<< 明日は洗濯物が干せそうだー。 からん >>
あひるの空
19巻まで買って放置してあったのだけども、久し振りに手元にある分(13巻から)を読んだら改めて面白かったので、急いで以降の既刊を揃えました。

「週刊少年マガジン」で連載中の、日向武史・作『あひるの空』。
自分が読んでいる中で、数少ない少年漫画かつ週刊誌掲載作品です(あとは『バクマン。』、好きな作家が絶賛していたから読んでみたけど、イマイチ~で、2chのアンチスレを覗いてその理由を探求してみたりしました。ちなみに『ヒカルの碁』は5巻ぐらいまで買って放置、『DEATH NOTE』には全く触れていません。映画も見てない)。

バスケットボールマンガです。『SLUM DUNK』から大いに影響を受けていることは本人が告白済み。そりゃ、影響を受けずしてバスケマンガは描けなかろう、今は。

一応、マガジンのHPから↓

『これが僕の翼です』
車谷空。身長149cm。高校バスケをするには、あまりにも小さい身長。だが、空には、自分より大きな相手と互角以上の勝負ができる武器があった。それは、3Pシュート。『翼』を手に入れた『飛べない鳥』が、頼もしい仲間とともにコートを縦横無尽に駆け巡る!!
…だっせぇ作品紹介ですね(小声)。

ちっちゃい(けど努力して才能もある)少年が不良の溜まり場だったバスケ部に乗りこんで、何だかんだあってインターハイを目指す話です。しかし、何だかんだが長くてね、23巻まで出てるのに、いまだ公式戦はやったことありません、この高校。わおー。連載が始まってから5年が経っているというのに!
まぁ、面白いからいいんですけどね。

キャラクターの作り方が結構スキなんです、ツボをつくというか。
敵なんだけども、不破っていうトンデモキャラがいて、トンデモながらちゃんと人間性というか、普通の高校生っぽいところも出てて、あーこの人のキャラ作りは好きだぞ。と思ったのでした。
あと、各校の監督がいいです、素敵です。
公式戦が始まる前だけど、地元のライバル(校)は出揃ったなぁ~という感じなので、新キャラ登場はしばらくなさげですが。

あ、ていうか最初は顔を隠してた主人公パパが、何かここにきて前に前に出てきたんで、それがどう絡んでくるか楽しみっ。大人の男っ。
あと、ちょっと丸くなりすぎちゃったトビ(主人公のチームメイト)が、もうちょっと棘を取り戻さないかな~と思ってるんだけどそれはないかなぁ…すげぇ「仲間思い」な人になっちゃって、いやまぁ必要なんだけどそれは、そうしないと勝つもんも勝てない訳だけども、でもトゲトゲしい君が好きだったんだ…。

初心者3人 抱え込んで総部員8人ていうこのチームを、如何に成長させるのか、見物です。
空がグングン成長する様を見るのも楽しいですけれどもね。


あーカラダがもちょっとだけ、若かったらねぇ…バスケやりてぇって、言うんだろうけどねぇ…ふふ。

ちなみに今まで読んだ少年バスケ漫画(少女漫画でもあるにはあるけど、比べるのは難しいですな、やはり)、『SLUM DUNK』は言わずもがな、あとは『DEAR BOYS』と『Harlem Beat』かな?
前者は第1部の途中まで買って放置してるけど、まだ続いてるみたいだから、いつか揃えたいよねぇ。八神ひろきの絵はしかし、キレイすぎて今はあんまり好きじゃないんだけども。本人をいつかテレビで見たことあるけど、ずっとウヒャウヒャ笑っている変な人だった。
後者はもう、訳分かんなくなって終わりましたわなぁ…。キワモノっていうか。『BANANA FISH』を彷彿とさせる単行本の作りがカッコヨカッタのに…(黄色いだけじゃん!)

b0026230_5384157.jpgb0026230_5385655.jpgb0026230_539839.jpg
[PR]
by ling-mu.m | 2009-05-30 00:39 | 活字/漫画
<< 明日は洗濯物が干せそうだー。 からん >>