<< フランケンシュタイン 約三十の嘘 >>
わーすーれがーたき ふーるーさーとー
成人式があったため、浜松に帰ってました。
8日、出席が危ない(かもしれない)授業に出たら、教授がまだ休みだと思い込んでて休講。
で、補講期間に授業やるって。
ふざけないで頂きたい。金返せコノヤロウ。
仕方がないのでお昼を食べて新幹線に乗る。
曇っていたため新富士にて富士山は見えず。残念。

懐かしき浜松駅は、浜名湖花博があったおかげで随分と綺麗になってました。
もうすぐ近隣の市町村を吸収合併してデカくなるんだとか。政令指定都市を目指してるらしい。頑張ってるなー。
イルミネーションも、心なしか派手になってた。
人通りは相変わらずで、歩きやすさに感動したけど。

VILLAGE VANGUARDが潰れてたのはショックだった・・・。
カフェと服屋になってて、そこで同窓会の時間まで友達とお茶してた。
ら、他校だけど予備校が一緒だった子達と遭遇。そこに歩いてくるまでにも何人か知り合いとすれ違って、つくづく狭い街だなーと思う。
遊ぶところなんて他にないから、しょんないけどね。

夜、高校の同窓会へ。
クラスの半分ぐらいが集まったんだけど、みんなあまりにも変わってなかった。
一人ぐらい、劇的な変化を遂げててもよさそうなものなのに。
現役で大学に行った連中はこの春にはもう3年で、就職だなんだと忙しくなると思うと、1年違うってやっぱデカイな。
アタシはまだまだ余裕ですから。・・・・・・なんて言ってるうちに卒業しちゃうんだろうなー。


で。
9日、今日が成人式でした。
美容院に6時半入りするため5時半に起床。テンションはどん底。
もともと、着たくなかったんです振袖。
おかんがどーしてもっっと言うのでしぶしぶ承諾したものの、着せたい人が全部やってください、と美容院の予約やら何やら、アタシは一切やらなかった。
当日も、ヤル気のなさが全身にみなぎってましたから。
爪は割れてるし塗ってないし、頭はプリンだし前髪は無駄に長いし、目の周りは荒れてるし口角炎は治ってないし、おまけに風邪っぴきだし。
流石に、もうちょっと何とかしろよ自分、と化粧されながら思いましたが後の祭り。

9時半に着付けが終わって、会場へ。
ウチの市は中学校ごとに式が行われます。私の母校は小規模なので公民館で開催。それで充分なのだ。
式自体は、別にどーでもいいもので、そのあと交流会という名の写真撮影大会。
懐かしい面々ときゃーきゃーやってきました。
夕方には飲み屋で二次会。ここでもきゃーきゃー。
すっげ楽しかった。
中学卒業以来 会ってないとかがザラだから、久し振りー、今何してるよー。の連発。
高校の同窓会と違って、人数多いし長らく会ってないせいもあって、え、あれ誰? てのが続出。まー、単にアタシの記憶力の問題でもあったんだけど。
学生やってたり働いてたり、海外出てたりおかーさんになってたり、色々でした。普通に公立の学校だからね、進学してる人ばっかじゃないのです。高校辞めた子も多いしね。
高校 出て専門 行った子はこの春から就職だって。凄いよなー。同い年でも社会人ですよ。

2時間ぐらいで引き上げて、さっき横浜に帰ってきました。
振袖は辛かったけど、おとんおかんとばあさま達が喜んでくれたし、一生に一度だし、まぁいい思い出ってことにしときます。
これで会ったきり、もうお互いの生涯で一度も接触しない人も沢山いるんだろうな。
それは仕方がないことです。
取り敢えず、今回の再会で繋がった人達とはまた飲みにでも行こうかな。
隣町に住んでる奴がいるって発覚したし。
関東圏 出てきてる人、多いしね。

帰ってみて、やっぱり生まれ育った場所って大事だなと思った。
そこに帰るってことが大事。
再確認の作業。何を、て具体的には言えないんだけど。居場所、とかではなく。
向こうで就職、てのは相変わらず考えられないんだけどね。
でも、いつまでも、帰る場所はあそこなんだ。と思うと、ちょっと心強くなるのです。
[PR]
by ling-mu.m | 2005-01-09 23:57 | 日々
<< フランケンシュタイン 約三十の嘘 >>