<< 写真展ふたつ 希望の光は青いと思う。 >>
句点とピリオド
句点には意思がある。
と、今日ふと思った。
というか、ピリオドにはそれがないなと思ったほうが先かな。

ピリオドって点でしょ。
簡単に、ペン先ちょっと紙につけるだけでいいじゃない。
それって何となくできてしまう作業。
特に意識することもなく。
何かを書きとめた後、ペンの勢いを止める感じでちょん、と書く。てことを、割と多くの日本人もしていると思う。

でも句点、いわゆる丸はさ、ある程度 意識的に書くじゃない。
何気無く、癖みたいに書いているかもしれないけど、でもそこに意識は必ずあると思うんだ。
書いたことを「しめよう」という意識。
実際、しまった感じがするでしょう? 丸のおかげで、かっちりすると思いません?

アタシは思うんだけどな。
そして句点には情緒があると思う。
別に優劣を問いたい訳ではなく、そっちのが好き、てハナシで。
最近の(て書くとババくさいなー)、メールや何かで句点重ねる(ex:~ですね。。。。)のは意味分からん、と憤慨している人ですが。
別に頭堅い訳じゃないよ。好みの問題だよ(言い訳ちっく・・・)。

魅力的な読点の使い方ができたらなぁとは、常々思っていることであります。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-12-14 00:19 | 思慮
<< 写真展ふたつ 希望の光は青いと思う。 >>