<< 友人の芝居を観てきたよ。 good day house >>
ピカソ展 躰とエロス
火曜日、東陽町に行く用事があったので、お隣の木場にある東京都現代美術館へ。
会期終了間近のピカソ展に行ってきました。

ピカソの絵を見て、あんなん自分でも描けるし! とか、何を言いたいのやらさっぱり・・・と思ったことのある人は結構いると思う。私も多分ある。記憶にはないけど。
たしかに幼い子供にゃー難解だ。シュルレアリスムが云々かんぬん言われても何のことやら。それは、今も大して変わらないけど。

でも、ピカソはホントは絵が上手ってことは、分かった。今回初めて、確実に。

ピカソはデッサンがとても上手い人なんだよ。
とは、よく聞く話でありますね。
それを確かめられたことは、大きな収穫だったと思う。
正直、あんまりワクワクしては行かなかったんですよ。
教養深めとくかー程度の意識で。
だから余計に嬉しくて、興奮した。マジいいもの観た! と思ってます。

何がそんなに気に入ったかというと、彫刻家のアトリエを描いたシリーズ。
愛人マリ=テレーズの彫刻を彫るピカソ自身と裸体の彼女が描かれているものが主で、その描線の美しさと言ったらない。とても滑らかで、まるで迷いがないのです。
白地に黒い線なのだけど、陽の差し込む明るいアトリエという感じがして、とても気持ちいい。
小さい画面に無駄のない描き方がされているのも気に入った理由のひとつかもしれない。
そして、これを観たことで「ピカソがデッサン上手いってこういうことか?」と思ったのです。

ピカソ作品として代表される、人間のあらゆる部位が原形をとどめない程にバラバラになっている作品群については、やはりまだ勉強不足でなんとも言えない。正直、理解することは難しい。
でも、きちんと向き合うことで、やっぱりその中にも「ピカソの絵の上手さ」が見られることには気づけたし、じっくり観てみれば自分なりに思うことが浮かんでくる、という発見もあった。
水浴の人々を描いた一連の作品なんか、割と好きだと思ったし。

ピカソがやたらと女性ばかりをモチーフにするのはどういう思いがあってのことなのでしょう。
しかも裸体の女性。
今回の展示に合わせてそういう作品が多く集められた、てのもあると思うんだけど。
「アナトミー」シリーズなんて、「三人の女」ってタイトルのものばかりだし。
女性の性的特徴が、これでもかと言うほどに強調された作品群。
でも、どろどろした感じは不思議とないんだ。
「結合」(だっけ? コトの最中のカップルを描いてる)シリーズも、激しさよりは穏やかさを感じるものだった。純朴…という言葉をここで使うのはどうかと思うけど、まっすぐ、というか。
“白さ”みたいなものに触れた気がしたんだ。


いやでもホント、自分の勉強不足というか、知識の無さを痛感した。
興味があるならもっと勉強しなくちゃ駄目ですね。
草間弥生(まだ本読んでないー・涙)もだけど、パブロ・ピカソも相当 興味深い存在だということを知りました。
何かいい参考書(素人が入りやすいような) があるよって人は、是非 教えてくださいませ。
[PR]
by ling-mu.m | 2004-12-09 00:18 | アート的な
<< 友人の芝居を観てきたよ。 good day house >>