飯食べて、はなまるマーケット見ながら身支度して荷物まとめて、宿を出たのが10:00ぐらいかな。
循環バスで湯本駅に戻り、小涌園行きのバスに乗っていざユネッサンへ。
去年 来た時にも同じルートのバスに乗り、渡邊ベーカリー行ったなぁとか神社下でバス待ってても来ないから次のバス停まで歩き始めてすぐバスが来ちゃってバカ走ったなぁとか思い出す。あの時は滝を見に行ったんだった。また季節をかえて行きたいのう。

ユネッサンは温泉テーマパーク。平日とは言え、家族連れやカップルが沢山いました。やっぱり人気スポットなのねぇ。
高校2年以来泳いでなんかいないオイラ、当然 水着など持ってる筈がなく、妹のを借りてきました。写真なんか一枚も撮ってないぜ(つーか風呂だからカメラ持っていきたくないし持ってたら怪しいだろう)。

取り敢えず元気なうちにひと通りまわる。
イロモノ・キワモノばかりの風呂、コーヒーだ墨だ酒だ色々 投入されてたけど、においもしくは色もしくは内装にやられて、あまり落ち着けたものではない。
湯あたりしないように温度はかなりぬるめ。

気に入ったのは緑茶風呂と岩風呂かな。
緑茶風呂はちょっと甘めのお茶の香りがとてもよくて、かなり落ち着く。
岩風呂に入って、やっぱりお風呂は正統な形が一番心地いいし飽きないんだな・・・と実感。
楽しむ分にはアミューズメント風呂も面白いと思うけどね。家には要らんな。

あ、あと温石処ていう、あったかい石に寝転ぶのも気持ちよかった。空気に晒されてる方が寒い(屋外にあるのよ)から、背中と腹を交互に暖める。仰向けになるのは結構 恥ずかしいぞ。

死海風呂に入ったんだけど、塩が体中のありとあらゆる小さい傷にしみてしみて、あまりの痛さに3分と入ってられませんでした。
おおー、浮いた! て喜んでおしまい。口に入ったら、辛いをとおりこしてひたすらまずいし・・・あれにはまいったよ。うん。

ひと通りまわって、水分とって休む。ていうか二人とも椅子に座りながら本気で寝る。一時間ぐらい。バイトで疲れてるし昨日 寝るの遅かったしね・・・。

起きてお昼 食べて、そのあとはエーゲ海風呂でのんびり。やはり風呂はまったりするのが一番いいね。浮き輪あるとよかったなーて、ちびっこら見てちょっと思ったけど。子供にとっては変り種の温水プールみたいなもので、みんな泳いでました。風呂って意識じゃないんだろうな。

そういや、エーゲ海に浸かってたらビックリ、春から社会人になるため こないだバイト辞めてったO沢さんに遭遇したのです。
「O沢さん、O沢さん!!」て、人目もはばからず叫んでしまった。アタシは来週の送別会に行けないことが分かってて、一応 お別れの挨拶は済ませてあったもんだから、まさかまさかの即行再会でした。遊び来て下さいねーと言って改めてお別れ。

ユネッサンには結局、正味4時間半ぐらいいたのかなー。
あがってみたら流石になかなか冷えなくて、やはり温泉だったのかーと思う。一応、各風呂ごとに効能はあるんだよね。冷え性がちょっとでもよくなってくれればいいなぁ。

ユネッサン出て、またバスで湯本駅へ。
行きのルートを逆に辿って、横浜でアタシが下車してバイバイ。


春休み中の旅計画は残すところあとひとつ、養老天命反転地というところに青春18切符で行ってきます。
でもさー、愛知万博も行きたいんだよね。最初に行くのは阿呆かなぁ。混んでるよねぇ。学校 始まった頃にちょろっとサボって行って来ようかしら。
宿は実家でいいし・・・誰か一緒に行ってくれる人はおらんものか。サツキとメイの家が見たいのじゃ。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-03-14 22:20 |
<< FRAGMENT 「F.+2」 宮沢賢治をはじめ、詩のこと。 >>