<< この3連休2月に欲しかった。 『幻夜』と『天地人』 >>
ミチコとハッチン
最近、眠れないときは、布団に入ってケータイでテレビ視聴、ということをたまにします。
そういうときは大抵 深夜なので、どこのチャンネルもテレビショッピングばかり、という状態で、見るものもあまりなく、その少ない選択肢の中で、こないだアニメを選びましてね。
それが面白かったの。


ちょうどオープニングから見たのだけど、それが『COWBOY BEBOP』を彷彿とさせる格好よさスタイリッシュさで、映像も音楽もいいなぁっていう第一印象の良さで、見てみよ。てなりまして。
それが『ミチコとハッチン』でした。

実はそのアニメの存在自体は知ってて、新宿アルタのビジョンでやってたCMを見たことがあったのです。そのCM自体も格好よくて、坂井真紀が声優やってるていうので、覚えてたんです。

「あー、あん時やってたアレね!」て、思い出したんだけども。
そんで、30分見て、おーこれは。と思って、最初っから全部見てみようかなってなって、YouTubeで見始めてます。


テレビアニメは普段 見ないので(深夜にたまたま『のだめカンタービレ』がやってたら見るぐらい)、最近のアニメ事情は分からないのだけども、絵がキレイね! 動きも滑らかだし、デジタルのチカラ? なのかしら。なんだろうねぇ。凄いなぁ。


以下、Wikipediaから引用。
2人の主人公達が繰り広げる逃走劇が展開し、ガンアクションなど西部劇をモチーフにしたアクションアニメ。

舞台は、太陽と原色に溢れる国。そこは貧困によって街は荒廃している上に、国を出た先は荒野が広がる危険な無法地帯。そんな中で、人々の心は総ラテン化していた。その国で暮らす少女・ハナ・モレーノス(通称:ハッチン)は、養育家庭の家族から酷い仕打ちを受けており、密かに家を出て自由に暮らす事を望むが、自ら行動を起こせず、ただ、いつか誰かが迎えに来てくれる事を祈るばかりであった。

しかしある日、ハッチンの前に脱獄不可能と言われた監獄要塞を突破した美女・ミチコ・マランドロが、突如現れる。彼女はハッチンの母親を名乗り、ハッチンを誘拐して逃亡。訳も分からず、ミチコに着いていくハッチンは、彼女に翻弄されつつ、旅に同行する事になる。
ていうストーリーなんだけども、この主人公2人のキャラがよくてねぇ、ハマっちゃうんですわ。
ミチコのぶっ飛びっぷりが好きだし、グジグジしてるくせにいきなりキレるハッチンも可愛い。
ミチコの惚れた男でハッチンの父であるところのヒロシ(を探して、2人は旅をしている)が、ナヨナヨしてるのもイイ味付けだな~と思うのです。
その他のサブキャラも立ってるし。


リアルタイムでは無理だろうが、YouTubeで最後まで追っかけられたらな~と思います。
[PR]
by ling-mu.m | 2009-01-08 23:52 | 日々
<< この3連休2月に欲しかった。 『幻夜』と『天地人』 >>